« 期間限定復活のお知らせ | トップページ | プリキュア大団円も笑えない連敗街道【日経新春杯回顧】 »

2009年1月18日 (日)

いい加減、当たりを出したい【日経新春杯予想】

復活宣言から早速2週間も間が空いてしまいました(笑)。先週はアルバイトの関係で更新ができず、結局馬券も買えずでした。そういう時に限って◎にしたニシノナースコールとか来ちゃう罠。その話をむっつりな友人にしたら、「ナース」という単語に鋭い反応を示していました(笑)。ちなみに新年3週目で未だに快音聞かれず。年末尾張Sヘイローフジ貯金も底を尽いてしまい、早くも正念場なもっくんです・・・。

京都11R 日経新春杯(G2) 芝2400m予想

◎1ヒカルカザブエ
○15アドマイヤモナーク
▲7タガノエルシコ
△8ナムラマース
△12ドリームフライト

5連勝というのは大変難しいわけで、果たしてヒカルカザブエがそれを達成できるか否か。それがこのレースの焦点ではないだろうか。

というのもG2とはいえどハンデ戦ということもあってか、近年の傾向を振り返ると条件戦上がりの馬が好成績を収めている。特に12月~1月に準OP~OPを戦ってきた馬が良い感じなわけで、ヒカルカザブエはまさにこれに当てはまる。1番枠も内側が伸びる今の芝コースを考えればむしろ歓迎ではないだろうか。傾向から考えると、勝つのはこの馬だろう。だからこそ、「5連勝」ということが最大の障壁ではないかと思う。

アドマイヤモナークは京都コースは得意であるが、58kgと外枠がどうか。その点を考慮して印を下げた。切れ者・タガノエルシコの重賞初挑戦も楽しみで、京都の長距離コースはいかにもあいそう。常時上がり3F33~34秒を出せる馬で52kgの軽量も魅了だ。

【買い目】
馬連
1-15、1-7、1-8、1-12、7-15
三連単
1→7,8,15→7,8,12,15

|

« 期間限定復活のお知らせ | トップページ | プリキュア大団円も笑えない連敗街道【日経新春杯回顧】 »

「レース予想(もっくん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 期間限定復活のお知らせ | トップページ | プリキュア大団円も笑えない連敗街道【日経新春杯回顧】 »