« 2008年7月 | トップページ

2009年1月

2009年1月25日 (日)

テーマは「見極め」

まずは土曜の回顧。

中京11R 中京スポニチ賞

1着◎ミスズオペラ(1人)
2着-キクカラヴリイ(2人)
3着-パッシングマーク(5人)
------------------------
6着○アドマイヤカンナ(4人)

→ミスズオペラの相手探しというレース前の予想通りの決着。相手には中京が向きそうな感がしたアドマイヤカンナ1点にしたが、スローペースと外枠が仇になった感。そうなればキクカラヴリイくらいしかいないよね、という結末でした。。。

中山11R アレキサンドライトS
1着◎カジノドライヴ(1人)
2着-ダイワルビア(3人)
3着○ドリーミーペガサス(2人)
---------------------------
4着△パピヨンシチー(4人)、5着△スターシップ(5人)、10着△メジロティモン(7人)
→ここもカジノドライヴの相手探しのレース。その相手も堅実ドリーミーペガサスで堅く、この2頭の間に何か入らないかな?という馬券(三連単)を購入。カ ジノが優々突き抜け、ドリーミーがタレて3着、とここまでは完璧だったが、ダイワルビアを買ってない・・・orz。同じクロフネ産駒でもスターシップの方 を買っていたが、前走勝って勢いのあるほうが上ですよね、という結末でした。。。

京都11R 羅生門S
1着▲ランザローテ(3人)

2着-サラトガ(6人)
3着-サンエムパーム(7人)

→週半ばの雨の影響もあり、京都のダートは行ったモン勝ち状態。となると、いくら先行馬が揃っているとはいえ前に行く馬を中心に見るのが筋。アドマイヤゴルゴ(3人10着)とかはいかにも危険な人気馬だった。負けたアンダーカウンダー(1人6着)はテンについていけなかったことから、もう少し距離の長い方がいいかも。ランザローテはまだ奥がありそう。サラトガは中山のダイワルビアと同じく、クロフネの昇級初戦でした。。。

中山12R 4歳上1000万下

1着◎アグネスカルミア(4人)
2着△ジェイケイボストン(5人)

3着-ドリームクラウン(3人)
→中山ダートも前に行った馬が有利な気配がしたので、内枠から行けそうなアグネスカルミアの単勝だけ購入。ようやく今年初の当たりがでました(涙)。印的には馬単的中というのがなんともですが、とりあえず当たっただけでよしとしましょう。


京都12R 4歳上1000万下

1着○フォーティファイド(2人)
2着▲バンブーアズーリ(5人)
3着◎プロフェッショナル(1人)

→1着と3着が逆なら!というレース。。。ただよくよく考えればこの日の馬場を考えるとプロフェッショナルは差し損ねの危険性大の馬で、実際その通りの結果に。1,2着は前に行った馬同士での決着ということからもプロフェッショナルは強いことは強いのだろうが、今日ではなかった。つくづく、裏目のPAT入力が間に合わなかったことが悔やまれる。。。


とまぁ、結局1/5しか当たらず。しかもこの日はわりと堅い本命馬が複数存在していたので当てやすかったはずなのに。。。

気を取り直して日曜日は今年初の現地参戦!テーマは「見極め」。馬の見極めは勿論、買うか買わないかの見極め、どの券種でいくかの見極めということを念頭にして、流れを変えたいところ。


京都11R 平安S

◎2ワンダースピード

○9サンライズバッカス

▲3エスポワールシチー

△6マコトスパルビエロ

△10ネイキッド
△12ダークメッセージ

馬場がどこまで回復するかわからないが、土曜の傾向を考えるとある程度前目に行く馬を推したくなる。そもそも平安S自体が先行馬有利のレースでもある。そう考えると4連勝中のエスポワールシチーは先行力があり、芝で勝利を挙げるなどスピードも持ち合わせていることから中心に推したくなる。ただ今回が初の重賞。目標にされることでどこまで粘れるか。そこを不安視して三番手評価。

本命はワンダースピード。この枠なら好発でいい位置が取れるだろうし、元より京都1800は庭とも言えるコースで、人気もそれほどなら言うことないが。。。馬場がある程度乾くことを想定すると追い込み馬も当然注意。サンライズバッカスは依然堅実な末脚を披露しているし、岩田への乗り替わりがさりげに大きい気がする。


中山11R AJC杯

◎7トウショウシロッコ

○6エアシェイディ

▲11ドリームジャーニー

△2アルナスライン

△3ネヴァブション

△12キングストレイル

2200という特殊距離には独特の適正が求められるのは、以前から当ブログで指摘している通り。他の距離にも増して距離実績が求められる。となると当然、前年の覇者エアシェイディが有力視されるが、それ以上に伸び代込みで注目したいのがトウショウシロッコ。3歳時から活躍していた馬だが、ようやく本格化の気配。中山2200はセントライト記念2着や、昨秋のオールカマーではマツリダゴッホの0.4秒差と健闘しており注目したい。

| | コメント (69) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

プリキュア大団円も笑えない連敗街道【日経新春杯回顧】

日経新春杯 結果

1着-10テイエムプリキュア(49、11人、荻野琢)
2着△8ナムラマース(56、3人、小牧)
3着▲7タガノエルシコ(52、4人、藤岡佑)
4着-5ホワイトピルグリム(53、9人、秋山)
5着○15アドマイヤモナーク(58、2人、川田)
--------------------------------------------
7着◎1ヒカルカザブエ(54、1人、武幸)

まー、センスないですね俺(挨拶)。
ヒカルカザブエが一番人気になるとは・・・そこから誤算だったわけです。レース前某友人に電話したら「日経新春杯?よく知らん馬が人気になっとるから買わない」と言ってましたが、まさに過剰人気だったわけですよ。で、そのヒカルとアドマイヤモナークが後ろでじっとしていて、その隙をついた逃げ馬がまんまと逃げ切るという、いわゆる「長距離戦での人気薄の逃げ馬」という格言そのままなレースでした。
テイエムプリキュアは阪神JFの時や、昨年のこのレースもそうだったが、雨馬場に強い。それに大きいコースで馬群がばらける長距離戦はベストの条件だったので、全く買えないというわけではなかった。△くらいは打てるだろう。むしろ問題はナムラマースの印を上げれなかったことか。ヒカルカザブエは過剰人気だったし、アドマイヤモナークは58kg&外枠で避けたい要素はあった。そう考えると、今回のレース取れないことはなかったのではなだろうかと思います。。
結局は雨馬場を前提とした予想が出来ていなかったこと、それに人気馬の取捨選択が甘かったこと、この2点が今回の予想の反省。そして今週も初笑いはお預け・・・

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

いい加減、当たりを出したい【日経新春杯予想】

復活宣言から早速2週間も間が空いてしまいました(笑)。先週はアルバイトの関係で更新ができず、結局馬券も買えずでした。そういう時に限って◎にしたニシノナースコールとか来ちゃう罠。その話をむっつりな友人にしたら、「ナース」という単語に鋭い反応を示していました(笑)。ちなみに新年3週目で未だに快音聞かれず。年末尾張Sヘイローフジ貯金も底を尽いてしまい、早くも正念場なもっくんです・・・。

京都11R 日経新春杯(G2) 芝2400m予想

◎1ヒカルカザブエ
○15アドマイヤモナーク
▲7タガノエルシコ
△8ナムラマース
△12ドリームフライト

5連勝というのは大変難しいわけで、果たしてヒカルカザブエがそれを達成できるか否か。それがこのレースの焦点ではないだろうか。

というのもG2とはいえどハンデ戦ということもあってか、近年の傾向を振り返ると条件戦上がりの馬が好成績を収めている。特に12月~1月に準OP~OPを戦ってきた馬が良い感じなわけで、ヒカルカザブエはまさにこれに当てはまる。1番枠も内側が伸びる今の芝コースを考えればむしろ歓迎ではないだろうか。傾向から考えると、勝つのはこの馬だろう。だからこそ、「5連勝」ということが最大の障壁ではないかと思う。

アドマイヤモナークは京都コースは得意であるが、58kgと外枠がどうか。その点を考慮して印を下げた。切れ者・タガノエルシコの重賞初挑戦も楽しみで、京都の長距離コースはいかにもあいそう。常時上がり3F33~34秒を出せる馬で52kgの軽量も魅了だ。

【買い目】
馬連
1-15、1-7、1-8、1-12、7-15
三連単
1→7,8,15→7,8,12,15

| | コメント (0)

2009年1月 6日 (火)

期間限定復活のお知らせ

皆様お久しぶりです、もっくんです。

当ブログ一時休止から約一年が経過しました。この間、もっくん・くまちゃん・よっちゃんの三人はいわゆる一つの就活を行い、不況直前、なんとか滑り込みで就職先を確保した次第です。特に僕にいたっては10月に就活を終えるという有様で、一つ間違えたら歴史的大不況の中再び就活を強いられてたという、考えるとなんとも恐ろしい事態でした・・・。

と就活に苦戦しつつも、ちゃっかり競馬には参戦。京都記念にはじまり、桜花賞・天皇賞(春)・日本ダービー・宝塚記念・菊花賞・エリザベス女王杯、さらに地方競馬にも足を伸ばし高知・福山・園田(JBC)と2007年以上の競馬熱で、衰えることなく社会人を迎えようとしています(笑)。

さて、今回ブログ再開を決意した経緯なのですが、どうも最近馬券が当たらない。元々当たってねーだろう!という指摘も聞こえてきそうですが(笑)、それでも去年の春先はPATでの回収率が100%を大きく上回っているなど好調だったのです。しかし内定を取ったのと引き換えに秋口から当たらなくなりました。買う絶対数が減ったというのもあるのですが、それにしても不調極まりない。今年に入ってからも東西両金杯をはじめ全敗。未だ快音が聞かれません。

Photo_2


色々考えると、最近の買い方はどうも一発ホームラン狙いでもなく、かといって川相大先生のごとくコツコツ当てにいくでもない、中途半端なスイングが続いていたように思うのです。そこで自分の予想や買い方を記していくことで、自分の打撃フォームを見つめなおし修正していこう!というのがブログ再開の経緯です。

ということで途中旅行等で更新できない時もあると思います。また就職することにより4月以降の更新は困難になると思われます。よって3月末までの限定復活となりますが、よかったらチェックしてください★

もっくん

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ