« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

有馬記念回顧とお知らせ(再)

どうも、皆様年末年始いかがお過ごしでしょうか?くまちゃんです。



                         (左から、向こう正面→3角→4角の位置)
1着  3マツリダゴッホ  57蛯名  9人気  3→3→1
2着  7ダイワスカーレット  53安藤勝  5人気  2→2→1
3着  4ダイワメジャー  57デムーロ  6人気  7→8→4
4着  8ロックドゥカンブ  53キネーン  4人気  9→8→11
5着  6ポップロック  57ペリエ  2人気  7→6→5
6着  2ドリームパスポート  57高田  7人気  15→15→11
7着  5レゴラス  57柴田善  15人気  12→12→7
8着  1メイショウサムソン  57武豊  1人気  11→11→11
前半5F…1.00.7  上がり3F…36.4
単勝5230円  馬連22190円  三連複73320円


25日付の東スポ1面で「これからはCKY(超・空気読めない)騎手と呼んで」とか蛯名騎手が言っていました。
まぁたしかに空気は読んでないし、中京競馬場のあのシ~ンとした光景は今でも忘れられませんがw、思えばこの馬は買えないことはなかった。
なんといってもまずはこの馬の中山適性。それまで{4・1・1・1}で抜群の相性であること。
次に春の同舞台で勝ちきれなかった理由。あのときはこの馬がマークされる側だった。
そして中山はトリッキーなコースなので、多少距離が長くても誤魔化しが利くこと。

そして実際のレースでは、始めはダイワスカーレットとチョウサンが競りあう形に見えたが、実際は前半5Fのタイムが示すように落ち着いたこと。

2着のダイワSだってその恩恵。
ウザいくらい述べてきたが、なぜかこの馬が出走するときはペースがそこまで速くならない。…というか、今の日本競馬界のトレンド、そして馬の能力的に番手の馬がそこまで強くないこと。すなわち前で競馬する馬がそのままいっちゃうことが多いのである。

まして、有馬記念は内枠が有利というデータ=先行馬有利という図式はできるわけである。
直線が短い、急坂があるというのもそれを助長。


結局、少し考えれば三連複なら買えたかもしれないわけで、勝ち馬、2着馬を距離中心に軽視した自分の競馬思考に対する未熟さを露呈しただけとなった。

唯一の救いは◎8ロックドゥカンブの好走。一緒に中京へ出陣した友人H氏、N氏は聞いたと思うが、僕は最初からずっと「ロックもっと前行け」と言っていた。世界の名手だけに体内時計で途中からでも前に行くのを願ったが…4角11番手じゃ勝てません。
まぁ4角で2~3番手くらいだと終い止まっただろう(向こう正面の位置取り的に)し、兎に角最初からいったもん勝ちだった印象。 

その他、5着ポップロックは敗因不明。
6着ドリパスは4角の躓きと鞍上次第で掲示板はあった。次は迷わず本命。
7着レゴラス、8着メイショウサムソンwww。どうせなら先生には昨年のようなレースをしてほしかった。


上位人気が揃って沈没。結局、今年の流行語「KY」を示すレースとなった。



さて、以前から言ってきましたように、当Blogの収支対決は2007年の有馬記念をもちまして、一時中断の形をとらせていただきます。
理由は言うまでもなく、来年は就職活動が本格化するため。

それでも就活は秋には皆終えているだろうし、今後も当Blogで予想等を投稿していくことも考えられます。
このBlogは皆で投稿していくのが魅力なので、また予想を投稿する時間ができた際は参加を呼びかけていこうと考えております。
十人十色。運営者それぞれ違ったスタイルが文体からも伝わってきます。
個人的には、他3人の予想を見るのが凄い楽しみでした。皆ありがとう。

もし私に時間がありましたら、こちらのBlog に予想等投稿していこうと思います。
金杯はやれるかもしれません。


とりあえず…ここまで13000を超えるアクセス、ありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (5)

よいお年を!有馬記念回顧

更新が遅くなりました。失礼致しました。
さて、残るところあと1日となったわけです。
いい形で締めくくりができませんでした。
さて、有馬記念の回顧と行きましょうか。
どうも、しっくりこない有馬記念だったように思いますね。
後ろの馬は、脚をもてあました感じでしょうかね?

私が本命視した、メイショウサムソンはあれほど、前のレースで
仕掛けどころを誤ったのに、何も改善されてないと感じましたね。
しかも、1番枠という絶好枠だったのにも関わらず、後ろからそして、
進路をなくして、外へ…。
武豊はホント今年はどうも腑に落ちませんねぇ。
来年は復活を願いたいものです。
勝った、マツイダゴッホですが、経済コースを綺麗に走ったと思います。
それと、やはり中山は相性が合うんですね。
そして、2着、3着に食い込んだ、ダイワ妹兄。
すごいですね、妹兄そろって、入着とは、メジャーは、今回で引退(?)
よい、思い出になったのではないでしょうか?
スカーレットは、ホント、安定した走りをしてきた一年でしたね。
来年は海外との声も出ていますが、ホント楽しみですね。

さて、今回が、「よっちゃん」としての更新は最後になるか、
また、いずれ、就職活動が終了次第、参加するかどうかは分かりませんが
本当にありがとうございました。このブログで1年楽しい日々をすごせたこと
うれしく思います。それでは、ありがとうございます!!

そして、よいお年を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

名手【有馬記念予想】

中山9R 第52回有馬記念(G1)予想【勝負対象レース】
◎1メイショウサムソン
○8ロックドゥカンプ
▲6ポップロック
△3マツリダゴッホ
△7ダイワスカーレット
△15チョウサン
△16ウオッカ

本命はメイショウサムソン。好枠を得て馬場も味方している。無難にせめて(笑)本命にした。崩れることはないだろう。ただし非根幹距離の2戦(去年の有馬記念と宝塚記念)で勝ちきれていないことが気になるので2着・3着にとどまるケースも考えておきたい。

ロックドゥカンプは秋3戦目、菊花賞からの成長曲線、南半球産というアドバンテージ、有馬に強いロベルト系・・・と強調材料が目白押し。なんといってもマイケル・キネーン騎乗というのが心強い。

ポップロックはここでも堅実に走るだろう。ダイワスカーレット・ウオッカの3歳牝馬2騎はダイワのほうが有利ではないかと見ているが、兄同様距離が課題。ウオッカはこの馬場で追い込んでこれるか。タフなレースもあまり向いていない気がする。

年末のお楽しみ馬券はマツリダゴッホとチョウサン。どちらとも中山2500mの舞台設定は歓迎だ。

なんにせよ上手いジョッキー買っていればいいような気がします。

個人的注目はなんででてきたんだ1000万条件馬レゴラス。つーか出すなよJRA。

【買い目】
3連単ながし
2着1-3,6,7,8,15,16 各100円×30点
3着1-3,6,7,8,15,16 各100円×30点
馬連
1-8 1800円
1-6 500円
6-8 500円
1-3 300円
1-7 300円
1-15 300円
1-16 300円

| | コメント (3) | トラックバック (0)

そして君は伝説になる~有馬記念予想

どうも、今週は有馬ウィークということで、ホントたっくさんの方々に「有馬はどうだ」と声を掛けていただきました、くまちゃんです。「師匠」やら「兄さん」と言っていただけると、つい調子に乗ってしまいますw。
昨日バイト前に電話だ、誰だろ…と見てみると、前のバイト先の札幌の料理統括マネージャーのMさん(30代半ば)からお電話。なんでも有馬について教えてほしいということでした。今のバイト先の店長もそう、競馬が好きだと繋がりが結構多いです。

特質なんですよねぇ、「競馬サークル」って。これほど世代を超えて語られるスポーツって、あまりないんじゃないかと思います。
ボクは野球も好きですが、野球よりも人間味を感じるのが競馬。その巨大なサークルにいる方なら誰しもが注目するのが、本日施行の有馬記念であります。


2007/12/23 中山9R  第52回有馬記念(GⅠ) 芝25   決断

先週触れたように、有馬記念は夢を買うレース。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題に端を発した世界経済の低迷、原油高・原材料高に伴うCPIの低下傾向等、夢も希望もないような今の世の中にでも、夢があると信じたいものである。
振り返れば昨年の当レース、早熟だった(?)アドマイヤメインから「近代日本競馬の結晶」とまで形容された平成の怪物・ディープインパクトへの馬単を買っていたように、あのころから夢を描き続けていた当方。「無謀」とされたらそれまでかもしれないが、この世界の様々な事象は「無謀」の境地に端を発した科学の総和体だ。いつかそれが「現実」となることを期し、一年の締めに大きな夢を買ってみるのもよい。

稚拙ながら競馬を今の世相に反映させてみたことが多かった。それは前述のように夢を追う立場としたら理に適っていないと思われるのかもしれないが、基本的に穴目で攻める当方には、そんなの関係ねぇ。
このフレーズといえば、今年の流行語大賞にノミネートされた言葉。芸人・小島よしお(そういえば彼に似た人がバイト先に入ってきてワロタw)はもう一つ、「オッパッピー」という言葉を使用するが、これは「Ocean Pacific Peace」の頭文字から取ったものであると聞いたことがある。文法的には大間違いだが、つまり平和で安心できる世を求めている―ともいえまいか。

なのに安心できない今の世の中。「今年の日本を表す漢字」の通り、まさに偽装の雨あられであった。あたかも今後我らが受ける筆記試験のように「誤」よりも「正」を選ぶほうが難しい。我々に非常に身近、なくてはならない「食欲」がある以上、偽装は見逃してはならない重大な問題だ。
この前とある番組で爆笑問題・太田が「会社の偽装を内部告発した者に賞金をあげる政策」構想を打ち出していたが、そんなことをしたら内部告発だらけで日本の企業社会は崩壊、賞金も税で賄われるのだから結局社会全体的には不利益を被るだろう。
『三国志』ではないが、「偽」「誤」「食」と常に向き合っていく必要がある。皮肉にも、魏・呉・蜀と同じように栄枯盛衰があるのである。

「偽」であったのは、前走・JCでの14着。×2ドリームパスポートだ。誰がどう見ても、8ヶ月の休み明けの影響があったのは明白。
昨年の有馬記念の結果を見てみると、2着ポップ~4着ドリパスまでは1馬身差もない。すなわちこの若干の差は成長力で追いつくことは可能であって、6歳という年齢的に大きな上積みがないであろうポップやダメジャより上になることも考えられる。
思えばこの馬は当Blog開設時からずっと追いかけてきた馬であり、それが磯の鮑の片思い(一方からだけ思い慕うこと)であろうとも、ここでも注目するのは必然の流れ。現時点で7番人気であり、十分「夢を買う」といえそうだ。ここで掴んだ「夢」で「旅券」を買いたい。
…しかし、思っていた以上に良化がスローな感じ。最終追い切りも、終いは11.6であるがトータルの時計はイマイチ。
そして鞍上・高田。…なんとかならなかったのか。佐藤のてっちゃんの怪我により福永を確保できなくなったのもあるだろうが…。大レース、とりわけトリッキーな舞台で問われるのは騎手の手腕。彼には悪いが、評価を下げざるをえない。

「誤」であったのは前走・菊花賞と、JCでの鞍上のジョッキーたちの騎乗ぶり。

◎8ロックドゥカンブは、内で前が詰まる不利がありながらも3着に食い込み、むしろ強さを示したのであった。事実上無敗の菊花賞馬。距離不安を指摘したものの、その不安は不要だった。今年の3歳牡馬は低レベルと評されているが、南半球産の遅生まれ・別路線を踏んできたこの馬には関係ないと考える。
先ほどニコ動でこの馬の過去レースを見たが、2戦目の重馬場でのあのパフォーマンスは今更ながらびっくりしたし、セントライト記念でもあの追い比べで勝っている。当然先行有利なコース形態はこの馬にとってピッタリ。遅生まれということで53キロでの出走、重い馬場だとこれが活きてくる。
アサクサキングスが回避したように激しかった菊花賞だが、ここに直行している分立て直しができるはずだ。今までは窺っていたこの馬の実力だが、この夢舞台で初めて期待してみよう。3歳牡馬最強を是非示してほしい。勝てば伝説になろう。

○1メイショウサムソンも、前走・JCで鞍上はミスった格好。結局瞬発力勝負では分が悪く、鞍上も熟知していたはずなのにああいう展開になってしまったのは、3分3厘でスッと先頭付近にまで押し上げられなかった鞍上のミスだったのだ。しかし、それでもクビ差3着。外を通ったということもあり、これも負けて強しだったといえる。
よほど武は悔しかったのだろう、今回の有馬への思いが凄い。コメントを見聞きする限り、昨年のディープ並み(?)の闘志を感じる。「この馬が勝つ」という。揺らぎない自信だ。
絶好枠だし、普通にレースをすれば勝つとは思うが、やはり配当面からもここは押さえに止めておく。早々と重馬場適性を発揮したロックとは違い、この馬は得意と決まっているわけではない。また、他14頭にマークされるのは必至で、塞がって瞬発力勝負になったら前走同様アウト。まぁ、悪くても2着だろうが。

「食」といえば、前述のように今年世間を賑わせた「食品偽装」問題。特に「白い恋人」と「赤福」は印象的だった。
すると枠連1-3にはつい手を出したくなるw。特に後者は地元ニュースで散々取り上げられていたので思い入れ深い。…ただ、5レゴラスは眼中にない。記念出走、もしこの馬が上位にくるのなら、それは馬場悪化でダート適性によるものか、日本競馬界の終わりへのカウントダウンを意味する。単勝が100倍くらいだが、これは買っている人が意外と多いことを意味する。これを買うのは両津勘吉(タイプ)くらいだろう。
そこでもう1頭、▲6ポップロックだ。
前走JCではアタマ差2着。惜しい内容だったが、鞍上・ペリエは7戦3勝と滅法相性の良い有馬ではさすがに負けられないという思いが同時に芽生えたのではないか。
ただでさえ最終週で荒れていて、しかも当日は重い馬場。パワーが求められるのは言うまでもなく、そうするとキレで勝負するタイプよりはパワー型のほうが都合いい。他の馬は距離・馬場でマイナス要素だが、この馬にはそれでもポテンシャルを発揮できやすい…という時点で相当なアドバンテージだ。
…しかし恐いのは出遅れ。結構出遅れるこの馬だが、鞍上もある程度前につけたいと語っているようだし、ちょっと軸にはしづらい。2人気というのも手を出しづらい。

さきほどの「食品偽装馬券」だが、「そんな馬鹿な」で片付けてはいけない。
2年前はプロ野球で千葉ロッテが日本一となったが、そのときは馬連6-10(ロッテ)で決着している。元々有馬は世相を反映すると言われているし、ちょっと駄洒落要素も考えてみたい。
今年のスポーツ界では、オシム氏や星野氏や落合氏といった「名将」が輝いた。そこからは1メイショウサムソンはクローズアップされてよい。
また、ちょっと無理やりだが今年の日本一は我が中日ドラゴンズなので、チームカラーの青からロックもオーケー。
そして、政治的には安倍普「三」が「参」議院選で与党が「惨」敗した年で、そこから3枠はクローズアップされてよい。3番枠のマツリダは、たしかに中山巧者ではあるが…距離・実力的に厳しく、枠的に「黒幕」ではないかということでw。

自分の印象的には中日日本一>食品偽装なので、ロックから白枠、赤枠へ買うのは正しいことだと信じたい。

そして、こうした駄洒落には関係ないのだが、×13デルタブルースがちょっと恐い。
別に爆笑問題・田中の予想(彼曰く「KY予想」)の影響ではなく、消耗戦になるであろうという予測から。中山が合うのは間違いなく、鞍上の積極策で実は角居勢で最も恐いのがこの馬の食い込み。一応押えておく。
それからもう1頭、×14ハイアーゲーム。前走復活激走だったが、やはりこの馬はこれまでの戦績からは距離延長歓迎タイプ。鞍上も魅力。前走時と同じくらいの状態ということだし、少し押えとこう。


以下、無印の馬への見解を。
3マツリダゴッホ
既述。
4ダイワメジャー
引退レース。やはりベストパフォーマンスはマイル戦で発揮される。たとえ昨年当レース3着とはいえ、あれは不利・マークを受けず、それでもいっぱいいっぱいのそれであり、同型が多いだけに厳しいと判断。盛者必衰の理をあらわす(『平家物語』冒頭より)。
5レゴラス
既述。気力が問われる馬なので厳しい流れは合うが。
7ダイワスカーレット
お兄ちゃんよりも割って入る可能性は高いかも。それでもしつこいくらいに当Blogで触れているように、この馬は厳しい流れを経験したことがない。いつものようにスンナリとは、さすがに古馬牡馬相手には厳しいだろう。距離も長いか。
9サンツェッペリン
松岡で「3」枠だったら買ったが…さすがに力不足だろう。積極策になるとは思うが、前走が案外。
11コスモバルク
松岡こっちかぁ。JCでは思い切って◎にしたが、あれは大逃げでもかましてくれるかという期待があったから。海外GⅠ2着は相手関係に恵まれたようだし、単純に力が足りないかも。
12インティライミ
鞍上は穴を開けるのが上手いが、馬的にどう考えても中山歓迎ではないタイプ。気力があれば恐いが…。
15チョウサン
さすがに2着はないでしょう、ノリさんw。そもそも距離の壁があるし、重い馬場はさっぱりのはず。前走は思い切った競馬をしたが、今回は控えると思う。仮に前にいてもねぇ。
16ウオッカ
ファン投票1位だが、5時現在単勝3人気。その理由は「大外枠」という壁だろう。加えて初体験の中山コース。前走よりは前で競馬するつもりらしいが、激流に呑まれたらなおさら脆いのは宝塚で証明済みだし…。


長くなりましたが、こんなところです。


◎ 8ロックドゥカンブ
○ 1メイショウサムソン
▲ 6ポップロック
× 2ドリームパスポート
× 13デルタブルース
× 14ハイアーゲーム

買い目
・馬連
⑧① 5000円
⑧⑥ 4000円
⑧② 400円
⑧⑬ 300円
⑧⑭ 300円
計10000円


もうこんな時間かぁ…今日は中京出陣だから予想しないとなぁ…ってことで、このまま徹夜します!

結局夢がどうこう言いながらも人気どころの選択となってしまった予想だったんですが、皆さん、有馬は夢を買いましょう☆

今年1年、こんなくだらない予想を読んで頂きありがとうございました!年内に区切りの投稿をする予定です。
それでは☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

有馬記念と感謝

2007年12月23日(日)15:25発走
第52回有馬記念(GI)
芝・右 2500m サラ系3歳上 オープン (国際)(指定) 定量

◎メイショウサムソン
○ダイワスカーレット
▲ウォッカ
注ロックドゥカンブ
△ハイアーゲーム
△チョウサン
△ポップロック
△デルタブルース

三連単
◎→○、▲、注→○、▲、注、各△   ×300円
5400円
馬連
◎○ 2000円 ◎▲ 1300円 ○▲ 1300円

とりあえず、今までのとおり、お世話になってきた、メイショウサムソンは軸で決定。
前走は武豊騎手の仕掛けミス。先日のとんねるずで出演したときもいっていた通り。
「実力はメンバー一番、自分が仕掛けミスしなければ、勝てる」
といっていた通り、実力はメンバーNO1だと思う。

今年は、女の強さが、注目された一年だった。女の品格が取りざたされた。
競馬界でも同様に、今年は、牝馬が大活躍した一年だった。
その中でも、ウォッカとダイワスカーレットは、素晴らしい競馬をしていた。
64年ぶりともなった、牝馬ダービー優勝。そのウォッカに
何度も勝っているダイワスカーレット。今年の最後はこの2頭がきたら
来年はきっと女性総理大臣が生まれるだろう(意味不明)
とにかく、勝利するだけの力がこの2頭にはある。

そして、唯一、またそこが見えていないロックドゥカンブ
こちらも、前走は、仕掛けミス。有馬キネンだけに、
キネーンが勝利なんてことも…。
おやじギャグは置いておいて。

今年も色々ありましたね。
最終週を1位で終われるかもしれない期待ということで、
まぁ、少しは自分に自信がもてたのかな?っても思ってます。
しかし、あれですね。1年経つのって早いですよね。
もうかれこれ、このブログに参加させていただいて、1年なるんですよね。
自分の競馬の能力といいましょうか?能力はアップしたんでしょうかね…。

とにかく、本当にありがとうございました。いつも見てくださった方々
そして、このブログに参加させていただきました、もっくんとくまちゃん、
そして、一緒に投稿してきたオーラくんには大変感謝しております。

このような場で自分の意見を書けたことをうれしく思います。
来年は、就職活動ということもあり、更新は終わるまで難しい&
自分はこの後参加していけるのか?どうかは分かりません。
また、参加できるのであれば、是非参加したいなと感じております。

とりあえず、まだ、有馬記念の回顧が残っていますので
もう一度更新しますが、ここで感謝の意を称してもう一度。
ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

阪神C回顧

どうも、こんばんわ!
今週でオワリですね。
とその前に、まず、先週の回顧しとかないといけませんね。
あ、有馬記念の予想は別で後でUPします。

まず、思ったのが、ローレルゲレイロが結構ねばったな~
って思いましたね。藤田騎手の前残りになるペースが功を奏した
んじゃないかなって思います。
そんな中で、後ろからいい脚でやってきたスズカフェニックスはレベルが
違うことを思い知らされました。しかも、17番という大外ですからね…。

そういった意味ではブルーメンブラッドも同様のことが言えますね。
スズカよりさらに後ろからの追走だったわけですからね。ルメール騎手
ってのが良かったのかもしれませんね。

ジョリーダンスはペースに助けられましたね。

ま、こんなところですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

お知らせ

いよいよ明日は有馬記念ですね♪

プライベートでは中京競馬場へ2週連続で行ってきます☆
なんでもアントニオ猪木が来る ようで…年の瀬にビンタで忘年もいいかも…w

そこでお知らせです。

まず、今週有馬記念の予想では、かけ金は一人10000円までとなります!
もっくん、よっちゃん注意してください。

そして、当Blogの収支勝負はとりあえず今週で中断します
「中断」というのは、「中止」にする必要はまだないかな…と思ったんで。就活が全員(あるいは複数人)終了したら再開するのは悪くないと思います☆

…つまり、来年より収支勝負ではなくなり、個々が時間があれば予想を投稿するというスタイルにしようかなといったところです。
ちなみにボクはこちらのBlog でも、来年より競馬の内容を投稿していこうと考えております。こちらでは初心者向けって感じです。当然不定期ですが。

こちらのBlogではレース予想、そして回顧やプライベートの収支結果も、時間があれば投稿していこうと考えています。


とりあえず明日は有馬記念…楽しみましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

2007/12/9 中山11  朝日杯FS(G1) 芝16   収支結果

   く  も  よ 
1着△ △ -  ⑰スズカフェニックス       武豊

2着△ ▲ -  ④ジョリーダンス       秋山      
3着○ - △  ⑯ブルーメンブラット    ルメール
4着- - △  ③ローレルゲレイロ    藤田
5着◎ ◎ ○  ⑦エイシンドーバー    福永


くまちゃん
  (前ステージ 2位)
はずれ!    累計-41680円(第3位)

もっくん  (前ステージ 1位)
はずれ!    累計-5110円(第2位)

よっちゃん  (前ステージ 3位)
はずれ!     累計+560円 (第1位)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

スペシャリスト【阪神カップ予想】

阪神11R 阪神カップ(G2)予想【勝負対象レース】

◎7エイシンドーバー
○11ドラゴンウェルズ
▲4ジョリーダンス
△10プリサイスマシーン
△12フサイチリシャール
△13マイネルシーガル
△17スズカフェニックス

1400mという特殊な条件で行われるが故に、同条件で実績を残している馬を信頼したい。そのなかでも本命馬はエイシンドーバー。叩かれての上積みが見込めるし冬場は得意な馬。今季1400mで重賞2勝の実績も心強い。ドラゴンウェルズは1400mベストで血統的にもロベルトを内包しており、阪神【1200】でもあることから改めて阪神向きであることが伺える。単穴ジョリーダンスは春の阪神牝馬S勝馬で、秋は振るわないが前走は0、8秒差に食い込んでおり復調気配漂う。京都から得意の阪神となり変わり身を期待。

【買い目】
三連複
軸7-4、10、11、12、13、17
各300円×15点
馬連
4-7 300円
4-11 200円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レセプションに選ばれし18頭~阪神カップ予想

どうも、くまちゃんです。年の瀬だからどうこう…ではなく、なかなか忙しい日々ですね。
明日(っていうか、あと4時間くらい)で、今のバイト先の店舗の関係社のオープン前のレセプションにご招待されましたんで、店長の車で静岡に行ってきます。
バイトの身でありながら、昼間っから飲み放題に食べ放題!忘年会代わりに行ってきます。…もちろん味もチェックしないといけませんが。

ところで私事ですが、土曜日昼は大学の友人S君と久々に中京競馬場へ行ってきました☆
かなり寒く、途中雨がぱらつき、風も吹く天候…。
Image05220071215
中京7Rを観にいこうとすると、ナゾのキャラクターが誰にも相手にされず立ちすくんでいたので、まずは無断で撮影。
するとスタッフと共に近寄って来たので「大人の事情」を小声で悟られるのか…とか思いましたが…
このようにポーズを決めちゃってくれました☆
くまちゃん「寒いですけど頑張って下さい」S君「時給いくらですか?」
…近くに子どもが居なくてホントによかったなぁwクリスマス前に夢を剥奪するとこでした。

夢といえば来週の有馬記念。なんでも、世界で一番馬券が売れるレースなんだとか。
競馬にとっての一年のサークルの幕引きは「尾張(終わり)ステークス」ですが、「金杯で始まり有馬で終わる」のが一般的。
その締めくくり、そして当Blog一時中断をいい形で結ぶためにも、今のうちから検討段階であります。3歳牝馬は買うつもりありません。


2007/12/16 阪神11  第2回阪神カップ(GⅡ) 芝14   予想

昨年より新設されたGⅡで、有馬前週なのにやけに賞金タカス。「プチ・有馬」を制さんとばかりに集ったのは、混沌・レベルが問われているスプリンター~マイラーたち。
60頭を超える登録馬からレセプションに選ばれし18頭だが、やはり混戦模様だ。

そんななかでも◎7エイシンドーバーは買いだ。マイナス材料がない、これは大きい。
前走は5ヶ月半の休み明けが響いたし、4角後方過ぎてごちゃついたのが痛かった。叩き2戦目でベストの距離、なんせ阪神は5戦3勝4連対の舞台。
同型は多数いるが、似た競馬をしそうな強豪、スーパーホーネットの回避は大きく、このタイプならオッズに反映されているように素直に中心視。

相手本線は○16ブルーメンブラット▲11ドラゴンウェルズ
特に前者は距離にとてつもない適性を感じるし、鞍上も魅力。坂さえ乗り越えたら、単でもイケそう。
鞍上が鮫島に戻り折り合い難必至な△12フサイチリシャールが2着、そして▲が3着だったのがスワンSだが、スワンからここに直行している▲に魅力を感じる。


買い目
・馬連
⑦⑯ 800円
⑦⑪ 700円
⑪⑯ 300円
・馬単
⑦→△(①④⑤⑥⑩⑫⑭⑰)  各400円
計5000円


先週はハズレたが、◎が勝ったし惜しい内容。この気流に乗って、最後まで―。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日FS回顧と阪神C予想

勝ったゴスホーケンについては、かなりの伸びしろがあったようですね。
他の、レースに比べえると、やはり、東スポ杯組みが台頭してきました。

ゴスホーケンはスタートでいいスタートを見せると先頭に立ちそのまま最後まで、
1位と、強い競馬内容を見せました。人気薄のレッツゴーキリシマは、
内々を通り、無駄のない競馬をした結果がこの結果につながったといえるでしょう。

スズジュピターのヨシトミはどうも、仕掛けが遅かったみたいですね。
アポロは人気しすぎの感が否めません。

さて、では今週の阪神カップです。

2007年12月16日(日)15:45発走
第2回阪神カップ(GII)
芝・右 1400m サラ系3歳上 オープン 定量

◎シンボリグラン
○エイシンドーバー
▲プリサイスマシーン
注フサイチリシャール
△ローレルゲレイロ
△フサイチリシャール
△ブルーメンブラッド
△ペールギュント

買い目
三連複
◎軸 相手、○~△ 各100円 2100円
馬連
◎○ 800円、 ◎▲ 600円、 ◎注 600円
○▲ 500円、 ○注 400円

計5000円

阪神1400m内回りは、内側有利である程度先行していないと
勝つことは難しい。大外からまわってこようと思うと相当の力がないと
無理でしょう。今回、大外にスズカフェニックスがいますが、私は、
厳しいのではないかと感じています。調教や、前走のマイルCを見る限り
今回もいい勝負をしてくるのは間違いないと見ていますが、
あえてきっていこうと思います。

今回、いいなと思ったのは、シンボリグラン、内枠で先行できるのは強み
さらに、大崩しているレースは少ないことから軸に推奨しました。
エイシンドーバも、系統的にぴったり。

中穴として、プリサイスでしょうか。去年は同レースで1着を取ってるとはいえ
16.0(26時現在)は人気がなさすぎでは?
8歳という理由もあるんだろうが、これはねらい目であると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

朝日杯FS収支結果

2007/12/9 中山11  朝日杯FS(G1) 芝16   収支結果

   く  も  よ 
1着◎ ○ ○  ①ゴスホークケン            勝浦

2着- △ -  ③レッツゴーキリシマ    幸      
3着△ △ 注  ⑦キャプテントゥーレ    川田
4着△ △ △  ④ドリームシグナル     ルメール
5着○ ◎ ◎  ⑨スズジュピター      柴田善


くまちゃん
  (前ステージ 2位)
はずれ!    累計-36680円(第3位)

もっくん  (前ステージ 1位)
はずれ!    累計-110円(第2位)

よっちゃん  (前ステージ 3位)
はずれ!     累計+5560円 (第1位)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

先生【朝日杯FS予想】

中山11R 朝日杯FS予想(G1)【勝負対象レース】
◎9スズジュピター
○1ゴスホークケン
▲14アポロドルチェ
△3レッツゴーキリシマ
△4ドリームシグナル
△7キャプテントゥーレ
△11ヤマニンキングリー

デイリー杯、京王杯、東スポ杯の3つのステップレースの中で東スポ杯組が好成績を収めていることはよく知られた話である。恐らく1800mという距離を意識して有力馬がそちらに集まるからの結果であろうが、何はともあれ今年も東スポ杯組が優勢と見た。決して僕が大スポ愛読者というからではない(笑)

ということで東スポ杯最先着のスズジュピターを本命。タニノギムレット産駒は昨年ウオッカを輩出したように2歳G1戦にも対応できる早熟さを兼ね備えている。枠順、脚質を考慮しても軸としては最適の印象を受ける。

同じく東スポ杯4着のゴスホースケンは先行できるということと1番枠がプラス。2歳戦に強いストームバートの系統というのもこの舞台に合う。

【買い目】
三連複
軸9-1,3,4,7,11,14 各300円×15点=4500円
馬連
1-9 500円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終前の勝浦!!~朝日杯FS予想

どうも、くまちゃんです。
就活資金を得るためにできるだけバイトに入り(今月は12万くらい手に入りそう)、いろんな企業展に行ったり、OBによる業界研究会に行ったり、落ち着けない日々が続いております。
ボクは希望業種的にも今からでも遅いくらいだから頑張ってる最中なんですが、世の中の大学三年生はどうなんでしょうかね?売り手市場ということで、実際その空気で活動してしまっている学生が多いようです。こちらとしては歓迎しますが。

時間的にもさっさと予想…なんですが、それにしても先週の阪神JFはちょっとビックリしました。棚から牡丹餅って感じ。
久しぶりに的中したってのもありますが、◎エイムアットビップがまさか控えるとは…んでもって3着に食い込むとは…。
2F目に10.6、3F目に11.3を刻んでいるように前傾ラップで結果先行勢が総崩れしたのがその現れでしょうが、まぁ福永Jには驚かされました。先を見据えていたんでしょうね。

その福永Jが大得意なのが当レース。4戦3勝とか、あなたは神か。
ただ今回、レベル面ではお世辞にも高いとはいえない。東スポにもあったが、中京2歳SやラジオNIKKEI賞に有力馬が流れてしまうのがその要因。
また、現時点のオッズに注目。今年のGⅠ戦線を盛り上げてきた騎手御三家(武豊、安勝、岩田)の乗り馬の人気があまり高くない。
つまり先週以上に接戦、難解だ。


2007/12/9 中山11  第59回朝日杯FS(GⅠ) 芝16   予想

ボクが競馬に魅力を感じる前の時代に、「最終の勝浦」という言葉があったという。最終レースまで残って競馬をしていくのは、①それまでに当てていて今日はいくらでも当たりそうだからやってくか、②それまでにある程度当てていて時間があるからやってくか、③全然当たらん!こうなったら有り金全部はたいて…という三種類に分類されると思うが、③の人間が何気なく気付いたのだろう、この概念。今はボクが「最終の岩田」とか決めているようなものだ。
栄枯盛衰。時代は廻る。お世辞にも、最終レースに「そこに勝浦がいた」状態はFEEL LIVEしていない筆者である。

それならば、最終じゃなくてその前の、最も華やかな舞台で輝けばいい。彼の乗り馬◎1ゴスホークケンが本命だ。
人気している△14アポロドルチェや大スポ杉本記者一押し(そういえば杉本さん、最近中穴狙い多くないか?)△15ドリームガードナーの東マイルの持ち時計と、彼のそれ(新馬戦)を比較すれば、遅デビューのこの馬の大物ぶりに納得してもらえるだろう。
前走は番手で競馬をして後続の目標となった割には4着に粘っている。また、このときは少し緩めの馬体で出走している。今回はマイナス体重で出走できそうである。

先週の阪神JFの勝ち馬、トールポピーは黄菊賞2着からのローテ。東スポで(社杯だからか)やたらとプッシュしている東スポ杯とは18という距離が同じだ。
時計の裏づけは専門家に任せるが、やはり長い距離を使われたというのは、経験の少ない2歳馬にとっては大きな強みであるという点から、私も東スポ杯組を支持したい。

着順的には○9スズジュピターだが、◎により上積みの期待を感じる。また、GⅠに弱い鞍上も気になる。
また、前出の黄菊賞でトールポピーに勝った▲11ヤマニンキングリー@武豊も気になる。
…まぁでも、◎○が馬券圏内であるという予想は揺るがない。当Blog順位や収支が絶望的になりつつあるので、くまちゃんの代名詞(?)「一発逆転サヨナラ」を期して三連単だ。あの3頭で6万超…阪神JF時にホントに素直に抱いた三連単へのナゾだ。


買い目
・三連単マルチ 軸①⑨ 相手④⑦⑭⑮⑯(△)⑪(▲) 各100円 3600円
・馬連
①⑪ 400円
・馬単
①→④⑦⑭⑮⑯ 各200円
計5000円


キルトクール10エーシンフォワード@福永。これで持ってくるなら、あなたは神。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神JF回顧と朝日FS予想

先週の阪神JFの回顧を少ししますと。
ハナをきったのは、エイシン、アロマ、ヤマカツといった形でスタートすると
最終コーナーでは、オディールがエイシンパンサーに並ぶと直線で、エイムアットビップ
とオディールの叩きあいになっている外側から、トールポビーと、レーヴダムールが
大外から、一気に交わすという形で終わりました。
この展開は、去年のウォッカとも似た展開だなと感じました。

特に、注目すべきは、レーヴダムールだと感じました。
最終コーナーでかなり後方にいながら、大外を通って、2着まできたのは
これからの大きな期待が持てます。こんなところでしょうか。

といったところで、今週の朝日FSの予想へと移りたいともいます。

2007年12月9日(日)15:25発走
第59回朝日杯フューチュリティステークス(GI)
芝・右・外 1600m サラ系2歳 オープン (混合) 牡・牝 (指定) 馬齢

◎スズジュピター
○ゴスホーケン
▲エーシンフォーワード
注キャプテントゥーレ
△サブジェクト
△アポロドルチェ
△ドリームシグナル
△ヤマニンキングリー

買い目
三連複
◎軸 相手○~△ 各200円 4200円
馬連
○◎ 400円  ○▲ 200円 ○注 200円 800円

さて、そろそろ、就職活動の季節がひしひしとやってきるように感じるわけですが
2歳馬のような、会社(競馬出走し始めて)に入って1年目の新入社員の人々に
色々な、経験談を聞いて、活動するときの参考にしないといけません。
そういった意味でも、2歳馬の気持ちを理解し、当てておきたいと思いますね。
(意味不明なまとめ(笑)みなさん分かったかな?) 

ってことでここいらで、ばいびぃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

阪神JF収支結果

2007/12/2 阪神11  阪神JF(G1) 芝16   収支結果

   く  も  よ 
1着○ ◎ ◎  ⑮トールポピー         池添

2着△ △ -  ⑨レーヴダムール      藤岡      
3着◎ △ △  ⑩エイムアップビップ    福永
4着△ ○ ○  ⑪オディール         安藤勝
5着△ - -  ⑥シャランジュ         村田


くまちゃん
  (前ステージ 2位)
あたり!
3連複133.2×100円=13320円(+8320円)
  累計-31680円(第3位)

もっくん  (前ステージ 1位)
あたり!
3連複133.2×500円=66600円(+61600円) 計+36030円(第1位)
(以下、12月9日 くまちゃん訂正)
133.2×300円=39960円(500円余り、計35460円プラス) 累計+4890円(第2位)

よっちゃん  (前ステージ 3位)
はずれ! 累計+10560円(第2位)(第1位)

くまちゃん初的中、もっくん6万馬券的中で一躍首位に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

篩(ふるい)にかけられた18頭~阪神JF予想

どうも、くまちゃんです。

今週は阪神JF。
昨年の当レースではウオッカ1着、アストンマーチャン2着、ローブデコルテ4着、その他ピンクカメオ等が出走していていわゆる「出世レース」となったわけだが、大スポ・上田氏が触れていたようにその世代との比較は酷。
レベル云々関係なく、出走メンバーの中には強い馬がいるのが普通。…が、このレースではそれすら見当たらない。



2007/12/2 阪神11  第59回阪神JF(GⅠ) 芝16   予想

私が毎週購読している某少年週刊誌の某ボクシング漫画(11月21日)に興味深い表現があった。
厳しい世界に生きる人間は、例外なくいつもふるいにかけられているようなものである。ガシャガシャとかき回され網の目から小さくて丸い石ころはこぼれ落ちていく。大きい石は当然落ちず、プロの世界に居座り生き残り続ける。ポイントはもう一つ落ちない種類の石。大物でないのなら、それを目指せばいいのだ。
網の目より小さくても、引っかかって落ちない尖った石だ。つまりある種の突出した武器(=才能)を活かすことによってこぼれ落ちずに生き残ることができる可能性があるということだ。

タイトルにもあるが、突出した力のある馬(=大きい石)は不在。すなわち同条件で篩にかけられた18頭。
ここから生き残るためには、前述のように尖った石を目指せばいい。すなわちこれだけは負けないという武器がある馬を選びたい。

この娘はスピードが絶対的な武器だ。◎10エイムアットビップ
前走ファンタジーSではいきたがる姿勢を見せ、ラップは12.5→10.9→11.0→11.2→11.3→11.6→12.6というように息が入らない激流。それで0.2差ならむしろ褒められるべきである。
距離延長、新設された阪神外回り…というように不利に思える条件もあるが、京都には下り坂があっていきたがるのは無理はなかった。今回は最後の上り坂まで平坦なコースなのはいいだろう。しかも今週は阪神開幕週。先行馬有利であるのは言うまでもない。
コンマ1、2秒の次元で抑えることが必要になってくるが、スピードが持ち味のこの馬。その持ち味はあまり殺さないようにしたい。折り合い対策として競馬までメンコをするようなのでそこにも期待したい。
結構先行馬が多い印象だが、中途半端な石では篩にかけたら落ちてしまうのだ。尖っているのは出走メンバー中この馬だろう。

相手本線は○15トールポピー。この馬は出走メンバー中では最も大きな石。ここまで長い距離を中心に使われているのに好感。思えば黄菊賞2着→当レースは昨年のウオッカと同じパターン。数字だけではなんともいえないが、1F11.5、4Fを64.7でまとめたのはこのメンバーでも最上位では?
一発あれば▲17エイシンパンサー。前走は勝ち馬とは0.3差で終いよく伸びていた分距離延長に期待。

混戦模様。三連複中心で万馬券を狙う。


買い目
・三連複 軸⑩相手△(③④⑥⑨⑪⑭⑱)○▲  各100円 3600円
・馬連
⑩⑮ 400円
⑩⑰ 300円
・馬単
⑩→△ 各100円
総合計5000円


まだ決定ではありませんが、おそらく有馬記念で当Blog運営は一時中断または終了となる可能性があります。
このままずっと当たらないってのは、ちょっとマズイですよね…。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドジョウ【阪神JF予想】

阪神11R 阪神JF予想【勝負対象レース】

◎トールポピー
○オディール
▲レジネッタ
△アロマキャンドル
△レーヴダムール
△エイムアットビップ
△ヤマカツオーキッド

難しいレースだが総合力を信じトールポピーを本命。ジャングルポケットト産駒だけに外回りコースは脚を貯めれそうでよい。デビュー戦ではキャプテントゥーレやドリームシグナルといった強豪に先着しているだけにレベル自体は高いものがあるはずだ。あとは有利とはいえないこの枠順がどうか。

【三連複】
◎ー○▲△△△△
各500円×10点
ちなみに中日新聞杯は中京最強のデムーロ・サンライズマックスから。穴はダイレクトキャッチあたり

| | コメント (1) | トラックバック (0)

JC回顧 阪神JF予想

さて、先週のJCはしょっぱなから、アドマイヤムーン
が先頭になるんじゃないかってくらい
ゆっくりのぺースで、最後は殆ど、瞬発力勝負でしたね。
あれでは、瞬発力勝負がそれほど得意でない、メイショウサムソン
にとっては、大変厳しいものでしたね。
アドマイヤムーンと、ウォッカにとっては願ってもないペースだったでしょう。
それと、ポップロックですが、以前は瞬発力勝負がそれほど取りざたされなかった
みたいですが、ここ数戦は、最後はいい脚で、来ているので。
ペースによらない走りができるのはやはり強みですね。

さて、ここからは、阪神JSですが、正直2歳戦はよーわからんとです。
2歳戦では、自分の中で結構、中穴が来ると感じてますので
とりあえず、3~5番人気あたりを狙って、幅広く行きます。

◎トールポビー
○オディール
▲エイシンパンサー
注ラルケット
△ニシノガーランド
△エイムアットビップ
△レジネッタ

三連複
◎~△ 各100円 3500円
馬連
◎-○、▲、注 各500円 1500円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »