« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月27日 (火)

JC収支結果

2007/11/25 東京10  JC(G1) 芝24   収支結果

   く  も  よ 
1着△ - ○  ④アドマイヤムーン      岩田
2着☆ ○ 注  ②ポップロック        ペリエ      

3着▲ ◎ ◎  ⑩メイショウサムソン    武豊
4着△ ▲ ▲  ⑪ウォッカ           四位
5着- - -  ⑱デルタブルース      川田


くまちゃん
  (前ステージ 2位)
はずれ!  累計-40000円(第3位)

もっくん  (前ステージ 1位)
はずれ!  計-30570円(第2位)

よっちゃん  (前ステージ 3位)
あたり!(12月1日訂正) 
36.6×600円=21960円(+16960円)  
累計+15560円(第1位)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

いざ、決戦【JC予想】

第27回 ジャパンカップ(G1)予想【勝負対象レース】
◎10メイショウサムソン
○2ポップロック
▲11ウオッカ
△6ヴィクトリー
△9インティライミ
△14ドリームパスポート

王者に死角なし
同じオペラハウス産駒ということでテイエムオペラオーとよく比較されるメイショウサムソンだが、本格化したら手がつけられないというのはテイエムと同じ。皐月賞・ダービーを制しているように根幹距離向きのはずなので2400mに変わるのも問題なし。

その観点からいくと今回無印にしたアドマイヤムーンは2000・2400より2200といった非根幹距離向き。その点今回より次走の有馬記念の方が狙い目ではないだろうか。

話は戻して対抗はポップロック。前走は外枠&出遅れでゲートを出た直後に終了。内枠代わりで距離延長はプラスだろう。まぁこの馬も本当の狙いは有馬記念な気がするが・・・

ウオッカは当然臨戦過程に一抹の不安があるが、東京の広いコースに変わるのはプラス。ヴィクトリーは内枠代わり・距離短縮・ルメールと好材料が揃い買ってみたい。休養明けは承知で、人気落としたドリームパスポートも一考。

ちなみに外国馬は適正云々以前にこのレベルのメンツでは通用しないと思う。せいぜい掲示板くらいか

【買い目】
馬単
10→2 1500円
10→11 1000円
10→6 1000円
10→9 1000円
10→14 500円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ラインで驚天動地~ジャパンカップ予想

どうも、くまちゃんです。
金曜日、好きなキンシャサノキセキが距離克服して頑張ってくれました 。出走メンバーはなかなか有名だったんですが、よくやってくれました。


今週は変則3日間開催、JCウイーク。武豊はJCも勝ったらまさに「神懸り」。
しっかり分析しようと思ったんですが…ちょっと仮眠してToeic受けに行くので印だけにしときます。


2007/11/25 東京10  第27回ジャパンカップ(GⅠ) 芝24   予想

◎ 3コスモバルク
○ 9インティライミ
▲ 10メイショウサムソン
☆ 2ポップロック
△ 4アドマイヤムーン
△ 5チョウサン
△ 11ウオッカ
△ 12フサイチパンドラ
△ 14ドリームパスポート

買い目
・三連複 軸③ 相手②④⑤⑨⑩⑪⑫⑭  各100円  計2800円
・馬連
③⑨ 400円
③⑩ 300円
③② 200円
⑨⑩ 800円
⑨② 500円
総合計5000円

結局Sペース→ヨーイドンの型がトレンドだが、期待の若武者の積極策で波乱が起こることを期待したい。
なぜあなたが起用されたのか。その想いを胸に、行動に移してみせたら面白い―。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイルCS回顧&JC予想

いやぁ、先週のマイルCSでは、結局メジャーが勝ってしまいましたね。
ピークが過ぎたと思い込んでいたのですが、そんなことはなかったようです。
しかし、毎度のこと、安藤騎手は、絶妙な騎乗をしますね。
どの馬も動くに動けなかった感じでしょうかね。

さて、レース展開を振り返ると、ローエングリンと、フサイチリシャール、ダイワメジャー
がかたまって、スタートすると、そのまま、2頭を前に見る形でダイワメジャー
がつける形で終始、進みました。最終コーナーを過ぎたあたりから、ダイワメジャーが抜け出すと、
外から来た、スーパーホーネットが最後、差しきるかのように思えたのですが、
最後はダイワメジャーがそのままゴールする形でした。

まぁ、ダイワメジャーがまだ健在だってことを証明させたレースでしたね。

さて、ここからは今週の対象レースですが、今年のJCは、少し残念でしたね。
凱旋門賞1着のディラントーマスが出走しないということで、世界VS日本が見れると
思っていたのですが。まぁ、ですが、メンツ的には、面白そうなので、期待しています。

2007年11月25日(日)15:20発走
第27回ジャパンカップ(GI)
芝・左 2400m サラ系3歳上 オープン (国際)(指定) 定量

◎メイショウサムソン
○アドマイヤムーン
▲ウォッカ
注ポップロック
△ザデックス
△ヴィクトリー
△デルタブルース
△インティライミ

馬連
◎○1000円 ◎▲  1000円 ○▲  800 注 600円 ▲注 400円 2800円
馬単
○→△ 各300円 1200円

印的には完全にメイショウサムソンです。今まで、何度も当てさせてもらっているので
印は◎。それに比べ、アドマイヤムーンが12.0倍(2:35分)というのは人気が落ちすぎじゃないか?
って思います。前走は、大外をまわらされて、仕方なかった、それでも6着というのは
十分だと思えます。なのにこの人気は、ある意味おいしいのでアドマイヤの方が
多く買いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

マイルCS収支結果

2007/11/18 京都11  マイルCS(G1) 芝16   収支結果

   く  も  よ 
1着- - -  ⑧ダイワメジャー      安藤勝
2着- ▲ ○  ⑦スーパーホーネット  藤岡佑

3着- △ -  ⑪スズカフェニックス     武豊
4着- ◎ ◎  ⑫アグネスアーク       藤田
5着- ○ △  ⑤カンパニー       福永


くまちゃん
  (前ステージ 2位)
はずれ!  累計-35000円(第3位)

もっくん  (前ステージ 1位)
はずれ!  計-25570円(第2位)

よっちゃん  (前ステージ 3位)
はずれ!  累計-1400円(第1位)

ダイワメジャー来ちゃいましたか。今週はみんなどんまいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、マイルCS【マイルCS予想】

京都11R 第24回マイルCS予想【勝負対象レース】
◎12アグネスアーク
○9カンパニー
▲7スーパーホーネット
△3キングストレイル
△6フサイチリシャール
△11スズカフェニックス
△14ピンクカメオ
△15ジョリーダンス
☆10トウショウカレッジ

マイル路線は低レベル。さらに瞬発力を求められる適正から基本的に中距離からの転戦組が強いこのレース。ならば天皇賞2着のアグネスアーク、同3着のカンパニーを高評価するのが筋というもの。これにスワンSが強い勝ち方だったスーパーホーネットの3頭が上位争いと考える。ダイワメジャーはどうもリズムを崩してしまった感があり、連には絡まないと。

【買い目】
馬単
12→9 1500円
12→7 1300円
12→3、11,14,15 各500円
12→10 200円

| | コメント (0) | トラックバック (1)

低所得者の影響は、強い!~マイルCS予想

どうも、漢検2級を無事合格したので、後はToeicで高得点を狙うくまちゃんです。思えば、キュートなルックスとは裏腹にサンジャポ等で物怖じしない発言をしているTBS青木アナも入社までに2級を取得しろと会社に言われたそうだ。
ってわけで、この後バイトまで図書館行ってきますんで、サッといこうと思います。

今週はマイルCS。
あのカリスマ馬券師清水成駿が、日曜付けの紙面でなかなか面白い予想を記していました。なんでもアメリカの信用力の低い個人向け住宅高金利融資(サブプライムローン)問題に端を発した経済の低迷に触れ、アメリカ馬の総攻撃が始まる…とのこと。
日頃から某経済新聞を精読(?)している身としては気になる問題であるのは否めない。


2007/11/18 京都11  第24回マイルCS(GⅠ) 芝16   予想

出走メンバーの賞金を見てみる。
ダイワメジャー
ローエングリン
ベクラックス
これらの馬は「高所得者」である。
一方、
トウショウカレッジ
ピカレスクコート
コイウタ
これらの馬は「超低所得者」である。
そもそもサブプライムローンというのは、アメリカの金融機関が、過去に破産したり担保を押えられたりした比較的信用力の低い人に貸す住宅ローンである。優遇金利を「プライム」ということに対しその補助的なローンであることから「サブ」が付けられている。通常のローンに比べて審査基準は低いが、金利は高い。詳細はここで触れるのは避けるが、3年目以降に急に金利を上げるために返済が滞ってくる場合が多く、03~05年に米国で起きた大住宅ブームがこの問題を引き起こしているのだ。

…つまり人生の一大イベントである居住地に関することなので、前述の「超低所得者」では手も出せない。すなわち「超高所得者」や「超低所得者」ではなく、「低所得者」が対象であるのはいうまでもない。
すなわちこの出走メンバーの中でその構図を無理やり当てはめてみて、当たるまでやろう「単勝勝負」で臨む。基本的にこれらの馬はオッズが高い。社会問題に絡めるのは藁にもすがる思いということで、そろそろ当てないと(そういえば先週も言った気が)ね…。

▲ 3キングストレイル
▲ 4マイネルシーガル
▲ 6フサイチリシャール
▲ 13ローレルゲレイロ
▲ 15ジョリーダンス

レベルが問われる3歳牡馬が2頭いるのはなんとも言えないが、この混戦ともいえる実力伯仲なメンバーならそう差はない。
距離適性はこのメンバーでも随一、前走好位なら東京マイルを快勝した4マイネルシーガル。不安なのは京都は初ということ。
ここ3戦揮わないが、それぞれ要因が考えられる13ローレルゲレイロ。「前走とは馬が違う」(昆調教師)のなら、NHKマイルCでみせた強い競馬をもう一度。

ここ2戦距離短縮で、掛かる可能性があるのは不安だが3キングストレイルは3戦前のマイル戦が半年明けとは思えない完勝だった。
前走は早めに抜け出したが2着惜敗だった6フサイチリシャール。最近は短距離中心で距離不安の懸念はあるが、以前は18以上を使われていた馬。目下絶好調のようで、鞍上からも外せない。
前走はあくまで叩き台だった15ジョリーダンス。Sペース必至なだけに、鞍上の積極策は魅力だ。2走前に記録したマイルの持ち時計も決してヒケを取らない。

思えば先週もそうだが、現代のトレンドは差し~追い込みのようである(Hペースになりにくい?)。…つまりそれを嘲笑うかのように逃げ~先行する馬は(例えば先週ならダイワS)、今後必ず押えるべきである。
この5頭はある程度前で競馬をすると思われる馬。
最高でも7000万を切る「低所得者」なこの5頭の逆襲が始まる。


買い目
・単勝
③、④、⑥、⑬、⑮  各1000円
計5000円

| | コメント (0) | トラックバック (1)

エリ女回顧とマイルCS予想

まず、は予想に入る前に遅くなってしまいましたがエリザベス女王杯の回顧
をしていきたいと思います。レース展開的を申しますと、終始ダイワスカーレットが後続を寄せつけずゴール。以上です。
レースペースもダイワにとっては、最高のレース運びでしたね。
牝馬最強はダイワスカーレットに決定でしょう。まぁ、あえて言うならば、回避した
ウォッカくらいが張り合えるくらいでしょう。
フサイチパンドラは、いい走りをしたようですが、少しムチの入りが遅れましたね。
といってもダイワスカーレットには勝てなかったでしょうが。
スイープトウショウは追いきりがそこそこで絞れていたようなのでやはり
まぁまぁには走ってくれたようですね。

回顧は以上です。
次は、マイルCS予想に移ります。

◎アグネスアーク
○スーパーホーネット
▲フサイチリシャール
注べラックス
△コイウタ
△カンパニー
△コイウタ

買い目
三連複
◎軸相手○~△ 各200円 3000円
馬連
◎○ 800円 ◎▲ 700円 ◎注 500円
計5000円

近走一番安定していると思われる。アグネスアークから勝負します。
なんといっても、前走。不利だった、外側からの2着ということで、不利がなければ
と考えると、今回は軸に押すことができました。また、京都の適正も2.0.0.0と完璧
これは、行くしかないでしょう。

さて、相手ですが、スワンS組みを持ってきました。後は、外国馬の力が分からないので
怖いので、べラックスも入れておきました。

前走ダイワは不利を受けたわけですが、それでも自分なりにはピークを過ぎたと
勝手に判断しましたので、今回は消しにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月12日 (月)

エリザベス女王杯収支結果

2007/11/11 京都11  エリザベス女王杯(G1) 芝22   収支結果

   く  も  よ 
1着- ◎ ▲  ⑦ダイワスカーレット 安藤勝
2着- △ ◎  ⑫フサイチパンドラ  クリストファー・ルメール

3着◎ ○ 注  ④スイープトウショウ 池添
4着▲ △ -  ⑬ディアデラノビア  武豊
5着- - -  ⑥アドマイヤキッス  岩田



くまちゃん
  (前ステージ 2位)
はずれ!  累計-30000円(第3位)

もっくん  (前ステージ 1位)
あたり!!  馬単:11.6×500円=5800円(+800円)
       累計-20570円(第2位)

よっちゃん  (前ステージ 3位)
あたり!!  
                
馬連:8.5×800円=6800円
 
        3連複:16.1×100円=1610円(+3410円)
       累計+3600円(第1位)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

主役が消えて・・・【エリザベス女王杯予想】

第32回 エリザベス女王杯(G1)予想【勝負対象レース】
◎7ダイワスカーレット
○4スイープトウショウ
▲8ディアチャンス
△6ローブデコルテ
△9アサヒライジング
△12フサイチパンドラ
△13ディアデラノビア

まさかのウオッカ出走取消。ひと叩きされ外回りに替われば・・・の思いだったろうから無念極まりない。かくいう自分もその考えだったので、当初のプランが大幅に崩された格好だ。

しかし僕の本命は最初からダイワスカーレット。先行してかつ33秒台の末脚を使えるのは脅威の他ならない。現に外回りの桜花賞でもウオッカを抑えている。巷で言われている外回り不安説は特にないのでは。イメージは2002年のファインモーション。彼女のように先行して押し切れる--差し馬有利のこのレースでもそれだけの芸当を持った馬だ。

ひと叩きされ順当に良化しているだろうスイープトウショウ、札幌記念4着で鞍上強化のディアチャンスが怖い。

【買い目】
馬連
7→4 2000
7→8 1000
7→5 500
7→9 500
7→12 500
7→13 500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天高く、人馬肥ゆる秋は過ぎて…~エリザベス女王杯予想

どうも、ESで「大学時代に熱中したこと」という欄があったら、一度は競馬を語りたいくまちゃんです。無理?

今週はエリザベス女王杯。GⅠ馬が6頭?いるように結構豪華メンバーに感じる。
牝馬限定GⅠもこれを残してあと2回。オークスは辛うじて的中したが、「逃げの馬券」で的中しては面白みは半減…どころではない。思えばあの時他の女に「浮気」してしまったのを後悔。
芯の通った人間でありたい。
それが苦手な事象相手ならなおさらである。今後の、例えば就活において、妥協する点が生まれてくるのは百も承知。…しかし、それは芯の通ったそれならば個人的に納得した状態で、前を向いて歩いていける。
わずか半年ほどの、人生の一大イベントにおこる様々な出来事に「妥協があってはならない」と指摘されたとしても、自分が「就活における達人」の足元にも及ばないことを自負している以上、上手いこと妥協することこそ理に適い、今後の長い「第二の人生」の下支えとなる能力を形成する。

そこで今週は、「競馬が今の自分を取り巻く社会の縮図ではないか」理論に基づき、週初「この馬だ」というファーストインプレッションでここまで「芯の通った」予想を貫き、「上手いこと妥協」しつつ前を向いていくスタイルで臨みたい。


2007/11/11 京都11  第32回エリザベス女王杯(GⅠ) 芝22   予想

秋である。
…いや、秋がもう過ぎ去り、冬の足音が聞こえてくるようだ。
少し前、某局のニュース番組の司会者が「今年は秋がなかったんじゃないか」という発言をしていたのを思い出した。
そんな馬鹿な。

…馬鹿と鋏は使いよう。
「馬肥ゆる秋」の文句を借りるなら、それに該当するのが「プラス18キロ」で10月下旬、札幌でダルビッシュ夫妻が頑張っているときに京都にて仕方ないから走っとくわで「事実上の追い切り」をした馬がいた。
いやよいやよも好きのうち。
追い切りでまるで走らない素振りをみせながら、それでも走るのが好きだから、走る。
さらに、目立ちたい。どうせなら、勝って目立ちたい。

女王復活のときだ。◎4スイープトウショウ
その「追い切り」レースの名を、スワンSといった。まさかこの馬がこの舞台でお披露目会をするとは思わなかった。…なんでも3歳1月以来の7Fだったという。
結果は0.4差の4着だが、これで評価を下げるほど浅はかなことはない。そもそもこの馬は同じ場所でも京都大賞典を叩き台にする予定だったのだ。…結果最終追い切りがまともにできなくて回避して7Fだけ「追い切り」することに決めたが、なんと4Fも違う。
京都という舞台は、この馬にとって庭。10戦6勝7連対の戦績が物語る。

女王復活のときは、(あまり当たらない)展開予想も助長する。
今回、何が何でもハナを主張したい馬は存在しない。…が、先行したい馬は結構いる。
「最強の3歳牝馬」の中でも「最強っぽい牝馬」の7ダイワスカーレットもその1頭である。
日曜付けの中京スポーツ紙面で、最近ノッている大スポの上田記者の記述に「前後5F差0.7の前傾ラップを刻んだ今年の秋華賞組は、エ女王杯でもストレートに能力を反映させることができる、と考えていい」という記述がある。…つまり、このレースで2→2→1で4角先頭押し切りで優勝したダイワSは強いという判断。
しかし、このレースは6F目が「13.6」という遅いラップだったのだ。つまり、あそこで一回息を入れれた。これこそ、鞍上・アンカツの成した、「20を1F減らす」戦法。
…もう、何べんも何遍も当Blog上で述べているが、この馬はSペースに強くて、しかも走るレース走るレースがことごとくSペース気味なのである。
たしかに前走の走りから、前傾ラップになっても勝てるのを証明した形なのだから強いのかもしれない。
しかし、今回ばかりは勝手が違う。…はず。番手で競馬する古馬が多数いて、道中この馬の望むべき「一旦緩む」ラップがあるとはなかなか感じにくい。
すなわちこのレースは道中ほとんど緩むことのない、淀みないラップになるんじゃないかというのが当方の判断。
まして、ダイワSにとって未知の「さらに1F延長」だ。今までのように「全然とまる気配なし」の再現は考えにくい。

少し前説が長くなったが、要は「ダイワSはいらない」「追い込み馬有利だ」ということ。

すると「最強の3歳牝馬」且つ「ダービー馬」のウオッカに白羽の矢が立つのかもしれないが、所詮人間、欲の塊である。「配当」に「妥協」して、同じほどの魅力とならば女王復活のときを願おう。
その3ウオッカ。前走ではライバルに位置取り(あの展開で4角12番手では)+休み明けで負けたので、今回は気持ち少し前で競馬する気がする。
そうなると、この馬には少し忙しい。終い思ったよりも伸びない可能性もなくはない。
それに、ちょっと使いすぎである。早熟と見込んでのオーナーの思惑が見え隠れするが、年明けチューリップ賞の前にムダにレースを使ったり、ダービー勝利で宝塚まで挑戦。凱旋門まで挑戦しようとしていたのだ。

復活のシナリオは調った。
この馬の勝利のシナリオに便乗できそうな馬2頭は、◎が往年の勢いが衰えてきたのなら…との前提で、「思ったよりも伸びてきた」のを期待したい穴目の牝馬だ。


◎ 4スイープトウショウ

▲ 8ディアチャンス
▲ 13ディアデラノビア

いい加減当てたいのが本音。
日曜は1日市の図書館で勉強するので、もうPB(プライベート馬券)は購入済。
意中の対象物が、いればよい。ただただ、先頭で駆け抜けることを信じて―。
買い目
・単勝 ④4000円
     ⑧500円  ⑬500円
合計5000円

| | コメント (0) | トラックバック (3)

エリザベス女王杯予想

2007年11月11日(日)15:40発走
第32回エリザベス女王杯(GI)
芝・右・外 2200m サラ系3歳上 オープン (国際) 牝 (指定) 定量

明日が早いので、印だけ。

◎フサイチパンドラ
○ウォッカ
▲ダイワスカーレット
注スイープトウショウ
△ディアチャンス
△アサヒライジング
△ローブデコルテ

三連複
◎軸相手 ○~△ 各100円 1500円
馬連
◎○ 1000円 ◎▲ 800円 ◎注 500円 
ワイド
◎△ 各400円
計5000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

アルゼンチン共和国杯回顧

スタートでカゼノコウテイが先頭に立つと、一頭だけ大きく離しながら、
後ろには、トレオウオブキング、アドマイヤジュピタという形でそのあとに
ハイヤーゲーム、トウカイトリックが先行集団に続きそのまま最後の直線までもつれました。
最後はアドマイヤジュピタが早めにかわしてそのまま後続に詰め寄られることなく
ゴールすることとなりました。その後に内から抜けてきたトウカイトリックが続いてゴール

まさかと思いましたが、アドマイヤジュピタは連続勝ちを果たしてしまいましたね。
自分にとって期待通りの走りをしてくれました。25の距離も問題なさそうですね。
これからの走りにも期待が持てます!

2着になったトウカイトリックですが、調子が悪いと聞いていたのですが
どうやら、調整でちゃんと持ってこさせたようですね。
昨年と同様にステイヤーズSに登録するようであれば、注意しないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月 4日 (日)

アルゼンチン共和国杯収支結果

2007/11/4 東京11  第45回アルゼンチン共和国杯(G2) 芝25   収支結果

   く  も  よ 
1着△ △ ◎  ⑨アドマイヤジュピタ 村田
2着- - -  ④トウカイトリック   柴田善

3着△ △ -  ①リキアイサイエンス 後藤
4着△ ◎ ▲  ⑦ダンスジョイ     角田
5着- △ -  ⑤ヤマニンアラバスタ 小野

くまちゃん  (前ステージ 2位)
はずれ!  累計-25000円(第3位)

もっくん  (前ステージ 1位)
はずれ!   累計-21370円(第2位)

よっちゃん  (前ステージ 3位)
はずれ!  累計+190円(第1位)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女医【アルゼンチン共和国杯予想】

すいません印だけです↓

アルゼンチン共和国杯
◎ダンスアジョイ
△ネヴァブション
△ダークメッセージ
△マキハタサイボーグ
△ヤマニンアラバスタ
△リキアイサイレンス
△カゼノコウテイ
△アドマイヤジュピタ

買い目
三連複
◎ー△各200円×21点
馬単
◎→△(除くダークメッセージ)各100円
◎→ダークメッセージ200円

ここ数日はものすごけ時が過ぎるのが早かったです。編集作業以外何もしてません。昨日とかは徹夜明けで編集10時間労働。そろそろ時間外手当も欲しいです。でも一段落。いよいよ就活モードに入れそうです。福利厚生のいい会社探そ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性大統領誕生記念杯~アルゼンチン共和国杯予想

どうも、土曜日に職質(?)かけられたくまちゃんです。
この街も物騒になったなぁとか思ってたら、結局夜だったので「自転車電気つけてね」との事でした(苦笑)。「お仕事頑張って下さい」とか、ウザいコメント放って去りました(笑)。

っていうか…やりましたね!!

組曲『ニコニコ動画』が3日に200万再生突破!!
199万くらいでボクも参加してました☆

…じゃなくて…

Image031
中日ドラゴンズ、53年ぶり2度目の日本一!!

観戦に行けたのが幸せでしかたありません。この日は声が枯れるくらいまで応援しました。ホントに「酔いしれ」ました。
今年もたくさんの思い出をありがとう☆

なんといっても、21世紀でもっとも日本シリーズに出場している球団ですからね。なんか福留は去ってしまうムードですが、黄金期なのであまり危惧はしてません。
アジアシリーズは、気楽に戦ってきてください☆
本当は東京ドーム行くつもりだったんですが、よっちゃんと同じでお金がない(っていうか、2ヶ月バイトしてないボクのほうが無いです…)ので自重します。


さてさて。今週は2重賞ですが、アルゼンチン共和国杯を勝負対象レースにします。
…ところで先週の天皇賞(秋)は、個人的に最悪だったレース。東京芝20でGⅠがあること自体、JRAは再考すべきではないかと思います。あんなの、公平じゃない。
そんな「醜い」内容にはならないことを期待します。

いつもなら月曜日にGallop買って早速予想…なんですが、御覧の通り南山大学は全日本大学競馬リーグ、セカンドステージで敗退してしまった(8位)んで、今週から予想送れなくなってしまって…。
いやぁ、よっちゃんには引っ張れなくてゴメンなさいと言いたいですね。変に形式ぶっちゃって、なんかいろいろ堅かったです。
でも、貴重な経験をさせていただきました。スポニチさんには、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。


気を取り直して、早速予想にいきましょう。


2007/11/4 東京11  第45回アルゼンチン共和国杯(GⅡ) 芝25  予想

◎ 3ネヴァブション
△ ①⑥⑦⑧⑨⑪⑫⑬⑯⑱

買い目
・三連複 軸③相手①⑥⑦⑧⑨⑪⑫⑬⑯⑱ 各100円 計4500円
・単勝 ③  500円
総合計5000円


勉強&ニコニコ見すぎで疲れてしまったので簡潔に。
◎3ネヴァブションは揺るぎない。この馬が2番人気(起筆時点)であるなんて、舐められている。
いつだったか、もっくんと話したとき、彼に「天皇賞勝っちゃうんじゃないか」と言わしめた逸材。派手さはないが、あっさり勝ってしまう逸材だった。
追えないことで知られる主戦・北村宏だが、この「お手馬」こそGⅠに最も近いんじゃないかとさえ思ってしまう。

その天皇賞(春)は大敗したが、骨折の影響が多分に影響したのだろう。例外としたい。
5ヶ月の休み明け後、前走オールカマーで叩いたのでその上積みが見込める。
そもそもオールカマーは少し距離が短く、ベストパフォーマンスを発揮できるのは日経賞のような25。

少しハンデがキツイが、それを割引きしても軸に推せる馬。
展開的に考えても、今回ハナを競う馬不在なので、たとえ長い直線でも終い勝負では届かないはず。差し馬が有利な舞台だが、あまり極端な位置取りでは苦しいと判断。その点、そんなことはないであろうこの馬には期待したい。

他はどの馬も一長一短で混戦模様。単でも十分いけるはずだ。
人気の9アドマイヤジュピタ。24以上を走ったことのない馬であり、これが「素質」やら「先物買い」で1番人気なら、あくまで抑えに留めておこう。
ヒモ荒れに期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月 3日 (土)

暇です。でもお金はない。アルゼンチン共和国杯予想

どうも今週は、南山大学の本校が学園祭ということもあり、分校のほうも準備等の
関係で休みになって、めっちゃ暇になってしまったよっちゃんです。どこかいこうにもお金はないし。
ってことで今週は、なんとなくやる気がない(笑)ので、前置きはさっさと終わらせて、予想に入ります。

2007年11月4日(日)15:35発走
第45回アルゼンチン共和国杯(GII)
芝・左 2500m サラ系3歳上 オープン ハンデ

◎  9アドマイヤジュピタ
○  6ハイアーゲーム
▲  7ダンスアジョイ
注16トウショウナイト
△10コスモプロデュース
△12ゴーウィズウィンド
△13ダークメッセージ

【買い目】
三連複
◎軸 相手 ○~△ 各200円 3000円
馬連
◎○ 800円 ◎▲ 700円 ◎注 500円

5000円

今回人気馬の殆どは後ろから行く馬が多い。
そこで、前から行くアドマイヤジュピタを選んだ。この馬はもともと3歳
時にクラシックを目指していたこともあり、実力はあっただろう。だが骨折で長期
休養を余儀なくされていた。しかし、復帰後も、順調に勝ち進んでおり、
本来の実力が発揮されていると言えると思う。
騎手に少し不安が残る部分はあるのだが、やってくれると信じて軸で勝負します!

穴として、いいかなって思ったのは、ゴーウィズウィンドでしょうか。
まぁ、長距離が得意な、横山ノリってのと、人気薄、先行できる、って理由だけですけど。

まぁ、そんなところっすね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »