« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月24日 (日)

宝塚記念の収支結果

第48回 宝塚記念(G1)結果
   く も よ オ
1着 注 ▲ ○ ○ 6アドマイヤムーン(3人、岩田)
2着 △ ○ 注 △ 17メイショウサムソン(2人、石橋)
3着 注 ◎ ▲ △ 5ポップロック(4人、武豊)
4着 △ △ - - 9アドマイヤフジ(13人、福永)
5着 - - - - 13ファストタテヤマ(16人、小牧)

単勝 6 670円 3番人気 馬連 6-17 1,460円 7番人気 馬単 6-17 3,180円 10番人気
複勝 6
17
5
190円
160円
190円
4番人気
1番人気
3番人気
ワイド 6-17
5-6
5-17
520円
510円
460円
5番人気
3番人気
2番人気
3連複 5-6-17 2,720円 7番人気
3連単 6-17-5 15,570円 36番人気
枠連 3-8 700円 2番人気

くまちゃん  (先週終了時-15000円)
ハズレ   -5000円   累計-20000円(第4位)

もっくん  (先週終了時-15000円)
アタリ!
馬連600円×14.6倍=8820円
三連複100円×27.2倍=2720円
   +6540円   累計-8460円(第2位)

オーラ  (先週終了時-15000円)
アタリ!
馬単300円×31.8倍=9540円
   +4540円   累計-10460円(第3位)

よっちゃん  (先週終了時+6870円)
アタリ!
馬連700円×14.6倍=10220円
   +5220円   累計+12090円(第1位)

宝塚記念は見事アドマイヤムーンが国内G1初制覇。当ブログもくまちゃんを除き全員的中で累計金額を増やしました!
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「持続力」は大切ですよね【宝塚記念予想】

どうも、もっくんっす。今日の宝塚記念は是非見に行きたかったのですが、所用によりやむなく断念しました…

それだけ今回は「春のグランプリ」に相応しいメンバー。そしてレベルが高い中での「大混戦」と言えるだろう。

さて、その中でポイントはやはり距離。2200mが特殊な距離であるということは1月のAJCCでのエントリでも書いたとおり。そこから引用すれば「持続的な脚を使えるか」がこの距離のキーポイントとなる。今日のレースでは、くまちゃんイチオシのアドマイヤメインが大逃げ宣言をしていることから、ある程度緩みのないペースで推移することが予想される。そうなれば瞬発力では持続力が要求される。さらに言えば、今開催の阪神芝もそのような傾向が求められており、土曜メインのグリーンSでは瞬発力向きのSS産駒(フサイチジャンク·キョウワスプレンダ)がこけ、持続力向きのエルコンドルパサーとダンスインザダークの両産駒が実質的に1·2着したことがその象徴だ。

となるとダービーで究極の上がりを披露した2ウオッカが怪しくなってくる。今年のダービーは珍しく瞬発力勝負てなり牝馬の同馬が台頭できたが、宝塚記念で求められる適正とは異なる。ここはあえての無印、今流行り(?)の「キルトクール」に指名だ。

本命はウオッカと同じ角居厩舎の5ポップロック。2月の京都記念はアドマイヤムーンに先着を許したが、本当の持続力勝負になればこの馬が上。また道悪になるのももってこいだ。前走は3歳ココナッツパンチに迫られたが、これは2500では珍しく瞬発力が要求されたため。苦手なフィールドでも勝てたように、自力強化は明白だ。もともと宝塚記念は「初G1制覇」となることが多いレース。ならば同馬にもチャンスありだ。

17メイショウサムソンも持続力タイプの馬。今回はポップロックとの枠·臨戦過程の比較で評価を落としたが、優勝候補の一角であることに違いはない。

三番手はアドマイヤムーン。世界第四位の実力を評価したい。

7カワカミプリンセス。調整に失敗したヴィクトリアマイルは不向きの瞬発力勝負が問われただけに大敗は度外視可能だ。ただ適正的には好転するが、馬の「気持ち」の面が戻っているかが不安だ。

宝塚記念予想【勝負対象レース】
◎ポップロック
○メイショウサムソン
▲アドマイヤムーン
△カワカミプリンセス
△アドマイヤメイン
△アドマイヤフジ
馬連
◎ー○1500円
◎ー▲1000円
◎ー△各500円×3点
○ー▲600円
三連複
軸◎○ー▲△△△各100円×4点

| | コメント (0) | トラックバック (3)

自己PRが仁川に、こだまする♪~宝塚記念予想

どうも。なぜか都会なバイト先に田舎な同じ高校出身者が他に2人いる(男女)ので、今更懐かしトークなくまちゃんです。

さて。
今週の勝負対象レースは宝塚記念。一部メディアでは「過去最高のメンバー」とされる18頭の精鋭軍は、まさに「豪華絢爛」。スイープトウショウの回避があっても、なんとGⅠ馬が7頭ということで、これは自然と力が入るのであります。

昨年は阪神の改修工事のために京都で施行されたのだが、あれは怪物→道悪馬場得意2頭で決着。怪物に天候という細やかな介入余地の接触はなかったとして、まぁこの時期では道悪馬場も考慮する必要があるなぁと認識したレースだった。
去年のこの時期がどうだったかは記憶にないが、やけに時計が速い現状。これも考慮するファクターであろう。豪華絢爛ではあるが、実際に券売機に紙幣を吸い込ませる側としてはなんとも難解なレースであり単に「楽しみ」とはいえないのだ。非常に悩む。

また、今年の宝塚記念のフルゲートというのは実はレース史上初ということ。また、各馬のローテをみてみると多種多様である。近5走で海外レースに出走した馬が6頭もいることに、まずは驚いた。まぁこれが近代日本競馬のベクトルの発着点といえるのかもしれないが、当然海外レース参戦には力が入るはずである。
「その締めくくり」的なレース。過去の実績に惹かれたファンの投票でメンバーが選出されるレース、だ。すなわち「案外」な馬が現れてもなんの不思議もない。だってそうだろう、前述のように7頭もいるGⅠが、仮に7頭決着しても「7着」の馬も出てくるのだから…。

そこで、毎回そうかもしれないが夢を買う。夢の結晶とでも表現できる当レースに夢を見るのは理に適っている。




2007/6/24  阪神11  第48回宝塚記念(GⅠ) 芝22   予想


燦然と輝く「BL」表示

さて。
前回の収支エントリで終いにちょろっと「初めてあの馬に◎」としていたが、その後考えて撤回した。
それでも重い印だが、もっと買いたい馬がでてきたのだ。

今回、前~好位で競馬したいクチな馬が非常に多い。…が、それでもハナを奪うのは10アドマイヤメインだろう。前走は休み明け、トビが大きいこの馬には苦手な舞台ということもあり惨敗したが、ヴィクトリー@ダービーと同様、番手でもダメ。自己PRでハナを奪っての逃走で実力が発揮される。そもそも金鯱賞時、レース後すぐに息が入っていたようだ。
陣営の発言内容から、逃げ~大逃げの作戦。少々のペースで飛ばしていってもバテないのがこの馬の強み(例えば昨年秋の菊花賞)なので、それは得策といえる。気持ちが入っていない部分もあるが、少しでも効果があればということでブリンカー装着だ。
今回の鞍上は川田。積極的な競馬が持ち味ではないか。陣営の意気込みが感じられる。
今回「アドマイヤ」勢は3頭出し。好位競馬のAフジよりは、後方からの終いで切れを発揮さきるAムーンお誂え向きな展開にするためにも、ここは馬の気持ちさえ入っていれば単騎逃げは間違いない。
水曜の最終追い切り。当馬の内容がなんと某スポーツ紙の評価が18頭で唯一の「5」であったのだが、実は復調ムードが漂った内容。テンから暴走気味に飛ばし、ラスト1Fは流石に脚が上がったものの13.3なら悪くは無い。時計よりも評価できる「テンから暴走気味」。そう、実力は世代随一と個人的に思っているこの馬にとってあとは精神的な面。前走で叩いて、有力馬とは違って仕上げを完全にここにもっていけるのは強みだろう。
人気もマークもない今回。単騎逃げで、しかも相当離したら面白い。このような場合、実質ペースを形成するのは2番手集団であるのいうが盲点だ。
そう、今回、その番手集団に有力馬(または前で競馬したいクチ)が多数いるのだ。…ということは、この辺の馬には底力が要求される。これなら実質はMペースか。
また、これらの馬が牽制し合ってそこまで流れが激化しない可能性もある。これならSペースか。そのまま単騎でAメインが逃げ、さぁ直線。とても終い勝負で決するとは思えない阪神内回り。Aメインが最後差される想定もあるが、残り目はある。

アドマイヤ3頭出しで、当然人気・実力は6Aムーンの勲章。前述のようにその馬にお誂え向きな流れになり、切れ味で突っ込んでくる可能性がある。ちょっとこの馬について考察してみようか。
昨年末の香港で惜しい競馬をし、2ヶ月の休み明けに京都記念でやや重馬場なのにトップハンデ59キロなのに勝利し、その後は再度遠征…。ドバイで勝利し、前走もほとんど差が無かった。
以前指摘されていたような「ヨレ」ることはなくなり、馬体は充実の一途だ。
…が、そういった激戦を戦ってきた馬に、疲労があってもおかしくは無い。最終追い切りで陣営は若干時計が速くなったとコメントしたのも少し不安である。
また、鞍上岩田は前走武が海外GⅠで位置取りの差で敗れたのを考慮し、「なんのために乗り替えたんだ」と言われないためにも多少前で競馬する可能性がある。そう、あの厳しい先行~好位集団で、だ。
その岩田、今年GⅠ未連対というのも気になるところである。
すなわち、個人的にはメイン>ムーンの図式である。

さてさて。
展開的には淀みない流れであるのは容易に想定できるわけで、さすがに2ウオッカは厳しい。
ダービー馬だが、あのときも15アサクサキングスが形成したSペースである。阪神JF時にはMペースを経験したが、終いの切れに秀でていて、馬体的にパワータイプなので最後の阪神坂であの末脚を魅せたのであろう。Sペースでも、徹底マークされた桜花賞ではよりSペースに強い(アンカツさんの位置取りの良さもある)ダイワSに敗れた。ダービーを勝った以上、オッズ的にも今回は「主役」。マークされる側である。
今回初の古馬との対戦で、以前のように楽な流れにはなるまい。斤量差が、仮に馬場悪化ならより活きてくるわけで押える必要があるが、個人的には切ってもいい。
今回の出走は明らかにオーナーの賞金狙い。本来のローテではなかったはずだ。

その展開面で、浮上してくるのはむしろ牝馬でも7カワカミプリンセス。少し前まではウオッカ嬢よりも先に「女ディープ」の肩書きを頂いた馬であるが、今のところ6番人気に甘んじている。実は、この馬が木曜日まで本命であった
「大スポ」上田さんが述べているように、カワカミはこれまで速いペースで力でねじ伏せてきたタイプであり、今回の流れは好都合である。
前走時よりも明らかに良化が見込める今回。前走はマイルという当馬には適さない距離であったとすると、他馬が困惑する非根幹距離である今回、更に淀みないペースで競馬できるはずの当馬の浮上は必至だ。幸四郎は今回気楽な立場で望めるだろう。

底力が求められる今回のレース、当然それに秀でた17メイショウサムソンは外せない。
…ただ、厩舎移転後の2レースは「負けるわけにはいかない」という意気込みから渾身の仕上げ。前走は3200の舞台下ディープのようなロングスパートで、さすがにその影響はあったようだ。
今回は絶好の舞台で、パワータイプの当馬には馬場悪化もプラス。坂路2本目が実質的な最終追い切りであったということで、普段のDWでのしっかりした追い切りとは違うということでそこに不安を感じる人が多い(軽い?)らしいが、1週前にDWコースで1番時計を出しているようでそれは問題ないだろう。
今回先行馬には辛い17番枠ということで印を下げたが、レース前に馬場が渋れば個人的評価は上げたい。

底力といったら、5ポップロックも同様だ。
前走は海外明け、体重が落ちていたし落ち着きがなかったもののトップハンデで勝利。そこからコンマ5キロ減る今回も好勝負は必至だろう。鞍上も隣りの枠の人馬には因縁がああり、なんとかしたいという想いはあるはず。その鞍上、以前は不調だったが最近は復活の兆し。有馬で今回出走メンバーで最先着なのに5人気はおいしい。
最近の馬場の特徴である「高速化」にはこの馬は適さないということで評価を下げたが、やはりこの馬も馬場悪化のケースは歓迎のクチ。角居厩舎で勝つならこっちだと思う。

あと、忘れてはならないのが8インティライミ。前走は前が塞がったのにもかかわらず、主戦に戻ってメンコをつけて復調の兆し。「やっとダービーで2着した当時の状態に戻ったな」(佐々木晶師)が心強い。雨が降ればなおさら浮上。全然人気しない今回が狙い目だ。

混戦模様なので幅広く。
1F微妙も、ノリさんの脚の使い処で1スウィフトカレント。前走が復調気配、ベストの舞台で叩き2戦目でもっとよくなりそうな9アドマイヤフジ。万が一大幅に馬場悪化ならマークが必要な14シャドウゲイトまでいきたい。

キルトクール11ダイワメジャー。あくまで目標は安田記念であり、流れが激化するこの強力なメンバーでは持ち前の先行押し切りも発揮されづらいはず。やはり距離が長い。

 

◎ 10アドマイヤメイン
○ 7カワカミプリンセス
▲ 8インティライミ
注 5ポップロック
注 6アドマイヤムーン
△ 1スウィフトカレント
△ 2ウオッカ
△ 9アドマイヤフジ
△ 14シャドウゲイト
△ 17メイショウサムソン

買い目
・三連複  軸⑩ 相手①②⑤⑥⑦⑧⑨⑭⑰   36点各100円
・馬連
⑩⑦ 300円
⑩⑧ 300円
⑩⑤ 200円
⑩⑥ 200円
⑦⑧ 200円
⑦⑤ 100円
⑦⑥ 100円   計1400円
総合計5000円

こんな感じにします。
大学競馬リーグの予想はコチラ 。今週はよっちゃんがメインです。

楽しみになってきました♪それでは☆

| | コメント (3) | トラックバック (2)

歴史は再び塗り変えられる、宝塚記念予想

◎②ウォッカ
○⑥アドマイヤムーン
▲⑤ポップロック
注⑰メイショウサムソン
△⑪ダイワメジャー
×①スウィフトカレント
×⑱ローエングリン
×⑩アドマイヤメイン

買い目
馬連
◎○ 1000円、 ◎▲ 800円、 ◎注 600円、 ◎△ 400円   2800
○▲ 700円、 ○注 600円、 ○△ 400円、 ▲注 200円   1900

◎→× 各100円 300円

計 5000円

本当に今回、ドリームメンバーな宝塚記念になりましたね。
G1馬が7頭とはすごい限りです。
さて、自分は◎にウォッカを指名したわけですが、正直自信はありません。
ダービー馬は、宝塚ではいい成績は残していませんが、今年はなんと言っても牝馬ダービー馬
例年とはワケが違います。ダービー馬の51キロなんてね。
そして、凱旋門賞に出るからにはここで負けてるわけにはいきませんよね。

今年の目黒を見る限りで斤量の差があったとはいえポップロック相手にココナッツパンチはハナ差までつめよった。
今年の3歳牡馬が弱いわけではない。だとするとウォッカでも古馬相手に十分通用すると考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月23日 (土)

PCがないと・・・

ネット環境が整ってない田舎に帰りますので、買い目でけでも更新しておきます。

2007年6月24日(日)15:40発走
第48回宝塚記念(GI)
芝・右 2200m サラ系3歳上 オープン (国際)(指定) 定量

◎ウォッカ
○アドマイヤムーン
▲アドマイヤメイン
△ダイワメジャー
△メイショウサムソン
△ポップロック
☆シャドウゲイト

買い目
ワイド
◎―○ 2000円
▲―△ 各200円 計600円

馬単
◎→各△ 各300円 計900円
○→各△ 各300円 計900円

複勝
シャドウゲイト 600円



| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月21日 (木)

6月17日の収支対決結果

2007/6/17  阪神11  第12回マーメイドステークス(GⅢ) 芝20  良   結果

    く  も  オ よ
1着 △ △ △ ○ 7ディアチャンス  53 武豊
2着 △ ▲ - - 9サンレイジャスパー  54 佐藤哲
3着 △ - - - 4ソリッドプラチナム  53 小牧
4着 ▲ ◎ ◎ △ 1シェルズレイ  54 岩田
5着 ◎ △ - △ 3スプリングドリュー  55 柴山




くまちゃん  (先週終了時-10000円)
ハズレ   -5000円   累計-15000円(第2位)

もっくん  (先週終了時-10000円)
ハズレ   -5000円   累計-15000円(第2位)

オーラ  (先週終了時-10000円)
ハズレ   -5000円   累計-15000円(第2位)

よっちゃん  (先週終了時+11870円)
ハズレ   -5000円   累計+6870円(第1位)


毎度お馴染み、講義中に投稿しますくまちゃんです(笑)。

◎3スプリングドリュー…。上がり3F34.7ですか。コンマ2秒勝ち馬に劣ったんですが、個人的には柴山さんの追い出しが少し早かったかと…。4角8番手ということで、ダメ騎乗だった▲1シェルズレイ@岩田に惑わされた??
…まぁでも、上がり最速でもどうでしたかね。位置取り次第で3着ならあったかもしれません。鞍上の差でしょう。

今週は宝塚記念!ボクは初めてあの馬を◎にしようと思います☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月17日 (日)

人魚にはレイが似合うでしょう【マーメイドS予想】

どうも、先週の収支結果の欄で「3場のメインレースも勝負対象レースにしないか」と提案しときながら、結局はいつも通り重賞を勝負対象レースとしちゃってるもっくんですw・・・自分でいっときながらなんですが、やっぱローカルのハンデ条件戦とか難しすぎますよね。ということでマーメイドSの予想です。

第12回 マーメイドS(G3)予想【勝負対象レース】
◎1シェルズレイ
○5ミスベロニカ
▲9サンレイジャスパー
△3スプリングドリュー
△7ディアチャンス
△10コスモプラチナ
△11コスモマーベラス

週初めの想定表を見た段階では「ミスベロニカが(人気もなく)面白そうだな~」と感じてた。ただ週の半ば、当ブログでもおなじみスズキ氏と話した際も彼が特注馬として同馬を挙げていた。そして現時点でのオッズは6.1倍で4番人気。やはり「妙な穴人気」になってしまった。これまでのレース振りや、血統構成を考えると面白い存在だとは思うが、鞍上(荻野はここまで3勝のみ)や人気を差し引いて対抗とする。

本命は休養明け1シェルズレイ。前走のエリザベス女王杯は「暴走」してしまったように気性面に難しいところを残す馬だ。ただしこれまでの戦績を振り返ると、使い込むと良くない馬なので、かえってこの臨戦過程はいいはずだ。

穴でくまちゃんイチオシの3スプリングドリュー

(買い目)
馬連
1-5 1500円
1-9 1000円
1-3 300円
1-7 300円
1-10 300円
1-11 300円 
5-9 300円

ワイドBOX
3,5,7,10,11 各100円×10点
計5000円

☆おまけ - 他レース予想☆
阪神9R 和田岬特別(若干穴狙い)
◎6ライブリシュロム
○10パーフェクトジョイ
▲4マチカネタマカズラ
△5スーサンライダー
△12ティアラプリンセス
△13クラクエンスキー
☆3サクラタキオン
前走500万を勝って実質降級戦となる6ライブリシュロムがなぜか人気ないので本命。10パーフェクトジョイは坂のあるコースが若干不安なので。大穴は3サクラタキオン。アグネスタキオン×サクラユタカオーで近親サクラローレルなら芝でこその血統。

阪神10R 出石特別(頭堅いかな?)
◎8スリープレスナイト
○16アグネストラベル
▲12ピサノアルハンブラ
△1ミスターモナルコス
△2セトノヒット
△10タイセイアトム
△11アグネスハッピー
3歳昇級初戦でも8スリープレスナイトを本命。相手は人気の16アグネストラベルに12ピサノアルハンブラの降級組。穴は内枠の2頭。

福島10R 横手特別
◎15フサイチギガダイヤ
○6ユースフルデイズ
▲7フサイチウィード
△2ウエスタンマックス
△3チョウカイキセキ
△9フォーミュラーワン
人気でも15フサイチギガダイヤの能力は抜けている。ただしこの系統特有のポカの可能性も否定できないのが怖いところだが。

福島11R バーデンバーデンC
◎5シルヴァーゼット
○1マルターズホビー
▲2クーヴェルチュール
△3トーセンザオー
△4ヒューマ
△11ツルガオカハヤテ
1200では安定している5シルヴァーゼット。前走のように出遅れなければ問題ないだろう。ただ詰めが甘い点が不安といえば不安。対抗の1マルターズホビーからも少し買いたい。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

土竜~マーメイドステークス予想

どうも。
土曜日、予定ではバイトは夕方までだったんですが、「夜(17~22時。休憩・間食あり)できない?時給2000円にするから」と店長からのささやきがあり、「他の人には内緒ね」…と、5000円札をその場で店長に貰ったため、それをまんま馬券に使おうと考えている20歳、くまちゃんです。
…これからもこの作戦使ってみようかな(笑)。

さて。
今週は昨年よりハンデ戦となった牝馬限定の「マーメイドステークス」を。
もっくんが提案していたように、例えば福島メインの「バーデンバーデンC」とかも候補でしたが、明日3場メイン全てハンデ戦てw。しかも福島・函館なんかとても自信がない。
…ってわけで、無難に阪神メインで勝負します。

昨年の当レースは阪神競馬場の馬場改修工事のために京都で施行され、昨年よりハンデ戦となってその恩恵を受けた格好となった馬たちが馬券圏内に入った。
…そうそう、昨年の当レース、こちらのエントリ での○→◎→無印という着順で、恥ずかしくて直視できない買い目でハズレたという嫌な思い出があったなぁ。
…まぁ今年は出走2頭減るからなんとか(笑)。




2007/6/17  阪神11  第12回マーメイドステークス(GⅢ) 芝20   予想

◎ 3スプリングドリュー
○ 11コスモマーベラス
▲ 1シェルズレイ
注 5ミスベロニカ
△ 4ソリッドプラチナム
△ 9サンレイジャスパー
△ 7ディアチャンス

買い目
・三連複
◎ー○ー△△△  各600円   計1800円
◎ー▲ー△△△  各500円   計1500円
◎ー注ー△△△  各300円   計900円
・馬連
○▲ 300円
○注 200円
○△ 各100円
総合計5000円


彼女が走り終えてからなのだ、夏の到来は

展開注目馬はやはり▲1シェルズレイだろう。
①骨折放牧明け(7ヶ月)という点を考慮し、また「ホライゾンネットを着けて、上手く馬の後ろで我慢されられれば」(松田国調教師)という発言、6ライラプスとの併せ馬で攻め駆けしないタイプとはいえ劣る内容(→そのライラプスとの2頭出し)…という様々なファクターをコンシダレイションすれば、流石にアグレッシブにはキャノットバイだろう(ルー大柴風)。
…しかし、開幕週で逃げ馬で1枠。さらに先ほど挙げた点があっても単騎逃げも可能な今回、案外あっさりいくことも考えられる。
彼女を逃げさせ、番手集団組を形成して先行抜け出しを図る…が、既に時遅し…こんな展開なら、牝馬一線級に混じって戦ってきた実力で前述の心配がいかに無用だったかが分かるだろう。鞍上の魅力も十分。

さて。
上の馬が逃げるとしても、下線部①からそこまで思い切ったレースはしてこないと踏む。
…すなわち、彼女の後につける番手集団、これらにまずは注目する必要がある。開幕週だし、先行勢の好位からの押し切り…これは十分に想定できる。
それはコスモ2頭である。
10コスモプラチナの場合、まずは51という軽ハンデ。前走で対戦した馬と2キロ差。
今回は2番手の可能性が高いと思うので、理想は2走前のレース。
…しかし、阪神坂がどうなんだろうか。先行勢有利なSペースでも勝てない、おあつらえ向きは平坦コースでのゆったり競馬ではないか。キルトクールに指名だ。
一方、○11コスモマーベラスはトップハンデでも買うしかない。
4ヶ月休み明けの2走前は熱発明けということで急ピッチに仕上げたが粘って4着。この馬にしては道中の位置取りは後方過ぎたのは、それを考慮していたのか?
…も、その反動がモロにでた前走ヴィクトリアマイル。あれは2走ボケと捉えていいだろう。
その点から今回は買いだが、やはり阪神坂。加えて距離がどうでるか。
軸には最適だが、人気を背負ったアンカツはあまり買いたくないし、やはりこのハンデ。◎には推せない。

要は、先行集団にもそこまで(個人的に思う)実力馬が今回の条件では不在という判断から、案外この辺は綺麗な縦長展開…というよりは団子状態になるのではという予想。
その中団に位置取りそうな馬で注目は2頭。
注5ミスベロニカはなんといっても軽ハンデ(48)。全日本大学競馬リーグ では◎に推したが、今思えばあれは若気の至りであった(笑)。
たしかに昨年は同じような状態であった4ソリッドが勝った(49キロ)。…しかし、前述の通り昨年は京都。相手がどの馬も弱点を抱える中での軽ハンデはたしかに魅力だが、今回の想定展開「ヨーイドン」での上がり勝負は不利なのは明確。
そもそも流石に重賞ならそこまでペースも緩くならないわけで、重賞でこの鞍上となると生まれてまだ3戦のこの馬の評価を下げざるを得ない。2走前のように出遅れたら致命傷となろう。
△7ディアチャンスは前走内容・鞍上で人気するだろうが、その前走が追い不足だったが激走し、その反動(=2走ボケ)の懸念がある。距離も少し長くないか?

ヨーイドン想定なら、当然◎は追い込み馬からだ。
◎3スプリングドリュー
彼女の名前の由来は存知ないが、「どりゅう(土竜)」は「(土上の竜の意で)きわめて優れた馬」という意味があるらしい。
すなわち「春の優れた馬」であり、今考えてみれば2走前の福島牝馬S(4月21日)の勝利は納得できる。
前走は大敗したが、あれは展開的に上位は不可能。…も、上がり33.6ならトップクラスだ。
2走前は展開のアヤに助けられたのもあるが、Sペースではないが今回ヨーイドンの想定通り…なら終い勝負なこの馬でもいける。福島18と舞台は近い。
同様直線坂のある中山で施行された6戦前に注目するとアタマ差ながら今回も人気サイドなKマーベラスに先着しているではないか。
唯一の不安は長距離輸送。それさえ克服できれば波乱の目に。3着でもいいですから(笑)。

そして追い込み馬2頭、昨年のワンツー馬を押さえに。
昨年よりも4キロ増の△4ソリッドプラチナムは前走では上がり33.5で◎よりもわずかだが上の脚を使った。道中18番手で、着順は度外視。ただ、如何せん直線坂でその末脚が発揮されない懸念で押さえまでに。
昨年よりも3キロ増の△9サンレイジャスパーは使われ過ぎで良化は?
一線級で戦ってきた実力は認めるし、夏女であるのも承知。…も、近走前走以外全て人気以下の着順で、少し過大評価では?坂も不安だし、上がり勝負になるようなら分が悪いタイプだと思う。ある程度厳しい流れで且つ道中極端な位置でないなら面白いが…。



以上です。
毎度ながら、もう明け方ですね。小鳥のさえずり♪が聞こえます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

今週はどんより、マーメイドステークス予想

今週は課題、ベースの練習と、面倒なことばかり、
木曜は大学に泊まってまで課題やってました(汗)
予想する時間なんてあったもんじゃないっす^^;

さて、先週は見事、◎○▲で 完全的中できたので大満足!
今まで完全的中なんて、リアルでもなかったので
喜びは一層です。ですが、リアルで買ってなかったので、残念。
買わないときのほうが当たったりするんだよなぁ。
とりあえず、今週もリアルでは買わない予定です。自信ないし^^;

では対象レースを

2007年6月17日(日)15:45発走
第12回マーメイドステークス(GIII)
芝・右 2000m サラ系3歳上 オープン (国際) 牝 (特指) ハンデ

◎⑤ミスベロニカ
○⑦ディアチャンス
△①シェルズレイ
△③スプリングドリュー
△⑧ライラプス
△⑪コスモマーベラス

馬連 ◎○ 1400円 ◎△ 各900円   計5000円

◎ミスベロニカは、なんと言っても48キロの斤量が魅力。過去にも馬券圏内に、
48~51の軽斤量が毎年入ってきている。
○△は人気どころが殆ど。今週は疲れて病んでいるので、自分のジンクスである
「落ち込んでいる日は当たる」の登場。きっと今日は外れます(ぇ?)
では~。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年6月16日 (土)

マーメイドS予想

【勝負対象レース】
2007年6月17日(日)15:45発走

第12回マーメイドステークス(GIII)
芝・右 2000m サラ系3歳上 オープン (国際) 牝 (特指) ハンデ

◎シェルズレイ
○ミスベロニカ
▲コスモプラチナ
△ディアチャンス

買い目
3連複
◎―○―総流し(10点) 各300円×10点=3000円
◎―▲―総流し(10点) 各100円×10点=1000円
◎―△―総流し(10点) 各100円×10点=1000円   計5000円


単勝オッズが見事にバラけたこのレース。本命にはシェルズレイで。内から果敢に逃げてもらえば理想の展開。ハンデ最軽量のミスベロニカを二番手評価。昨年は軽ハンデの馬が上位を独占しただけに侮れない存在。あとは総流しでカバー。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月10日 (日)

6月10日の収支結果

第43回 CBC賞(G3)結果
    
く も よ オ
1着---- 5ブラックバースピン(10人、四位洋文)
2着▲◎△△ 11ナカヤマパラダイス(7人、木幡初広)
3着注--- 6アグネスラズベリ(8人、角田晃一)
4着△○△△ 13ミスティックエイジ(3人、川原正一)
5着---- 18アルーリングボイス(12人、秋山真一郎)

第24回 エプソムC(G3)結果
   よ
1着◎ 2エイシンデピュティ(5人、田中勝春)
2着○ 17ブライトトゥモロー(2人、福永祐一)
3着▲ 14サイレントプライド(1人、後藤浩輝)
4着注 9ファイングレイン(9人、柴田善臣)
5着- 1トウショウカレッジ(11人、松田大作)

もっくん  (ファーストステージ第1位)
ハズレ   -5000円   累計-10000円(第2位)

よっちゃん  (ファーストステージ第2位)
ハズレ   900円×24.3倍=21870円 +16870円   累計+11870円(第1位)

くまちゃん  (ファーストステージ第3位)
ハズレ   -5000円   累計-10000円(第2位)

オーラ  (ファーストステージ第4位)
ハズレ   -5000円   累計-10000円(第2位)

セカンドステージ第二戦は唯一エプソムCを勝負レースに選択したよっちゃんが◎○▲で完全的中。見事馬連本線で当てて、一人抜け出しました。

一方CBC賞は大荒れ。私もっくんはナカヤマパラダイスを本命にできたのは我ながら見事だと思いますが、ヒモが抜け。ブラックバースピンは一瞬考えたんだけどなぁ・・・「悔しい」の一言です。

さて、来週からはいよいよ夏競馬。重賞も週に1クラになるケースが増えます。そこで提案なんですが、夏競馬の間は各場のメインレースを勝負対象レースにしませんか?それでも選ぶのは結局重賞になる可能性が高いとは思いますが・・・wどうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

雨馬場パラダイス【CBC賞予想】

どうも、はしかの影響で自宅待機を命じられながら、大学のパソコンルームから更新しちゃっている立命館のイケナイ子、もっくんです。
自宅待機って言われても、自分自身全然健康だし、なんだかんだで大学に行かなきゃならんことが多いのでしょうがない!と自分自身を無理やり納得させてます。でも授業は指示に従って休んでいますけどねw

今週の投稿が遅れてしまって申し訳ないです。

第43回 CBC賞(G3) 【勝負対象レース】
◎11ナカヤマパラダイス
○13ミスティックエイジ
▲9ペールギュント
△2アドマイヤホクト
△4フサイチリシャール
△17タガノバスティーユ
☆14リキアイタイカン

時間がないのであっさりと。
土曜からの雨でパワーが要求される馬場。ならばダートでも実績のある11ナカヤマパラダイスでいいはず。同様の観点から母系にダート血統(ダマスカス)の血を持つ13ミスティックエイジも侮れない。両馬とも二桁枠順というのもよいはずだ。大穴で9歳14リキアイタイカン

(買い目)
馬連
11-13 1500円
9-11 800円
2-11 500円
4-11 300円
11-17 300円
11-14 100円
三連複
軸11-2,4,9,13、14,17
各100円×15点=1500円

| | コメント (0) | トラックバック (2)

僕らのCBC~CBC賞予想

どうも、ついにはしか感染者が我が大学キャンパス内(自分の所属サークル。…て、ほとんど行ってないけどw)でも出て、立命館さんのように休講になるのかなぁ…と楽しみなのか憂鬱なのか相変わらずよく分からないくまちゃんです。
でも1~2週間後に発病するんでしたっけ?今月下旬あたり危ないかもね。

さて。
収支結果エントリで述べましたように今週はしっかり競馬しようと思ってたんですが、予想する時間が全然なかったしお疲れモードなので今週も軽めにしようと思います。

今週の勝負対象レースは「CBC賞」にします。
「CBC」とは昭和25年に設立された日本最古(だったはず)の民放放送会社で、系列は関東ではTBS、関西では毎日放送(かな?)。
特にラジオが優秀で、基本的にボクはラジオはCBCさんしか聴かないです。
やはりドラゴンズ報道に関しては東海テレビ放送と並んで力が入っていますね。
昨年秋、うちのバイト先にCBC製作の「なつめぐ堂 」という番組が来ましたし、あの芸人「ワッキー」もCBC製作の「ノブナガ 」という番組の某企画がきっかけで売れっ子になったといっても過言ではありません。
とにかく、愛着があるテレビ局。
地元愛知県民であるボクには、こちらを予想するしか!




2007/6/10  中京11  第43回CBC賞(GⅢ) 芝12   予想(悪馬場想定)

◎ 4フサイチリシャール
○ 9ペールギュント
▲ 11ナカヤマパラダイス
注 6アグネスラズベリ
△ 1マイネルアルビオン
△ 3スピニングノアール
△ 2アドマイヤホクト
△ 13ミスティックエイジ

買い目
・三連複  軸④ 相手以下7点   各200円21点=4200円
・馬連  ⑨⑪…500円  ⑨⑥…300円
総合計5000円


とりあえず重馬場想定で望みたい。
流石に小回り芝12では後方一気には期待できない。そういうタイプで唯一買う(押さえ)のは△3スピニングノアールだ。
重い馬場はあきらかに不利だが、それでも前走が勝ち負けだけじゃない何かを教えてくれたレースだった。その「何か」とは、前が塞がりしっかり追えなかったが2着だったというもの。外に持ち出してのあの内容、おもんぱかれば「中京12」というのは絶好舞台なのだろう。三連複では押さえておきたいところ。馬場回復ならプライベート馬券はガッツリ買いたい。

展開を考えれば(なかなか当たらないがw)、あまり前で競馬したい馬がいない印象。特に逃げ馬なんて▲11ナカヤマパラダイスくらい?
中京未経験だが、別にそんな中京巧者が揃ったわけでもないので。終始1番手も十分考えられるこの馬、以前の戦績をザッとみてもほとんど1番手、しかもHペースを形成。その上ここ6走全て馬券に絡んでいる。先週の安田記念のコンゴウ君を彷彿とさせるレース内容だ。
ここは単騎逃げもできるかもしれない面子。当然前残りは考慮する必要がある。前走快勝も思ったよりもマークされなさそうなのもよい。

この馬場想定、並びに先行馬に厳しい流れにならなさそうなら当然買いたいのは前~好位差しの馬。
それなら◎4フサイチリシャールでいきたい。
海外明けの前走は参考外にして、やはり昨冬の阪神C勝ち馬、GⅠ馬という実力は証明済み。ダート芝問わない。
初の12だけに速い時計だとクエスチョンだが、今回ブリンカー装着でスピードタイプなだけに鞍上が思い切れば先行押し切りの公算大と当方は読む。
幸い、前述の通りそこまで速い流れにはならない想定なので対応可のはず。
上がり勝負では分が悪いので、その思い切りのよさで2番手くらいのノリで競馬してほしいものである。

当然重い印は○9ペールギュント
短距離適性は流石に証明されたといってもよい。2走前だって愛するキンシャサ様がいなければ勝っていた。高松宮記念のような馬場でなくても十分イケると証明したのは、その2走前と前走。
この馬はそこまで極端な後方位置には陣取らないはずなので、馬場が悪くても届くだろう。そもそも宮記念で終始11番手だったわけだし。ハンデも慣れている。

注6アグネスラズベリ
前走は距離が長く、相手も強かった。
ここは距離短縮で好位差しが望めるので買いたい。そこまで人気しなさそうなのもよい。

以下押さえが数頭。
△2アドマイヤホクトは放牧先で蹄をぶつけてしまい追い不足。
サクラバクシンオー産駒、そして前走ファルコンSでは、馬場状態の違いはあるが宮記念よりも0.9秒速かった勝ちタイムを刻んだ…というように買い要素タップリではあるが。
もう「アドマイヤ」は岩田のものなのか、テン乗りというのはマイナス材料だ。
好位につけるなら△13ミスティックエイジの脚が届く。穴なら△1マイネルアルビオン




こんなところです。
大学競馬リーグの予想はコチラ 。今週はよっちゃんが主に担当してます。

もう一つの重賞、エプソムC(東京GⅢ・芝18)では◎7ダンスインザモアに期待。
展開予想はS~Mペースからのヨーイドン。2エイシンデピュティは4角からさらに突き放せる余力、または位置取りの余裕があれば面白いが、基本的には決め手勝負で利がある馬を買いたいところ。ESPの懸念がなく、実はベスト舞台かもしれない今回。東京はそこまで馬場が悪くならないことを祈りたいところ。
堅実派のあなたには○14サイレントプライドの軸が無難かと。

それでは☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

どっちか逃げて、エプソムC予想

もしかしたら、学園際で、バンドをやる可能性があるよっちゃんです。
なぜかギターをもってるってだけで、勝手に参加させられちゃいました(汗)
しかも持ってるのはエレキなのに担当はベースだったり…。
当分の間、競馬予想もおろそかになりそうな予感。

ま、とりあえず、今週の予想。

2007年6月10日(日)15:35発走
第24回エプソムカップ(GIII)
芝・左 1800m サラ系3歳上 オープン (国際)[指定] 別定

◎②エイシンデビュティー
○⑰ブライトトゥモロー
▲⑭サイレントプライド
注⑨ファイングレイン
△⑫デアリングハート
△⑩ローマンエンパイア
△⑯ソーユアフロスト

買い目
馬連 ◎○ 900円 ◎▲ 800円 ◎注 500円 ◎△ 各100円
馬連 ○▲ 700円 ○注 600円 ○△ 各100円
馬連 ▲注 各100円

計 4200円

東京18は逃げ先行有利なコースだ。と簡単に逃げ馬だけを抽出しただけならどんなに楽だろうと思うのですが
昨日の東京芝の成績を見るとどうも、差し馬が多い傾向にある。前に行く馬も多いだろう今回差し馬が台頭してくる
可能性は大いにある…。のだが、やっぱり、自分はコースから選別する傾向にあるらしく、
やっぱり、逃げから入ることにしました。
内枠、先行ということで、◎エイシンデビュティから勝負することに決めました。
○ブライトトゥモローは左回りの鬼。3戦3勝はなかなかのもの。

穴として、△ローマンエンパイア 東京コースが比較的よいのと、
△ソーユアフロストはすぽるとサノ穴馬。
左回りの成績から。

買い目が多いから逃げの馬券だなぁ…と思う。

こっちにも少し。

2007年6月10日(日)15:45発走
第43回CBC賞(GIII)
芝・左 1200m サラ系3歳上 オープン (国際)[指定] ハンデ

◎アドマイヤホクト
△スピニングノアール
△ペールギュント
△ミスティックエイジ
△ナカヤマパラダイス

馬連◎△ 各200円 計800円

合計5000円

| | コメント (1) | トラックバック (0)

CBC賞予想

勝負対象レース

2007年6月10日(日)15:45発走
第43回CBC賞(GIII)
芝・左 1200m サラ系3歳上 オープン (国際)[指定] ハンデ

◎ペールギュント
○フサイチリシャール
▲スピニングノアール
△アドマイヤホクト
△ミスティックエイジ
△ナカヤマパラダイス

【買い目】
馬連
◎―○1500円
◎―▲1500円
○―▲800円

馬単
◎→各△ 各200円
○→各△ 各200円   計5000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

安田記念の収支対決結果

2007/6/3 東京11  第57回安田記念(GⅠ) 芝16 良   結果

    も よ  く  オ
1着 △ △ - △ 2ダイワメジャー  安藤勝 2人気
2着 ○ △ ▲ ○ 5コンゴウリキシオー  藤田 3人気
3着 - - 注 - 18ジョリーダンス  秋山 9人気
4着 - - - - 3アドマイヤキッス  川田 15人気
5着 △ ◎ △ - 8スズカフェニックス  武豊 1人気

もっくん  (ファーストステージ第1位)
ハズレ   -5000円   累計-5000円(第1位)

よっちゃん  (ファーストステージ第2位)
ハズレ   -5000円   累計-5000円(第1位)

くまちゃん  (ファーストステージ第3位)
ハズレ   -5000円   累計-5000円(第1位)

オーラ  (ファーストステージ第4位)
ハズレ   -5000円   累計-5000円(第1位)

どうも、月曜日久しぶりに小さい子が毎週事件に運よく?遭遇するアニメを見たんですが、彼が「若気の至り」という発言をしていましたが…
「おいっ!あんた元々も高校生だからそんな発言するのにはチョイと早いだろ!?」と、思わずつっこんでしまったくまちゃんです。

セカンドステージ緒戦、せっかく春の荒れるGⅠに終止符を打たれたようにそこまで荒れなかったわけなんですが、個人的にはまぁ完敗って感じでした。…えぇ、勝ち馬ダイワメジャーにですよ。

久しぶりにGⅠをリアルタイムで参戦できました。大学の友人と共に。
…んで、彼が馬券の買い方に困ってたんで(彼はもちろんダイワメジャーも買い目に含んでました)、「3着までに入る可能性が一番高いと思う馬を軸に三連複なんていいんじゃない?俺ならコンゴウ君軸かなぁ」とか言っていたんですが、まぁ彼はボクが一押しした18ジョリーを買う気がなかったので馬連の的中だけでした。自分がこれでよかったかな…。
一方ボクは◎○▲注の馬連、◎○▲→ダイワを含む△の馬単を買ってたんで、実はゴール前まで「藤田粘れ~!」だったんですがねぇ…クビ差…。
そのほかのレースも例えば中京9Rでは軸馬が落馬(あれがなければ勝ってたでしょう)、中京10Rでは馬単2着付けにした断然1番人気の馬が3着…と、非常に消化不良な日でした。

GⅠは次の宝塚記念までお休みですが、先週は予想の時間がなかったし少しお金をケチってしまった(なんと6000円しか投資せず!)ので、今週はちょっと気合を入れて頑張ろうかなという所存です。

それでは☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

639(むさく)るしく勝っちゃう?~安田記念予想

どうも、兵庫の友人から「大学で麻疹のため休講で暇。だから◎○○しよ」という主旨のメールがきて、「おおっ!これなら今度上南戦(上智大と南山大が毎年実施。今年は上智で)から学生が帰ってきたらもしや…。…ん?でもそれで休講になったら夏休み減るのか?」…と、ワクワクなのか憂鬱なのか分からない状況下のくまちゃんです。




さて。
当blog上では今週から気分一新セカンドステージ。
某競馬リーグとは異なり、スプリンターズステークスまでです。方針は一緒で、掛け金は5000円までです。
オーラ君が了承してくれたようなので(笑)、夏にはハジける市川由衣(←しつこい?)と共に彼のハジけた(いい意味で)回顧が見れるはずです。
当然ボクは1位を狙います!!若干無茶な予想もあるとは思いますが(穴狙い傾向なので)見守ってやってください。

今週の勝負対象レースは当然安田記念なわけですが、このGⅠ、1年で5本の指に入る難易度の高さといっちゃってもいい気がします。
その要因はズバリ、香港馬。
今年は昨年のアレもあってなんと4頭が参戦。

生産という要素を考えなくてもよいので、4頭ともせん馬。
別にそれがどうこうではないが、近代の香港競馬を侮ってはいけない。
そもそも困難な当レースの予想(東京マイルは過酷。それに現状内ラチ沿いが荒れている)の難易度にさらに拍車をかけるのは、「普通に香港馬が強い」からではないだろうか…?
香港は実際マイル以下のレースが多いと聞くし、このようにオイシイレースがちょっと移動したらあるのだから、「ここ目標に」してきた馬ばっかのはず。
「ちょっくら日本にいってくらぁ」の江戸っ子気質でも案外通用してしまいそうなのは、現状の日本の短距離界(マイル含む)の低迷が理由の裏付けとなる。

そこで今回、非常に恥ずかしい結果になることも十分想定の範囲内と当方は置き、実際3頭も馬券候補に加えた。
1頭は様々なファクターから外せる馬だと思っているので…。
前のエントリ「お知らせ」でもチラッと触れたが、本当は◎は日本馬の予定であった。
…が、その馬は○に。素直に香港馬が強いと踏む。





2007/6/3 東京11  第57回安田記念(GⅠ) 芝16   予想

◎ 9ジョイフルウイナー
○ 13エアシェイディ
▲ 5コンゴウリキシオー
注 18ジョリーダンス
△ 6ザデューク
△ 4グッドババ
△ 8スズカフェニックス
△ 10エイシンドーバー

買い目
・馬連
⑨⑬1000円
⑨⑤600円
⑨⑱500円
⑬⑤500円
⑬⑱400円
・馬単
⑨→⑥④⑧⑩ 各300円
⑬→⑥④⑧⑩ 各200円
総合計5000円


ベスト距離じゃなくても勝てちゃう

今回もレース展開を考えてみよう。

番手追走を好む馬が多数いて、しかもその中には無印2ダイワメジャーもいる。
さらに、当然▲5コンゴウリキシオーの動向には注目しないといけないが、まぁ恐らく彼がハナを主張する。
すると、番手集団は競りあい厳しいが、案外マークされない、好きなように競馬できるこの馬は、GⅠであってもすんなりいっちゃう可能性もある。
前走が初マイルでまさかのレコード勝ちとなったが、この馬の持ち味は「3F目からギアを入れ続けることができる」こと。
その前走、新聞表記は「M」または「S」ペースだが、それはテン2Fが遅い分だろう。しかし、「12.4→11.4(ここまでが遅い)11.1→11.7→11.6→11.4→10.7→11.9」(前走ラップ)と、それ以後速いラップを刻み続けている(さすがにラスト1Fはきつかったが)。
…つまり「自分の型に持ち込める」と速くてもそれがマイペースなのだから強いのは明白。以前まで競馬していた中距離戦では展開的に恵まれないと厳しい脚質だが、マイルならその持ち味を出し尽くした終着点がゴール板となり得るので、この路線変更はプラスであるはず。
それで番手集団を引き離し最後の直線…となると単も狙える。実際の購入馬券では一考するが、当blogでは▲に評価を下げたのは、やはり府中ということで直線が長いこと。タフでないと勝てない当コースでは、最後なにかに差されて2着という想像のほうが容易い。

展開面でもう一頭考慮したいのが17エイブルワン
前走では逃げて粘ったが、あれはやはり展開利。
今回はやはり同きゅう舎のもう一頭、◎9ジョイフルウイナーの先導役というイメージしかわかない。
香港勢が最も警戒する日本馬は2ダイワだろうし、ダイワにとって厳しい展開にするため、「揉まれたら弱い」ダイワを荒れた内に押し込め、さらに前述のように番手集団に厳しい流れにできたらそれだけでも大仕事。ジョイフルの差しを決めやすくする「脇役」だ。
勝ったら100万ドルのボーナスがあるらしいが、別にジョイフルが勝てば1億もらえるわけで。

他差し馬で魅力な馬は多数いるのにジョイフルを◎に決定づけたのは、まず昨年の当レース3着という「経験・実績」、そして前走の競馬だ。
昨年より明らかに状態がいいということ(昨年のように馬体重大幅減はないはず?)で、それだけでも昨年以上にポテンシャルを発揮できるチャンス。
また、前述のとおりお誂え向きな展開になるとする。前走での前残り傾向にあったレースでさえも末脚を発揮して2着に追い込んだという競馬内容。買い材料だろう。
先ほど「サタうま!」でムーア調教師が「ベストは1400」との発言していたが、今の香港馬の実力なら当馬の勝機は十分と判断した。


ギリギリまで迷って○に評価を下げた○13エアシェイディ。個人的にはほとんど◎と差が無いということで、この馬券券種である。
前走内容で人気を落とすなら、ガッツリ買いたい馬である。

明らかに府中向きで、それは「府中7戦7連対」という戦績が物語る。
…っていうか長距離輸送がダメなのだ。それがモロに出てしまったのが前走(阪神)だ。なんと馬体重マイナス18キロだった。
「地元」に帰ってきた今回、人気している、東京新聞杯で惜敗した馬とは差がないと思うし、個人的にはヴィクトリアマイルの松岡のような「荒れていないギリギリのイン突き」を期待する。それができる騎手である。


特注は18ジョリーダンス
NHKマイルCではピンカメ、ダービーではウオッカが勝ち、流れは牝馬である。
前走ヴィクトリアマイルでは5着に終わったが、上がりはメンバー最速。さらに「前にスイープ、横にカワカミがいて、動くに動けなかった。もう少し前にいれば…」というレース後のアンカツさんのコメントは参考にしたいところ。
オークスでは「センチメンタル」というフレーズとは無縁そうな鞍上秋山。センチ単位で敗れ、惜しくも「初GⅠ勝利」という夢は散ったわけだが、案外こういうところかもしれない。
今年のGⅠの流れから「外枠の差し馬には注意すべき」というお告げ。十分にチャンスはあるだろう。牝馬ならこの娘だ。


以下押さえ4頭。
本当は無印予定だった10エイシンドーバーは、鞍上が今年のGⅠ戦線で主役級に活躍しているので押さえておく。彼の持ち味は思い切りの良さ。

キルトクール2ダイワメジャー
内枠で5戦未勝利。揉まれ弱く、前述のような展開不利、さらに府中の長い直線は不向き、海外戦からの緒戦で太め残りという情報もあり、こうして不安点を挙げると結構あった。
…ただ、実力はトップクラス。実力でそうしたファクターを除去できたら、素直に諦めたい。






以上です。

大学競馬リーグの予想はコチラ
こちらですが、前のエントリで触れたようにファーストステージは3位と上々なスタートで、セカンドステージでまたリセットされました。
今ステージでは、南山大学の予想方法は、毎週二人交互(今後メンバーが増える可能性も出てきましたが)に予想という形でイキます。
ちなみに今週はボクが担当…。予想が今と若干違うのは回収率の面・じっくり考えたら別の予想になるのは当然…ということです。

5週連続GⅠのラストということで、なんとかしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

持続力+スピード勝負【安田記念予想】

どうも、もっくんです。

先週のウオッカの激走は、「まさか牝馬がダービーを勝つことはないだろう」という常識に捉われすぎた自分に冷水をかけられるようなもだった。しかしそれは例外。常識人を自負するもっくんは、今週も(オーラ曰く)マニアックな知識とデータという従来のスタイルで勝負の行方を推理します。

ということで安田記念。

東京の1600mG1はサンデーサイレンス産駒が苦手とする舞台設定で、実際昨年のヴィクトリアマイル(ダンスインザムード)以外は勝てていない。これは瞬発力勝負を得意とするSS産駒の適正と、安田記念をはじめとする東京マイルG1の適正がズレていることを示唆している。牝馬限定戦はスローで瞬発力勝負になりやすいが、牡馬混合戦になるとそうもいかず、苦戦を強いられているのだろう。

今回のメンバーで人気を集めている2ダイワメジャー8スズカフェニックスは共にSS産駒。特にスズカフェニックスは溜めてピュ、っと脚を使うのがパターンであり、安田記念で求められる適正とは異なる。先週のダービーのように想定よりペースが遅く推移する可能性もあるが、ここは押さえ程度の評価でよいだろう。一方、ダイワメジャーはどちらかというと持続力ある末脚の持ち主で同じSS産駒と言えどもスズカとはタイプが異なる。よって適正的には問題ない。ただし気になるのはこの枠順。なぜかこの馬安田記念では内枠ばかり引いており(05年:2枠3番、06年:1枠2番)、あまり揉まれる競馬が得意ではないのでここは割り引いて考えたい。

しかしダイワとスズカの日本馬ツートップを割り引いたはいいが、そうなると本命をつけたくなるような馬がいない(苦笑)。そこで一年前の安田記念の回顧を見てみると・・・

http://ritsunan-match.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_0f00.html

「日本馬が頼りなければ香港馬を買え!」

そう!安田記念で困ったら香港馬を買えばいいのである。今年出走する香港馬は4頭。その中で本命に抜てきするのは9ジョイフルウイナーだ。昨年3着で日本への適正は実証済み。単純に去年の上位2頭が抜ければ栄冠に一番近い位置にいるはずだ。

「持続力ある末脚」といえば5コンゴウリキシオー。前走は終始11秒台のラップを刻みながら逃げ切ったことがその証明だ。今回のメンバーを見渡せば逃げ馬はマイネルスケルツィくらい。そのマイネルの鞍上が先生なら無用な競り合いは避けるはず。となれば単騎逃げ濃厚か。そのまま一気の逃走劇も十分ありうる。

本格化なった10エイシンドーバーも注目。ペース不向きのマイラーズC以外は堅実な走りを見せている。血統的にも通用するところはある。

第57回 安田記念(G1)予想【勝負対象レース】
◎9ジョイフルウイナー
○5コンゴウリキシオー
▲10エイシンドーバー
△2ダイワメジャー
△6ザデューク
△8スズカフェニックス
△13エアシェイディ
<買い目>
馬連
5-9・・・1500円
9-10・・・1000円
2-9・・・500円
6-9・・・500円
8-9・・・500円
9-13・・・500円
5-10・・・500円

他レース予想
中京9R あじさいS
◎6ユーチャリス
○5モルトグランテ
▲13エイシンイチリン
△9トーセングラマー
△12ダノンムロー

中京10R 木曽川特別
◎10バブルサウンド
○4テンシノゴールド
▲7カレンパパ
△6モンブランカフェ
△9ペガサスファイト
△11プレシャスピクセル

中京11R 飛騨S
◎17コレデイイノダ
○12ゴッドスマイルユー
△4ラインドライブ
△8ピクシーダスト
△14ジョイントスターズ
△15トーセンザオー
△16ウインレックス

| | コメント (3) | トラックバック (1)

正々堂々とセカンドシーズン開始、安田記念予想

さて、ファーストシーズンは産経大阪杯のおかげでなんとかなったのですが、
セカンドシーズンもそううまくいくとは限りません、もっくんが言うように
打率を挙げていかねばなりませんね。

さて、セカンドシーズンになって心も新たにと思ったのですが、今週は予想を全く
していません(笑)

どうしましょう。

とりあえず、まぁ対象レース

2007年6月3日(日)15:40発走
第57回安田記念(GI)
芝・左 1600m サラ系3歳上 オープン (国際)(指定) 定量

◎⑧スズカフェニックス
○⑨ジョイフルウィナー
▲④グッドババ
注⑭ディアデラノビア
△⑰エイブルワン
△⑤コンゴウリキシオー
△②ダイワメジャー
△⑩エイシンドーバー

買い目
馬連 ◎○ 800円  ◎▲ 700円  ◎注 600円 ○▲ 500円 ○注 400円 ○各△200円
馬単 ◎→各△300円  

乗りに乗ってるSS産馬には逆らうな!という提言があるとおり、前走と距離は違うが今絶好調のスズカフェニックスに賭けてみることにする。SS産馬でもある△ダイワメジャーだが、やはり、海外遠征の影響を考えると軸では押しづらい。そして、オーラ君が言うとおり、香港馬一頭は必ず絡んできそうだし、もしかしたら、1~3着を独占なんてことも考えられなくもない。去年みたくザデュークの茶番劇によって、散々な目に合わされた日本勢、今年も、去年の刺客は健在である。今年は誰を勝たせるのか、そう考えると、香港馬は外しづらい。そこで、配当も15.6倍(0時現在)のジョイフルウィナーを選んだ。去年は3着に入ってきているし、近走、結果を残しているにもかかわらず配当はソコソコ。配当面から考えると、△エイブルワンも捨てがたい。△ディアデラノビアは、前走、前が行ってしまう、ペースの中0.3秒差まで迫った6着。今回は巻き返せるかもしれない。そしてペースを握るであろう△コンゴウリキシオーはそのまま行ってしまう可能性も。最後の一言「香港勢!今年こそは正々堂々と勝負しやがれ!」

セカンドシーズンはちょびちょび当てていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

不死鳥

最下位に終わってしまい、レース回顧をしろということで…ありがたく了承いたします。
お2人のマニアックかつ詳細な回顧に近づけるように頑張っていけたらなぁと思います。まぁ暖かく見守ってください。

借金がゼロになってはじめてのレースが安田記念というこれまた難解なレースですが、後期は気合を入れなおし最下位脱出を目標にプラス収支を目指します☆

◎グッドババ
○コンゴウリキシオー
▲キストゥヘブン
▲ディアデラノビア
△ジョイフルウィナー
△エアシェイディ
△ダイワメジャー

香港馬は外せない!!
去年の安田記念当日にレース数時間前にまとめて単勝2000万の金がブリッシュラックに投じられた。これは香港競馬関係者によるものらしい。今年も香港軍団で「誰か」を勝たせる…なんてこともだってwwおそろしや~。
日本のエースダイワメジャーが休養明けということもありチャンピオンズマイルで満足行く結果を残せなかったグッドババを買い目の中心とした。
後はビクトリアマイルで上向き気配を見せたキストゥへブンに期待。

【買い目】
3連複 軸◎―相手○、各▲、各△ 1点200円×15点 計3000円
馬連 ○―▲ 各1000円 計2000円
 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »