« 持続力+スピード勝負【安田記念予想】 | トップページ | 安田記念の収支対決結果 »

2007年6月 3日 (日)

639(むさく)るしく勝っちゃう?~安田記念予想

どうも、兵庫の友人から「大学で麻疹のため休講で暇。だから◎○○しよ」という主旨のメールがきて、「おおっ!これなら今度上南戦(上智大と南山大が毎年実施。今年は上智で)から学生が帰ってきたらもしや…。…ん?でもそれで休講になったら夏休み減るのか?」…と、ワクワクなのか憂鬱なのか分からない状況下のくまちゃんです。




さて。
当blog上では今週から気分一新セカンドステージ。
某競馬リーグとは異なり、スプリンターズステークスまでです。方針は一緒で、掛け金は5000円までです。
オーラ君が了承してくれたようなので(笑)、夏にはハジける市川由衣(←しつこい?)と共に彼のハジけた(いい意味で)回顧が見れるはずです。
当然ボクは1位を狙います!!若干無茶な予想もあるとは思いますが(穴狙い傾向なので)見守ってやってください。

今週の勝負対象レースは当然安田記念なわけですが、このGⅠ、1年で5本の指に入る難易度の高さといっちゃってもいい気がします。
その要因はズバリ、香港馬。
今年は昨年のアレもあってなんと4頭が参戦。

生産という要素を考えなくてもよいので、4頭ともせん馬。
別にそれがどうこうではないが、近代の香港競馬を侮ってはいけない。
そもそも困難な当レースの予想(東京マイルは過酷。それに現状内ラチ沿いが荒れている)の難易度にさらに拍車をかけるのは、「普通に香港馬が強い」からではないだろうか…?
香港は実際マイル以下のレースが多いと聞くし、このようにオイシイレースがちょっと移動したらあるのだから、「ここ目標に」してきた馬ばっかのはず。
「ちょっくら日本にいってくらぁ」の江戸っ子気質でも案外通用してしまいそうなのは、現状の日本の短距離界(マイル含む)の低迷が理由の裏付けとなる。

そこで今回、非常に恥ずかしい結果になることも十分想定の範囲内と当方は置き、実際3頭も馬券候補に加えた。
1頭は様々なファクターから外せる馬だと思っているので…。
前のエントリ「お知らせ」でもチラッと触れたが、本当は◎は日本馬の予定であった。
…が、その馬は○に。素直に香港馬が強いと踏む。





2007/6/3 東京11  第57回安田記念(GⅠ) 芝16   予想

◎ 9ジョイフルウイナー
○ 13エアシェイディ
▲ 5コンゴウリキシオー
注 18ジョリーダンス
△ 6ザデューク
△ 4グッドババ
△ 8スズカフェニックス
△ 10エイシンドーバー

買い目
・馬連
⑨⑬1000円
⑨⑤600円
⑨⑱500円
⑬⑤500円
⑬⑱400円
・馬単
⑨→⑥④⑧⑩ 各300円
⑬→⑥④⑧⑩ 各200円
総合計5000円


ベスト距離じゃなくても勝てちゃう

今回もレース展開を考えてみよう。

番手追走を好む馬が多数いて、しかもその中には無印2ダイワメジャーもいる。
さらに、当然▲5コンゴウリキシオーの動向には注目しないといけないが、まぁ恐らく彼がハナを主張する。
すると、番手集団は競りあい厳しいが、案外マークされない、好きなように競馬できるこの馬は、GⅠであってもすんなりいっちゃう可能性もある。
前走が初マイルでまさかのレコード勝ちとなったが、この馬の持ち味は「3F目からギアを入れ続けることができる」こと。
その前走、新聞表記は「M」または「S」ペースだが、それはテン2Fが遅い分だろう。しかし、「12.4→11.4(ここまでが遅い)11.1→11.7→11.6→11.4→10.7→11.9」(前走ラップ)と、それ以後速いラップを刻み続けている(さすがにラスト1Fはきつかったが)。
…つまり「自分の型に持ち込める」と速くてもそれがマイペースなのだから強いのは明白。以前まで競馬していた中距離戦では展開的に恵まれないと厳しい脚質だが、マイルならその持ち味を出し尽くした終着点がゴール板となり得るので、この路線変更はプラスであるはず。
それで番手集団を引き離し最後の直線…となると単も狙える。実際の購入馬券では一考するが、当blogでは▲に評価を下げたのは、やはり府中ということで直線が長いこと。タフでないと勝てない当コースでは、最後なにかに差されて2着という想像のほうが容易い。

展開面でもう一頭考慮したいのが17エイブルワン
前走では逃げて粘ったが、あれはやはり展開利。
今回はやはり同きゅう舎のもう一頭、◎9ジョイフルウイナーの先導役というイメージしかわかない。
香港勢が最も警戒する日本馬は2ダイワだろうし、ダイワにとって厳しい展開にするため、「揉まれたら弱い」ダイワを荒れた内に押し込め、さらに前述のように番手集団に厳しい流れにできたらそれだけでも大仕事。ジョイフルの差しを決めやすくする「脇役」だ。
勝ったら100万ドルのボーナスがあるらしいが、別にジョイフルが勝てば1億もらえるわけで。

他差し馬で魅力な馬は多数いるのにジョイフルを◎に決定づけたのは、まず昨年の当レース3着という「経験・実績」、そして前走の競馬だ。
昨年より明らかに状態がいいということ(昨年のように馬体重大幅減はないはず?)で、それだけでも昨年以上にポテンシャルを発揮できるチャンス。
また、前述のとおりお誂え向きな展開になるとする。前走での前残り傾向にあったレースでさえも末脚を発揮して2着に追い込んだという競馬内容。買い材料だろう。
先ほど「サタうま!」でムーア調教師が「ベストは1400」との発言していたが、今の香港馬の実力なら当馬の勝機は十分と判断した。


ギリギリまで迷って○に評価を下げた○13エアシェイディ。個人的にはほとんど◎と差が無いということで、この馬券券種である。
前走内容で人気を落とすなら、ガッツリ買いたい馬である。

明らかに府中向きで、それは「府中7戦7連対」という戦績が物語る。
…っていうか長距離輸送がダメなのだ。それがモロに出てしまったのが前走(阪神)だ。なんと馬体重マイナス18キロだった。
「地元」に帰ってきた今回、人気している、東京新聞杯で惜敗した馬とは差がないと思うし、個人的にはヴィクトリアマイルの松岡のような「荒れていないギリギリのイン突き」を期待する。それができる騎手である。


特注は18ジョリーダンス
NHKマイルCではピンカメ、ダービーではウオッカが勝ち、流れは牝馬である。
前走ヴィクトリアマイルでは5着に終わったが、上がりはメンバー最速。さらに「前にスイープ、横にカワカミがいて、動くに動けなかった。もう少し前にいれば…」というレース後のアンカツさんのコメントは参考にしたいところ。
オークスでは「センチメンタル」というフレーズとは無縁そうな鞍上秋山。センチ単位で敗れ、惜しくも「初GⅠ勝利」という夢は散ったわけだが、案外こういうところかもしれない。
今年のGⅠの流れから「外枠の差し馬には注意すべき」というお告げ。十分にチャンスはあるだろう。牝馬ならこの娘だ。


以下押さえ4頭。
本当は無印予定だった10エイシンドーバーは、鞍上が今年のGⅠ戦線で主役級に活躍しているので押さえておく。彼の持ち味は思い切りの良さ。

キルトクール2ダイワメジャー
内枠で5戦未勝利。揉まれ弱く、前述のような展開不利、さらに府中の長い直線は不向き、海外戦からの緒戦で太め残りという情報もあり、こうして不安点を挙げると結構あった。
…ただ、実力はトップクラス。実力でそうしたファクターを除去できたら、素直に諦めたい。






以上です。

大学競馬リーグの予想はコチラ
こちらですが、前のエントリで触れたようにファーストステージは3位と上々なスタートで、セカンドステージでまたリセットされました。
今ステージでは、南山大学の予想方法は、毎週二人交互(今後メンバーが増える可能性も出てきましたが)に予想という形でイキます。
ちなみに今週はボクが担当…。予想が今と若干違うのは回収率の面・じっくり考えたら別の予想になるのは当然…ということです。

5週連続GⅠのラストということで、なんとかしたいものです。

|

« 持続力+スピード勝負【安田記念予想】 | トップページ | 安田記念の収支対決結果 »

「レース予想(くまちゃん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/6646439

この記事へのトラックバック一覧です: 639(むさく)るしく勝っちゃう?~安田記念予想:

» You Tubeアニメモ おもしろギャンブル動画投稿掲示板 [You Tubeアニメモ おもしろギャンブル動画投稿掲示板]
You Tubeでみつけた、パチンコ、スロット、競馬、競艇、競輪などギャンブルの、リーチ、名場面、楽しい、ビックリ、驚き、なるほど、などなどの動画を自由に投稿して楽しむ掲示板です。 [続きを読む]

受信: 2007年6月17日 (日) 12時54分

« 持続力+スピード勝負【安田記念予想】 | トップページ | 安田記念の収支対決結果 »