« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月30日 (水)

お知らせ

どうも、「もっくんが一位だったり的中すると更新しなくても楽でいいなぁ」と感じているくまちゃんです(笑)。
まさか本命・対抗的中率まで算出してくれるとは…。実は彼が4人で一番細やかな性格だと思いますね、将来は公務員なんてどうでしょうか?(笑)



ファーストステージが終了しまして、いよいよ今週末からセカンドステージに突入です。

…まぁ個人的な見解を記しますと、まず、どうしても2位にはなりたかったってのが本音ですね。
もっくんにはいつか負けると思っていましたが、一応よっちゃんより競馬歴が2ヶ月くらい?早かったボクは、その下の2位にはなりたかったんですがね…。

また、的中率やら連対率、これはあんまし…っていうか全然気にしていません。
基本的に「こじつけでもいいから勝ってほしい」馬に◎を呈す傾向がある僕は、当然穴狙いに奔走するバイアスがあり、レース展開がハマらないとなかなかきてくれないのが実状ですから。
セカンドシリーズも、この方針は変わらないと思います。…ただ、馬券の買い方ってのはもうちょっと研究する余地がありそうですね。


さらに、ボクとよっちゃんが南山大学として非公認で参加しているスポニチ主催の2007年全日本大学競馬リーグ も、当blog上での馬券予想マッチと共に進めてきたわけなんですが、こちらもファーストステージが終了し、とりあえず10大学中3位で終えることが出来ました!!
当然初出場なわけで、プラス収支で終わることができたのに非常に満足しています。
競馬リーグのセカンドステージは安田記念~秋天までで、下位3大学は脱落らしいですが、不思議とうちらは落ちる気がしませんので(笑)、まずはファイナルステージ進出を目指します。今までは金曜日昼までによっちゃんの予想をボクに送ってもらい、ボクの予想を組み合わせ、若干ボクの予想の比重を高くしてw南山大学の最終予想として同日夕方スポニチさんに送信…って形だったんですが、御覧の通りわたくしめはよっちゃんには負けたわけで、これからは少し変えようと思っています…。
そちらのほうも是非ご注目下さい!


さてさて…。
気になる気になる、ファーストステージ最下位のオーラ君の扱いですが…。

こうします!!


まず、脱落はさせません!!
…やはり初参加ですからね。

…ですが、当然罰は与えます。

題して…
みんなで市川由衣とイッたよ!夏競馬!!


…。
…??

…意味不明かもしれませんが、これは市川由衣ちゃんのファンである(特に高校時代は、小学校のときのデジモンくらいハマった)ボクがこの企画 に乗ったものであります(笑)。

ナニをしてもらうのかというと…
7月~9月の夏競馬の、本人勝負対象レースの回顧を必ず実施してもらいます!!

もうあと一ヶ月ですからね、案外すぐですよ夏は☆


例えばそのレースの後はちょっと忙しくて…という諸事情があっても、いつかまとめてやってもらいます。
でもこれは、財産となる「罰」です。
皆それぞれ、見たレースの感想は必ずしも一緒とは限りませんからね。

ボクがエラそうに言うと、毎週種の異なるレースの回顧をしていけば、段々とレースを予想する際の洞察力とか、展開等の予測力が向上してくると思います。
逆に、「ボクが最下位になればよかった…」と他3人に思われるような成長力を魅せ、いつかそれが花開き、当blogがより一層盛り上がってくれれば、開設者二人の冥利に尽きます。

こんな感じでどうでしょうかもっくん??

やっぱり代表はいたほうがいいと思うので(笑)。





さてさて。
今週は安田記念ですね。

5週連続東京GⅠのラストレース。

昨年は「Welcome ようこそ日本へ♪」とか唄ってたらホントに1着と3着にきてしまった香港勢。(そういえば2着はアサクサデンエン。国際色豊かでしたねぇw)今年は4頭参戦です。

ボクは現時点、◎はダメジャでもスズカFでも香港馬でもないです。
そこそこ荒れるのを期待しています。そこそこね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月29日 (火)

歴史は創り出された ダービーウィーク収支結果

東京10R 第74回 東京優駿(日本ダービー) 東京芝2,400m
    くも よ オ
1着 ---△ 3ウオッカ(3人、四位洋文)
2着 ---- 16アサクサキングス(14人、福永祐一)
3着 ---- 14アドマイヤオーラ(4人、岩田康誠)
4着 △△-- 12サンツェッペリン(9人、松岡正海)
5着 △--- 8ドリームジャーニー(8人、蛯名正義)

単勝 3 1,050円 3番人気 馬連 3-16 54,470円 80番人気 馬単 3-16 97,890円 139番人気
複勝 3
16
14
420円
2,140円
350円
4番人気
15番人気
3番人気
ワイド 3-16
3-14
14-16
12,900円
2,000円
15,140円
86番人気
15番人気
93番人気
3連複 3-14-16 248,790円 328番人気
3連単 3-16-14 2,155,760円 2039番人気
枠連 2-8 1,990円 8番人気

東京12R 第121回 目黒記念 東京芝2,500m
   く も
1着 △○ 2ポップロック(1人、武豊)
2着 △- 11ココナッツパンチ(4人、吉田豊)
3着 -- 10アドマイヤフジ(6人、福永祐一)
4着 △◎ 3アドマイヤモナーク(8人、岩田康誠)
5着 -- 6ゴーウィズウインド(16人、後藤浩輝)

単勝 2 290円 1番人気 馬連 2-11 1,310円 3番人気 馬単 2-11 2,360円 4番人気
複勝 2
11
10
160円
310円
520円
1番人気
4番人気
9番人気
ワイド 2-11
2-10
10-11
680円
1,470円
2,920円
4番人気
13番人気
35番人気
3連複 2-10-11 10,280円 27番人気
3連単 2-11-10 39,210円 80番人気
枠連 1-6 1,250円 4番人気

中京11R(土曜) 第43回 金鯱賞 中京芝2,000m
   も
1着 ▲ 8ローゼンクロイツ(1人、藤岡佑介)
2着 ◎ 1スウィフトカレント(3人、武豊)
3着 - 6インティライミ(6人、佐藤哲三)
4着 - 12ヴィータローザ(7人、上村洋行)
5着 △ 10ニホンピロキース(10人、赤木高太郎)

単勝 8 330円 1番人気 馬連 1-8 620円 1番人気 馬単 8-1 1,240円 2番人気
複勝 8
1
6
140円
170円
260円
1番人気
2番人気
6番人気
ワイド 1-8
6-8
1-6
280円
610円
800円
1番人気
6番人気
11番人気
3連複 1-6-8 2,260円 5番人気
3連単 8-1-6 8,540円 13番人気
枠連 1-6 480円 2番人気

くまちゃん  (先週終了時-25010円)
ハズレ・・・-10000円   累計-35010円(第3位)-

もっくん  (先週終了時-15660円)
金鯱賞アタリ!!馬連4960円
-5040円   累計-20700円(第1位)-

オーラ  (先週終了時-67300円)
ハズレ   -5000円   累計-72300円(第4位)-

よっちゃん  (先週終了時-20460円)
ハズレ   -10000円   累計-30460円(第2位)-

どうも、もっくんです。

僕は予想のエントリのタイトルに「歴史は繰り返す」と銘打ったが、このレースを見て歴史は「創出されるもの」だと感じた。愚かな自分は過去を振り返ることで的中につなげようと考え、「牝馬でダービーはない」と安直に考えていた。だがそれは創造力の欠如と言うべきか、過去に縛られていては新たな歴史誕生の瞬間を予知できないと痛感した。

常識を覆しダービーを制したウオッカ。歴史的な走りを見れたことに感謝すると共に、その走りは常識にとらわれた凡人たちへの痛快な皮肉を含んでいるようにも感じた。

ということでダービーの感想はこのへんにして・・・
ダービーをもちまして5ヶ月に及んだ2007年ファーストステージ終了です!
最下位者は次のステージ(安田記念~スプリンターズS)に進出できないというルールは適用していいのでしょうかくまちゃん?もし適用となると立命館代表・オーラ氏が脱落ということになってしまいますが・・・(苦笑)
ファーストステージの1位は私もっくん。序盤から順調に的中し、大幅黒字を計上。4月以降は不振に陥るも、24R中9R的中(的中率37,5%)とホームランは打てずとも地味にヒットを重ねれたことが首位に立てた要因ではないでしょうか?打率,375で首位打者になれるのは競馬の世界でも同じなんですねw
2位はよっちゃん。的中率自体は18,2%とオーラと変わらないが、産経大阪杯での三連単的中が大きかった。ブログ上ではないがダイヤモンドSでも万馬券を的中させており、一発の魅力を秘める長距離ヒッターですねw今後は打率向上が課題となるのでしょうかね?
昨年絶好調だったくまちゃんは3位。年初の京都金杯でいきなり万馬券を当てるなど、こと前半戦に限れば好調だったが、得意のはずのG1シリーズで思ったほど伸びずまさかの3番手。的中率自体は2位(21,7%)だけに、残塁が多かったという印象です。しかしオークスではさり気に三連複を的中させているあたりはさすが。夏は(体型から判断するとw)苦手そうですが、巻き返しの可能性は十分でしょう。
オーラは4位。1点勝負が多く賭け方は一発を期待させるものだったが、やはりリスクが高かったか。的中させたレースも堅い決着のものが多く、結局最後まで黒字を計上することはなかった。

ということで次週からセカンドステージが始まります。これまでの収支金額は一旦リセットして、再び横一線からのスタートで一体どんなドラマが生まれるのでしょうか?そしてオーラの処遇はいかに!?(笑) ということで6月からも当blogをよろしくお願いします。

<参考:ファーストステージのデータ>
もっくん(1位、-20700円)
・的中数:9R(24R中)
・的中率:37,5%
・本命連対率:33,3%
・対抗連対率:25,0%

よっちゃん(2位、-30460円)
・的中数:4R(22R中)
・的中率:18,2%
・本命連対率:22,7%
・対抗連対率:36,3%

くまちゃん(3位、-35010円)
・的中数:5R(23R中)
・的中率:21,7%
・本命連対率:21,7%
・対抗連対率:30,4%

オーラ(4位、-72300円)
・的中数:4R(22R中)
・的中率:18,2%
・本命連対率:22,7%
・対抗連対率:18,2%

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年5月27日 (日)

歴史は繰り返す、ホウオー・いざ栄冠へ【ダービー予想】

第74回 日本ダービー(Jpn1)予想 【勝負対象レース】
◎15フサイチホウオー
○17ヴィクトリー
▲1タスカータソルテ
△4ゴールデンダリア
△9ヒラボクロイヤル
△11ナムラマース
△12サンツェッペリン

「歴史は繰り返す」とはよく使われる言葉だが、ここまで似ることもあるのかと驚く15フサイチホウオーの経歴。もう既に各所で語られているように、ここまでの戦績は父ジャングルポケットと瓜二つだ。そもそも小回り中山で行われる皐月賞で差し損ねた馬が、広い東京で巻き返すというのはジャンポケ以外でもアドマイヤベガやスペシャルウィーク、あるいはタニノギムレットなどでも見られた例。単純に父がそうだったから仔もそうなる、というわけではなく、確固とした根拠が存在する。アンカツも自信を持っているようだし、となればダービーを勝つのもこの馬だと短絡的に結びつけてよいだろう。

17ヴィクトリーもダービー馬、そして二冠馬の資質を十分に持った馬。そしてホウオーを唯一逆転できる存在と考えている。くまちゃんも「血統的にはいいはず(ただし専門外ですが・・・)」と言っていたように、血統面のファクター(母の兄に96ダービー馬フサイチコンコルド)を考えてもこの馬の存在は怖い。そういえばフサイチコンコルドはデビュー3戦目でダービーを勝ち「奇跡の馬」と称された。ヴィクトリーは今回5戦目だがキャリアが少ないのは確か。「歴史は繰り返す」のはこちらのほうかもしれない。

今回のダービーで話題となった岩田-武豊の衝撃的入れ替え。その背景にはオーナー側の不満など色々とあるようだが、こと今回に限れば武豊にとってはこの乗り替わりはプラスだったのではないだろうか。そう思わせるほど1タスカータソルテは魅力溢れる存在だ。弥生賞、毎日杯はともに不完全燃焼だったが、トニービン系の乗り難しさが露呈したもの。すんなりギアチェンジが行える京都では快勝し、そして満を持しての東京コース参戦となればここでも期待していいのではないだろうか。

連下には4ゴールデンダリア、9ヒラボクロイヤル、11ナムラマース、12サンツェッペリンの4頭を挙げたが、その中でも穴っ気満載なのは12サンツェッペリン。前走がフロック視されるようだと鞍上込みで怖いし、近年のダービーでは思いのほか先行馬が活躍しているということを考えれば案外侮れないかもしれない。

<買い目>
三連単
15,17→15,17→1,4,9,11,12 各400円×10点=4000円
15→1,4,9,11,12,17 各100円×30点=3000円
合計 7000円

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ハンカチ王子→ハニカミ王子→暴走王子~日本ダービー予想

どうも、水曜日の合コンの二次会、ついついレミオロメン・「茜空」を唄ってしまったくまちゃんです。
土曜日は先週に引き続いて中京競馬場に参戦するも全く魅せ場なく相当なマイナスとなってしまいました…。

先週のオークス、blog上では的中していますが、なんと寝坊で馬券買えず(バイトさえもギリギリだったので)という痛恨のミス。
そこから流れが悪いですが、競馬の祭典ではそういった流れが関与する余地はないと、自信を持って望みます。

事前告知の通り、今週は掛け金上限1万円
早速手堅く的中させた方もいますが、兎も角、今週で順位がガラッと変わってもおかしくはありません!!
ボクは、新装された愛読書「週刊Gallop」を、あれほど読み込んだ週はないと思います。
普段通りバイト等結構忙しかった週でしたが、それは通学(約1時間40分)という絶好の予想タイムでカバー。


2004年生まれのサラブレッド8470頭の、世代ナンバーワンを決める競馬の祭典・日本ダービー。
天覧競馬、安倍首相の来場、牝馬の参戦、異例の乗り替わりなど、多数注目ファクターがある今年の日本ダービーだが、その精鋭18頭のうち最もオッズにも反映されているように注目されている馬がいる。
父の幻影かの如きその男は、父が勝った馬で同様に弾けてもなんら驚けない。
…が、自分の馬券スタイルは、「競馬に絶対はないのだから、少しでも穴馬としての才能がある馬を選び出す。的中している人は少ないから、余計嬉しい」…という、最終的にエゴイスト的な位置づけのものである。
昨年の有馬記念で有終の美を飾った怪物には、唯一その馬券スタイルを閉鎖に追い込まされかけた。…しかし、彼はもう、この世界で戦っていないのだ

「この予想を信じるか、信じないかはあなた次第」…という、某お笑いタレントっぽい台詞を残しておいて、上半期最大の勝負の予想に入ろう。



2007/5/27 東京10  第74回日本ダービー(GⅠ) 芝24   予想

◎ 17ヴィクトリー
○ 15フサイチホウオー
▲ 9ヒラボクロイヤル
△ 7フィニステール
△ 8ドリームジャーニー
△ 11ナムラマース
△ 12サンツェッペリン
☆ 1タスカータソルテ
☆ 4ゴールデンダリア

買い目
・三連単フォーメーション
◎▲△△△△→○→◎▲△△△△   各100円   計3000円
◎▲△△△△→◎▲△△△△→○   各100円   計3000円
・三連複 軸◎相手▲△△△△☆☆   各100円   計2100円
・三連複 軸▲相手◎△△△△      各100円   計1000円
ダービー総合計掛け金  9100円   ※残り900円は後述の目黒記念(東12)で。

I say 「stop!」, and you say 「Go! Go! Go!」


このサブタイトルは、ビートルズのある曲から一部引用・一部改訂したものである。
ここでの「I」は田中勝、ここでの「you」は、17ヴィクトリーだ。

まず、週半ばに、暇な講義中にメモっておいた内容を、そのまま以下に記してみる。

今回、レース展開を重視したい。まず注目しなければならないのは15フサイチホウオー。ご存知前走・皐月賞では脚を余した状態での3着。最内枠で終始内に包まれていたがそれでもハナ差に迫った分、素直に絶対的能力の高さは評価したいところ。初コース、ダービー仕様、これまでの着差…といった、ひねくれ者には指摘されかねないマイナスファクターを跳ね除けての前走であったために、簡単に評価を下げることはできない。
…しかし、この馬が唯一負けるとしたら、かなり展開のアヤによるものではないだろうか。
まず、鞍上の安藤勝だが、いくら「本番はダービー」仕様ではあっても、前走ハナ差はどう考えても騎乗ミス。いわゆる「行ったいった」での敗戦に、松田国調教師が怒るのも無理はない、弁解の余地はない。
そこで今回、馬の力を素直に信じるとしても、気持ちやや前での競馬スタイルになる気がする。本人は後方待機策を匂わせているでもすらさえ、だ。
すると今回、ほとんどの馬がこの馬を負かしにくるため、それにマークする形で全体的に早仕掛けになる気がする。少なくとも皐月賞よりは、だ。
(中略)
一旦ここで、これ以外の馬について触れておく。
14アドマイヤオーラの場合、前走の騎乗ミスにより鞍上が武豊から岩田康に乗り替わった。そこから何が読み取れるかというと、やはり、やや前での競馬が推測されないか?
この馬も当然勝ちにいく競馬をしてくる。それならば、前走の遅仕掛けが敗戦の要因に尽きると鞍上も考慮した上での競馬をしてくる…と考えるのが自然ではないか?なんせ、「ダービー男」でかつ主戦騎手を降板させ、「アドマイヤ」の冠の馬でさえも乗させないくらい、オーナーは怒っているのだ。
(中略)
よって、ここで予想できるレース展開としては、早仕掛けからの消耗戦。底力が問われ、好位集団組よりも、むしろ後方待機の差し~追い込み馬に希望の光。

…その他、別の馬についてもしっかりメモっていたが(笑)、ここでは省略。
この馬は、先頭に躍り出すとフワッとしてしまい、甘くなるとの陣営の見解から、後方待機策は正しい。あの末脚は一級品で、それを十二分に活かせるのがこの舞台であることは百も承知。
するとこの週半ばのホウオーへの見解に信憑性が減少してくるが(元々ボクの予想に信憑性を期待する読者は少ないと思っているがw)、人間というのは不思議なものだ。
その見解の最後の方に辿り着いた展開予想。
そう、つまり、この時点で14アドマイヤオーラは切り。スパッと切れるタイプからも距離が長く、ライバルホウオーに唯一勝ってもおかしくは無かった前走で「事実上完敗」。
…また、さきほど買った中京スポーツに掲載されていた、松田博調教師談によると「硬さのある馬だから確かに(距離は)ベストとは言えない」。岩田騎手が東京で良績がないことについて「『フサイチだけ見て行ってくれ』と注文する。今回は前を捕らえられなくても文句を言うつもりはない。とにかくシンプルに。一番強いと思うフサイチだけを負かすように乗ってもらう」…という発言から、人間の心理上気持ち早仕掛けになりそうなホウオー→彼を負かしたい大勢の馬もそれに合わす→そばにいる(はずの)オーラも動く→全体的に早仕掛け→消耗戦でも耐えられる好位組には残り目がある(そこまで自信・根拠はないが、ここでオーラは脱落)が、基本は追い込み馬狙い…という青写真が描かれる。
そう、土曜日まで本命は、最もマイナスファクターが少ない追い込み馬という点で、◎9ヒラボクロイヤルだったのだ
そういえば、人気していないときのこの鞍上は恐いなぁ…というのも期待していた。


…おい、ちょっと待て。

これでいいのか。

そんな複雑な展開(予想)に、「ど~でもいいですよ」と、そういえば最近ブラウン管から拝見しない某芸人のお得意台詞を言ってのけそうな馬が1頭いるぞ!!



◎17ヴィクトリー
だ。

暴走・折り合いが懸念され、実際その不安が当たってしまった前走・皐月賞。
…しかし、鞍上カッチーはそれを「利用」した。馬がイキたいままに任せてみた。
人気を背負っていない、且つGⅠという大舞台での勝利経験がなかった彼には、逆に大胆な騎乗ができるという強みがあった。
さすがに今回は直線長い府中で、先頭でゴール板を過ぎるのはきついのかもしれない。

…しかし、皐月賞勝利馬であっても、今回はそのとき負かした馬が注目されている。その点マークされるのはある1頭だけで、他は前走以上に競われる気がしない。
前述の展開予想でも、それよりも前で、マイペースに競馬をしていれば関係ない話。
血統的(そこは専門外。もっくんのほうがずっといいです)にも距離延長はいいとのことで、爆笑・田中と被るのは不安だが、本田アナが推奨したのでよしとしよう。
天覧競馬で、終始1~2番手で、結局そのままゴール…。
あまりにも素敵ではないか、あまりにも鮮烈ではないか…。

あった、こんな感じだ。これが理想だ!!
皐月賞は、結局1、2番手馬ワンツーだったが、別にペースは遅かったわけではない。
要は、この馬にとって楽なペースであればいいのだ。
↑のレースで、勝ち馬サニーブライアンの前半5Fは61.5。
前述したが、彼に競うのは1頭だけ。それでも、その馬には前走で差し返して勝利している。
調教で、折り合いが少しずつ良化してきているらしく、しかし再び暴走気味になっても勝てる器であることは証明済み。
「皐月賞勝ち馬なのにそれほどマークされない」
この罠だ。
これが、唯一○15フサイチホウオーが敗れる要素なんだ。


▲は、前述の通り土曜日まで本命だった9ヒラボクロイヤル。

まさに「ダービートライアル」。
きっと、今回もこんな感じで後方一気という戦法で望んでくるのであろう。
日本ダービーと同舞台であるのにもかかわらずここから勝ち馬は出ていない(はず)が、それでも昨年のアドマイヤメイン(土曜日はさっぱりでした)のダービー2着等、近年善戦模様にある青葉賞。
ゴール前は余力があったとのことで、本番では余力を残さずにしっかり追いきれば面白い存在。
あたかもダービーに照準を合わせたかのような彼の経験距離で、多数の馬が持つ距離不安は皆無。
欲をいえばもう少し追える騎手がよかったが、そこはアッと言わせるのが好きそうな鞍上に期待したい。


押さえには4頭だが、特に期待したいのが11ナムラマース
ズブい馬なので、直線長い府中変わりはプラス。「前走はテンションが高すぎて競馬をしていない」のが敗戦要素なら、このなめられた人気もあるし、是非買っておきたい馬だ。
鞍上藤岡は土曜日の金鯱賞でいい競馬をした。
今回は人気薄での立場。思い切って騎乗してほしい。

また、7フィニステールにも期待したい。
青葉賞では最後の直線で明らかな不利を受けているので、底はまだみせていないゾ。
8ドリームジャーニー12サンツェッペリンは距離不安はある。その点この馬にはない。


ホントは消したかったが、1タスカータソルテと4ゴールデンダリアも少し。
前者はいくら鞍上が燃えていても(笑)、番手集団の速い流れ(ボクの展開予想では)では厳しい気がする。「ヨーイドン」タイプな気がする…。
後者は前走結構快勝だったが、それが今回に繋がるとは思えないし、デビュー当時からの馬体重減、ソエがどうしても気になる。

キルトクールは3ウオッカと14アドマイヤオーラかな。
ウオッカは24に対応できるなら…今年の牝馬戦線なら…。って感じです。




長々となりましたが、こんな感じでいこうと思います。

馬券のほうは前述の通り、ホウオー頭では買いません。

大学競馬リーグの予想はコチラ
そういえばファーストステージ後ポイントリセットされるんだった…と、やや後悔していますが、ということでホウオーには2着になってもらわないとねぇ(笑)。



…んで、残り900円をコチラに。

2007/5/27 東京12  第121回目黒記念(GⅡ) 芝25   サッと予想

◎ 1チェストウイング
△ 2、3、4、8、9、11、14、15、17

買い目
・馬連  ◎ー△  各100円   計900円

2レース合計10000円です。

ちょっとこれは人気なさすぎ。
今回はベストの舞台で巻き返しを期待します。

本日はダービー(バイトですが)→ナゴヤドームと、非常に楽しみです♪
では☆

| | コメント (0) | トラックバック (6)

ダービー予想

◎フサイチホウオー
○ヴィクトリー
☆フライングアップル

買い目
ワイド◎―○ 5000円

フサイチの圧勝。続くは逃げるヴィクトリーが3着以内に残る。そこを無難にワイドで狙います。

案外あっさりと終わる、いや終わって欲しい今年のダービーです。そして浮上のきっかけを・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして一年…。日本ダービー予想

ついに競馬を始めて1年が経ちました。
毎週少しずつ、賭けて賭けてきました大して競馬がうまくなったとは言い難い1年だったかなぁなんて思います。とりあえず、大きな額も当てたし、馬が来るのかかとか、少しは知識は得たつもりです。

さて、1年の集大成を見せるときが来ました。
まぁ、集大成と言える自信は全くないのですが…。

対象レース

2007年5月27日(日)15:40発走
第74回東京優駿(GI)
芝・左 2400m サラ系3歳 オープン 牡・牝 (指定) 定量

◎フサイチホウオー
○フィニステール
▲ヴィクトリー
注ヒラボクロイヤル
△ウォッカ
△タスカータソルテ
△ナムラマース

買い目
三連単 ◎、○、▲ → ◎、○、▲、注 → ◎、○、▲、注、各△   各100円   4500円
三連複 ○~△のボックス 各100円 2000円

馬連 ○▲ 800円、 ○注 800円、 ○各△ 300円(900円) ▲注 600円  3100円

夢の3フ馬券 15フサイチ、7フィニステール、18フライングアップル (三連複) 200円
夢の3H馬券 15フサイチ、7フィニステール、9ヒラボクロイヤル (三連複) 200円     400円

計1万

◎フサイチホウオー
やはり見せたのが前走、皐月賞だろう。前走は完全に脚を余してしまった形。
それでもあの位置から、強襲してクビ差の三着であること。そして時計勝負、瞬発力勝負も経験し、勝ち負けは必死だろう。父ジャングルポケットと非常に被るローテーションからジンクス的にも。

○フィニステール
前走、青葉賞では、直線で加速しだしたところを、前(横?)の馬にぶつけられて一度外へ弾かれてしまい、失速してしまったが、その後持ち直し、ゴール前で2着にクビ差まで迫る3着。あの衝突さえなければ、ヒラボクロイヤルと並んでいた可能性だってある。オッズも現在(12時45分現在)49.7倍とそこそこなのも狙いどころだ。

▲ヴィクトリー
自分が応援したい馬。名前と、逃げ馬ってところに"なんとなく"ひかれる。カッチーにも勝ってほしい。今回、馬番は皐月賞と同じ、17番前走同じ。展開的にも、ピッタリ、そのまま行ってくれることを願う。調教は、硬い動きをしていたようだが、問題ない。皐月賞の時も同じ感じであった。

注ヒラボクロイヤル
青葉賞での勝ち方は強かった。最後は、手綱を引いての勝利。着差以上の勝ち方。
皇太子が観戦する明日、「ロイヤル」のつく同馬は、その恩恵にあやかれるか。

△ウォッカ
自分が応援したい馬がもう一頭いた。常識を打ち破る、牝馬のダービー参戦。
今年の牝馬は、非常に強い馬ばかりだと思う。オーラと叩き合った、ダイワとも良い戦いを繰り広げたし、牡馬と大して、代わりはないと思う。むしろ、勝って、64年(?)ぶりの牝馬ダービー勝利をしてほしい!

△タスカータソルテ
世間一般では、武はアドマイヤを下ろされたと言われているが、今回ダービーに限って言えばむしろ下ろされて正解だったのではないか?と思う。明らかにオーラは距離が少し長いだろうし、タスカータソルテのほうが、2400Mはあってるような気がする。
そして、下ろされた、武の意地で上位に持ってくる可能性も十分ありえる。怖い一頭。

△ナムラマース
ナムラマースは完全な感、よって説明はなし!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月26日 (土)

日曜の大舞台を前に・・・【金鯱賞予想】

第43回 金鯱賞(G2) 【勝負対象レース】
◎1スウィフトカレント
○11アドマイヤメイン
▲8ローゼンクロイツ
△2シルクネクサス
△3タガノデンジャラス
△10ニホンピロキース

短く予想
昨秋の天皇賞2着と2000m得意、さらには休養明けも滅法強い1スウィフトカレントを軸に指名。相手は前を行く11アドマイヤメイン8ローゼンクロイツも中京2000得意なので外せない。穴なら中京記念2着2シルクネクサス。内枠は良いはずだ。

買い目
馬連
1-11 1000円
1-8  800円
1-2  300円
1-3  300円
1-10 300円
8-11 300円
合計3000円

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月20日 (日)

オークス・東海Sの収支結果

東京11R 第68回オークス Jpn1【結果】
   く もよオ
1着注△△- 2ローブデコルテ(5人、福永祐一)
2着○◎◎◎ 7ベッラレイア(1人、秋山真一郎)
3着注--△ 12ラブカーナ(8人、菊沢隆徳)
4着-○△△ 5ミンティエアー(3人、蛯名正義)
5着--×- 8ピンクカメオ(7人、四位洋文)
馬連2-7 1640円 三連複2-7-12 10450円 三連単2→7→12 57000円

中京11R 東海S G2 【結果】
   も
1着△ 2メイショウトウコン(2人、武幸四郎)
2着- 15ワンダースピード(11人、小牧太)
3着△ 14シャーベットトーン(6人、吉田豊)
4着- 6サカラート(4人、中舘英二)
5着- 8マイネルボウノット(12人、津村明秀)
馬連2-15 8980円 三連複2-14-15 39750円

くまちゃん  (先週終了時-33740円)
アタリ!!
三連複10450円 馬連3280円

+8730円   累計-25010円(第3位)-

もっくん  (先週終了時-17380円)
アタリ!!
馬連3280円

-1720円   累計-15660円(第1位)↑

オーラ  (先週終了時-62300円)
ハズレ   -5000円   累計-67300円(第4位)-

よっちゃん  (先週終了時-15460円)
ハズレ   -5000円   累計-20460円(第2位)↓

どうも、もっくんです。トリガミです。はぁ・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (1)

流れに逆らって本命女神に懸ける【オークス予想】

おはようございます、もっくんです。恒例早朝更新ですが、今回は徹夜しての早朝。何をしてたかと言うと風呂に入りながらオークスを考え、洗濯物を干しながらもオークスを考え、朝ごはんを食べながらもオークスを考えと、あれこれ頭をめぐらしてはいるのですが、未だに考えがまとまらない。もともとG1シリーズは苦手なのに(今年G1全敗)桜花賞1・2着馬が不在とあっては難解さに拍車がかかるというもの。今春のG1シリーズの流れ・今回のメンバー構成を考えたら「荒れる」可能性は高いと見るのが普通だろう。

だがここはあえて逆転の発想。
「荒れる荒れる」と世間が言い出したら逆にスンナリ収まることもある。ギャンブルは全員が右を向いてるときに左を向くことが勝利の秘訣。そう考えたら何も深く考えることはない。前売り1番人気7ベッラレイアでいいじゃないか。

前走のフローラSの鮮烈な勝利で示した能力がここでも随一。なんといっても34秒台前半の末脚をコンスタントに使えるのは最大の長所だ。後は前走のように大雑把な競馬をせず、コースロスなく駆けてほしい。もうこれは秋山に運命を託すしかないが。

運命を託すのは5ミンティエアー - 蛯名も同じ。この馬ではESPを連発しているだけにスタートで後手を踏まないでほしい。ただスタートを好発すれば、混戦のメンバー構成だけにコースロスのない内枠というメリットを十分に生かせるはずだ。

同じ赤帽の6ミルクトーレルを3番手に。距離伸びた前走が好内容の4着。前走と同じく内枠というのは好印象だ。

連下には2ローブデコルテ9レインダンス・11カタマチボタン・18ザレマのダンス3娘。ミルクトーレルも含めたダンスインザダーク産駒にとってはある程度早いペースで進んでくれる方がいいだろう。その意味ではどうみても短距離馬の15アマノチェリーラン、16アドマイヤスペースの2頭がペースを作ってくれそうなのは好材料だろう。

東京11R 第68回オークス(優駿牝馬) Jpn1東京芝2,400m
◎7ベッラレイア
○5ミンティエアー
▲6ミルクトーレル
△2ローブデコルテ
△9レインダンス
△11カタマチボタン
△18ザレマ
<買い目>
3連複
軸7-2,5,6,9,11,18 各100円×15点=1500円
馬連
5-7 600
6-7 200
5-6 200
2-7 200
7-9 100
7-11 100
7-18 100
<合計3000円>

・・・3000円?そうです、やはりこの状況(ブログ上では約2ヶ月的中なし)において、オークス1Rに全てを賭けるというのはリスクが高すぎます。やはり人生各駅停車もっくんとしましては、リスク分散したほうがよろしいのではないかと思いまして、残りの2000円は中京のメイン・東海Sに投資したいと思います。

中京11R 東海S G2中京D2,300m
◎9エイシンラージヒル
○5キクノアロー
▲7オリンピアンナイト
△1ラッキーブレイク
△2メイショウトウコン
△3メイショウシャフト
△14シャーベットトーン

今回は人気薄!
1ヶ月前のアンタレスSと同じ◎○。今回も懲りずに9エイシンラージヒルに本命を打つ。前走は懸念したように武豊騎乗で妙に人気になってしまった。だが今回は赤木ということもあり人気薄(8時45分現在8番人気)。エルコンドルパサー産駒でもありダートの長丁場は持って来いの舞台。あとは執拗に絡まれずスンナリした競馬が出来れば「3度目の正直」となるのではないか?

安定して走る5キクノアローは今回手替わりが若干不安ということで対抗まで。ダートの新星との期待高まる7オリンピアンナイトは中京独特のマクる展開が脚質とマッチしそう。ノリがわざわざ中京参戦ということもポイント高い。連下の1ラッキーブレイク・3メイショウシャフト・14シャーベットトーンあたりが絡んでこれば高配当の期待も。

<買い目>
3連複
軸9-1,2,3,5,7,14 各100円×15点=1500円
馬連
5-7 300円
5-14 200円
<計2000円>

--------------------------------------------------------------

おまけ(しるしのみ)
中京9R 賢島特別(1000万下 芝1200m)
◎8ノーモアクライ
○14フミノバラード
▲5スーパーワシントン
△3アナナス
△7リガードシチー
△11ブライトアイズ
△17イケタイトル

中京10R エメラルドS(1600万下 芝1800m)
◎11ロックスピリッツ
○5マイネルポライト
△1コスモプラチナ
△2マヤノスターダム
△4ディアチャンス
△7フィールドカイザー

中京12R 4歳上1000万下(芝1800m)
◎1クリソプレーズ
○4ミスティックリバー
▲11ユニバーサル
△3ミスティラブ
△5アイスドール

東京10R フリーウェイS(1600万下 芝1400m)
◎6ドラゴンウェルズ
○10レオハスラー
▲9プレミアムボックス
△2ウインディグニティ
△5キョウワロアリング
△17トーセンテンショウ

| | コメント (0) | トラックバック (6)

また夢の中へ。オークス予想

すいません、今一度起きました…。

スグ寝ます…。

対象レース

オークス

◎ベッラレイア
△ザレマ
△ローブデコルテ
△ミンティエアー
△トウカイオスカー
△ミルクとーレル
×ピンクカメオ

買い目
三連単
◎ → 各△ →各△、×  各200円   計5000円

ベッラレイアの末脚に期待するだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

そろそろ反撃してもいいですか?~オークス予想

どうも、突然ですが問題です。
「寺がありました。しかし、地震が起こりその寺は真っ二つに割れてしまいました。さて、どんな音がしたでしょうか?」
…というなぞなぞをバイト先の社員さんに出題されたものの、わりかし早く解けた、心はまだ子供なくまちゃんです。
解答はこの予想のどこかに…。(←これで注目度アップ!w)

さて。
昨日は中京競馬場までよっちゃんと行ってきたんですが、先に収支を述べておくと…
プラス1万円でした!!
だいたい事前エントリの予想で買ったんですが、中京7Rではなんと軸2頭でワンツーと幸先のよいスタート。次ぐ中京8Rでも一応○→△で馬単ゲット…だったんですが、それ以降中京のレースはあんましでした。メインはblog上では◎→△でしたが、強気で三連単フォーメーションだったのでハズレ…。
事前予想を張り切ったため、時間が余ったので東京10Rだけ時間つぶしにやってみることに。オークスの予習も兼ねてですね。
すると…
Image040 東京10  秩父特別(4歳上1000万下) 芝20  結果

1着 軸 4ゴールデンミシエロ
2着 △ 14フェスティブナイト

馬単14630円的中

…ってわけで、結局参戦してよかった♪

これで軍資金は来週の合コン代を差し引いても1万円は余裕で使えそうですね☆

さてさて。今週はオークス。
タイトルは某携帯会社のノリであるが、ホントに、当blog勝負の話ではそういう心境である。

データ的には桜花賞組だが、その桜花賞の1、2着馬が出走しないという状況が、混沌としたオッズに反映されている。
「本命不在」。
今年の荒れるGⅠロードは、「輝き続ける」のは許すまじ、FUNKY TOWNに包まれた、競馬愛好家内の「格差社会」を生み出している。
ちょっと前誰かさんがはまっていた「過去データ」によると、4枠ってのは過去10年1度もワイド圏内さえも絡んでおらず、そこに出走メンバー中重賞を勝った唯一の馬2頭が入っているというのも、最近一攫千金志向にある社会の気流に乗っかったようなサインととってもいいのではないか。

皐月賞では田中勝、春天では石橋守、NHKマイルCでは内田博、ヴィクトリアマイルでは松岡がそれぞれ初の(中央)GⅠの頂に初めてのぼりつめた(≒そこまで騎手の実力がオッズにプラスアルファさせえなかった)のもその要因。
…となると、今回の流れは7ベッラレイア?
…いやいや、彼は違うぞ。馬の背には、斤量と人気の重さがある。よってトップハンデだ。
それに、この馬には「確実にマークされる」という、週初では考え得なかった事象が発生してしまう。
…となると、残念ではあるがこの馬がドスンドスン一気にやってきても、最初にゴール板を通過することは考えにくい。
ダイワSが出走していたら、この馬へのマークは軽減されるだろうし、その他後述する理由からも週初はこの馬が◎…というのは鉄板だと思っていた。
…しかし、ダイワSが出走しない今回、展開もガラッと変わってしまいそうな今回、そして展開をプラスアルファ裏の裏を読んでみての以下の予想で、この前通う大学に近い現場で起きた発砲ろう城事件の犯人の、愛知県警(県民)は優しいから…という自信に近いものを装備した。

馬券成績は、最近好調なのだ。あとは、当blogでその気流を派生させてみろ。

2007/5/20  東京11  第68回オークス(GⅠ) 芝24   予想

◎ 10トウカイオスカー
○ 7ベッラレイア
▲ 18ザレマ
注 2ローブデコルテ
注 12ラブカーナ
△ 4ハロースピード
△ 16アドマイヤスペース
買い目
・三連複 軸⑩相手6点  15点 各100円
・三連複 軸⑦相手6点  15点 各100円
・馬連
⑩⑦…500円
⑩⑱…500円
⑩②…300円
⑩⑫…300円
⑦②…200円
⑦⑫…200円            総合計5000円

ルキンフォーオークス馬

さて。
今回もアテにならないが展開予想をしてみると、まず、サタうまで福永Jが述べていたように、各馬未経験の長距離戦なので慎重になる。
さらに今回明確な逃げ馬は△16アドマイヤスペースのみといってもいい気がする。
先週の反省から、こういったタイプは力がどうこう能書きをたれる以前に押さえておきたい。
鞍上先生が変なラップを刻む。…この馬の頭はなくなるはず。
よって普通考える展開的には、長い直線というファクターを加味すると、最後尾ではなく、気持ちもう少し前から長くいい脚を使う馬が頂点に昇りそうだ。
▲18ザレマは父ダンスインザダークから、距離に不安はない。あの大柄な馬体で長くいい脚を使えそうだ。
…しかし、上がり勝負になってしまう可能性がある今回、好位につけていないとこの馬のポテンシャルは発揮されない。
…そこで今週屈辱を味わった鞍上、武豊が魅せないか。
理想としては、「早仕掛け」「ロングスパート」。それで長くいい脚を使う。有力差し馬とは直線である程度差を離しておいて、そこからもうひと伸び。春天のメイショウサムソンのイメージか。

では、なぜこの馬は▲止まりなのか?
…たしかに、このまま◎でもいい。
以下のレース映像を見ていただきたい。

↑  2007/4/29 東京11  スイートピーS 芝18
1着 12スマートカスタム(→出走せず)
2着 9ラブカーナ
3着 5ハロースピード
4着 1スマートストーム
5着 14レインダンス
6着 15トウカイオスカー

↑  2007/4/22 東京11  フローラS 芝20
1着 2ベッラレイア
2着 3ミンティエアー

この2レースは、注目しないといけない。
ここから、◎○を打ちたい2頭がいるのだ。
1頭目は、やはり○7ベッラレイア
いかにこの馬が不利をかいくぐって「完勝」したか分かるだろう。
前があれだけ壁になり、そこから外に持ち出してねじ伏せる牝馬。時計は二の次だ。
輸送もそのとき経験済みで、「ちょっといい女だった」あざみ賞から「やっぱいい女だった」フローラSを経由し、「凄くいい女」になっても決して驚けない。その花束が、初のGⅠの頂を味わう…という騎手・きゅう舎にも向けられているのなら、それは喜ばしいことである。
…が、前述の通りこの馬は1人気でマークされること必至。
さらにスタートが速くなくても、そのような不安点を押しのける実力が備わっていると信じてやまないが、彼女に類す、大器の片鱗を魅せつけた馬がいた。

◎10トウカイオスカー
奈々ちゃんと被ってしまったのは、昔堀内さん(元巨人監督)が間違って使っていた「青天の霹靂」だが、そろそろあの独身さんにも花束を。
この馬は、「テンションが高くゲートでうるさかった。指示どおりしまいを生かす競馬をしたが、ペースが落ち着いてしまい、この馬の持ち味を活かす競馬ができなかった」(レース後の後藤Jの話)。
いわばその「実験」で、結果上がりメンバー最速の33.9を出した末脚は注目したい。
終始18番手で競馬していて、ペースが落ち着いていて1800での6着はむしろ立派だ。
そこから、「前回、どれくらいの脚を使えるかが分かったのは収穫。今回はスタートをタイミングよく出てロスなく立ち回る」(後藤J)はずで、○7ベッラレイアよりも前で競馬できそう、明らかにマークもされないなら、末脚では○と互角とみているのでこちらに分があると判断した。
NHKマイルCの差し馬2頭の競馬イメージ?
…そういえば、昨年のカワカミPはスイートピーSがステップレースだった。

注は、2ローブデコルテと12ラブカーナ
共に距離が伸びてもよさそうなタイプで、特に前者は「牝馬の福永」(←マイルール)というファクター。
…桜花賞で、ダイワSとウオッカの2強舞台を提供してしまったのは3着以下で、その「主役」2頭が参加しない今回、そこからは2しか買いたくない。
そこで11カタマチボタンは切る。この馬はマイル仕様であり、「前走が完璧だった」という調教師談なら、出遅れて自分の競馬ができなかったが上がりは最速タイだったローブデのほうに活路がある。
ローブデの頭さえも厳しいと読む今回、他の桜花賞組は不要だ。

後者は、距離が伸びてむしろ本領発揮となりそうなのは、やたらプッシュしている大スポ・杉本記者の話でよ~く分かった。
…それよりも、スイートピーSの内容。
フローラSよりもたしかに1F長いが、
・上がり3Fタイムが全て11秒台(11.2→11.7→11.9)。フローラSは11.4→11.6→12.5。
・前半5FのタイムはスイートピーSのほうが1秒速い。
という点。
そこで5番手くらいで競馬していた12ラブカーナがハナ差2着っていうのは心強い。

そこでの3着馬、4ハロースピードを△に。
ここでは2着馬と4分の3馬身しか離れていなく、「いざ追い出してから思ったほど伸びなかった」(松岡J)のなら、今回は鞍上がなにかしらの作戦で臨んでくるはずだ。
このときはテンションが高く、4角は10番手。もう少し前がいい…というわけでもなく、個人的にはイン突きで一発を期待する。それが出来る鞍上だと思う。

キルトクール5ミンティエアー
フローラSで2着、その実績からもきてもおかしくはないが、なんせキャリアが浅いことと、鞍上蛯名が「正直まだ60%の力」と発言していて、そこまで強気ではなかったのが妙に引っかかる。なんといってもESPで好位で競馬できない場合が恐い。
それでもきたら化け物ですが…。

こんな感じで。
長々となってしまってスミマセン。

大学競馬リーグの予想はコチラです。
それでは☆

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年5月19日 (土)

オークスおーおー

◎ベッラレイア
○ザレマ
△トウカイオスカー
△ミンティエアー
△ラブカーナ
×ザリーン

買い目
【馬連】
◎―○ 1500円
◎―△ 各1000円
◎―× 500円

ダイワスカーレットの回避により軸に推奨するのはベッラレイア。ここまで荒れに荒れているG1戦線。今回こそは堅く終わってほしいなぁ。関係ないですけど1600→2400ってやっぱり無理があるんで(ウイニングポストの知識ww)相手はフローラ・スイート組から…

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Feel Live予想

前回の回顧エントリで少し触れたように、本日は急遽中京競馬場へ出陣です、くまちゃんです。
相方よっちゃんを連れて、7R~メインまでやって急いでバイトへ行きます。

よって、その予想・見解を投稿してみました☆
「どう考えても○以下にはできんなぁ…」とぼやいていた対象、ダイワSが熱で回避ということで俄然混戦模様、ペース・展開も変わってきそうなオークスはそこまで購入しないと思うので、ちょっと先走りですがなんとかダービーの資金を調達できたら…と思っています。
…まぁ、本日は1万円使う予定ですが、全部すってもダービーは1万近く投資するんでしょうが(笑)。

自分で言うのもなんか情けないですが、中京なのに有名騎手いっぱい!という嬉しい誤算があります。
あとは雨が降らないのをよっちゃんと一緒に祈りましょう。


2007/5/19  中京7  4歳上500万下・定量 芝20  13時30分発走

軸 1ゲイルバニアン
軸 2マックスチャンプ
▲ 9コウエイマーブル
△ 4シャドウストリーム
△ 5コスモダンスナイト

競馬場到着後すぐ購入しないと間に合わなさそうなレース。普段500万下なんて絶対やらないんですが、なにしろ気分上々中なんで。
これはペース次第で1(先行)か2(追い込み)を軸にしたいのだが、現時点では1ゲイルバニアンが本命候補。ジリッぽいみたいだが、開幕週の内枠・先行馬というファクターだけでも買い材料だ。鞍上は藤田のように押し切りが似合う(そういえば先週はなんとかならんかったか藤田!)ので、この馬の潜在能力を引き出して。
9コウエイマーブルは実力では一歩上。仕上がり次第ではあっさりもあるが…。


2007/5/19  中京8  4歳上500万下(牝馬)・定量 芝12  14時発走

◎ 12スズカエチュード
○ 2ウインファンタジア
○ 11ラインフェニックス
△ 9ベレッツァ
△ 16ニチドウシェーバー
△ 18キシュウローズ

牝馬で500万下なんて普段絶対に…(以下同文)。
ここは12スズカエチュードが逃げ切るとみる。
相手も、前走は少し悪かった馬場で軽視したい、開幕週のような時計は歓迎できそうな2と、中京に相性のいい11(先行でお願い!)を中心にいきたい。


2007/5/19  中京9  小牧特別(4歳上1000万下・定量) 芝20  14時35分発走

◎ 8ケンブリッジレーザ
△ 3フレアリングベスト
△ 4マコトジョワイユー
△ 7ニルヴァーナ

ここからメインまでは、大学で暇な講義のときにしっかり「週刊Gallop」で検討。その成果はいかに?
なぜか7Rと同じ舞台なので、7Rの結果は活かしたいところ。また、10頭なので絞って。
どちらかというと一番減点が少ないという理由で◎8ケンブリッジレーザ。他3頭はそれぞれ不安点がある。
1人気になっちゃうかもしれないニルヴァーナは消してもいいくらいと思っている。前走とは明らかに舞台が違う。2走ボケも考慮、そうやすやすと逃げれるか?馬単の2着において配当つくなら素材面から一応押さえ。


2007/5/19  中京10  昇竜S(3歳オープン・別定) ダ17  15時10分発走

◎ 5ヤマカツブライアン
○ 2クイーンオブキネマ
○ 3フォーミュラーワン
○ 13ケアレスウィスパー
○ 15マコトスパルビエロ
△ 9パルティーレ
△ 10ホワイトメロディー
△ 11ヒシカツリーダー

一転、絞りきれなくなってしまったレース。レース名的にも是非当てたいのだが…。
それでも、◎5ヤマカツブライアンは信頼性が高い。ちょっと無理やりな感があるが、それはダービーという大目標があるからこそ。それだけの素質馬だ。
…しかしやはりきつかった…となる場合も考慮して、○からの馬券も買う必要はあろう。


2007/5/19 中京11 テレビ愛知OP(3歳上オープン・別定) 芝12 15時45分発走

◎ 17ペールギュント
○ 4アンバージャック
▲ 5エムオーウイナー
△ 6タガノバスティーユ
△ 12ラッシュライフ
△ 13アズマサンダース
△ 16スピニングノアール

高松宮記念と全くの同舞台。
そこでも17番枠だった◎17ペールギュント。短距離馬であることは前走で証明。
相手も宮記念組中心、雨が残っていたら不安な馬が多数だが…。


2007/5/19  中京12  4歳上1000万下・定量 ダ17  16時20分発走

◎ 13インペリアルパワー
軸? 7ウォーターダッシュ
▲ 8ショウケイ
△ 4アイアンキング
△ 10ワイエムサチ
△ 11オーロブライト

直接観戦できないのが残念ですが…。
ハナ(あるいは先手)を主張したい馬が多い。それでも能力のあるシルバーコレクターは軸にできると思うが…。
そこで思い切って◎13インペリアルパワーなんてどうだろう。明らかに人気しなさそうな今回、前崩れなら十分チャンスがある。




こんな感じです。

なお、当然これは暫定なので馬体重や天候、再考などで変更はあるでしょうね。

楽しんできます☆

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年5月15日 (火)

ヴィクトリアマイルの収支対決結果

2007/5/13  東京11  第2回ヴィクトリアマイル(GⅠ) 芝16  良   結果

    く  も  オ よ
1着 △ - 流 △ 4コイウタ  松岡
2着 - - 流 - 3アサヒライジング  柴田善
3着 ◎ ◎ 流 △ 16デアリングハート  藤田
4着 注 - 流 △ 8キストゥヘヴン  横山典
5着 ▲ - 流 △ 17ジョリーダンス  安藤勝

ヴィクトリアマイル


くまちゃん  (先週終了時-28740円)
ハズレ   -5000円   累計-33740円(第3位)

もっくん  (先週終了時-12380円)
ハズレ   -5000円   累計-17380円(第2位)

オーラ  (先週終了時-57300円)
ハズレ   -5000円   累計-62300円(第4位)

よっちゃん  (先週終了時-10460円)
ハズレ   -5000円   累計-15460円(第1位)




どうも、急遽今週土曜日中京競馬場参戦が決まったくまちゃんです。
メーンの後バイトのため急いで帰りますが…。
そのため、前日見解を金曜深夜に投稿予定です。

さて。
ヴィクトリアマイルですが、御覧の通り全員ハズレ。
個人的には16デアリングハート軸の三連複を購入(カワカミを入れた相手8頭。28点)していたので、非常に悔しい結果でした。3アサヒライジングは事実上キルトクールだったわけで、まさか配当が23万以上とは…。先生、こういうときに限って頑張るんだもんなぁ…(苦笑)

…まぁ、予想はまずまずだったわけで、ファーストステージ残り2戦の大舞台でスカッと当てれればヨシとしましょう。
…そうそう、ダービーは掛け金10000円ですよ、他3人!!
まだまだ逆転の余地はあります。ちなみにボクは実際の購入馬券もそんくらいにして前半戦最大の勝負をする予定です!!
現時点の最下位罰ゲーム候補は『6月~9月毎週必ず当blog上でレース回顧』とかです。なんかいい意見あったらメールしてね(笑)。

今週はオークス
個人的には早くも◎は決定、相手探しに奔走するでしょう。
…まぁあくまで最大の勝負はすっごい面白そうなダービーですが。

それでは☆

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年5月13日 (日)

スローの瞬発力勝負で生きるSSの血【ヴィクトリアマイル予想】

第2回 ヴィクトリアマイル(Jpn1)予想 「勝負対象レース」
◎16 デアリングハート
○ 2 ディアデラノビア
▲ 7 スイープトウショウ
△ 5 フサイチパンドラ
△ 6 カワカミプリンセス
△14 アドマイヤキッス

どうも、土曜日は久しぶりにプラスを計上したもっくんです。くまちゃんではないですが(笑)、以下が的中の印です。

20070513

ということで、土曜好調キープ→日曜連勝を狙うというのはくまちゃんと同じ。しかしヴィクトリアマイルの◎-○まで同じと、これは何やら嫌な予感が漂います(苦笑)。

◎-○がくまちゃんと同じということは、つまり僕も◎16デアリングハート、○2ディアデラノビアなのだ。

◎-○の根拠を挙げる前に今レース最大の注目、6カワカミプリンセスの印を△にした理由から説明したい。
6ヶ月ぶりの実戦という点。これについては秋華賞も5ヶ月振りで勝っているように鉄砲には問題はない。ただ今回の場合は3月の帰厩時点でガレて帰ってきたということが気になる。中間の乗り込みも豊富で、陣営は馬体も回復していると主張しているが、ささいな微調整で狂いは生じてはいないだろうか。
そして最大の懸念がヴィクトリアマイルというレース。くまちゃんも述べていたが、このレースは2回目なので明確な傾向と言うのは算出できない。ただし昨年がスローペースでの瞬発力勝負での決着。今年も逃げ馬が3アサヒライジングぐらいで有力馬を中心に差し馬が多いメンバー構成で、スローペース必至だろう。そうしたら上がり33秒台を要求されることになる。カワカミが33秒台の脚を使えないと言うわけではないが、これまでのレースでは厳しいペースの中で勝ち上がってきたことは事実。ダンシングブレーヴの直系なので本質的にはハイペースで各馬の体力が消耗されるようなレースが理想だろう。となると今回のレースでは、カワカミの持ち味が生きないレース展開になる可能性が高いと見る

ここまで実質全勝の実績は認めるにしても、今回は今までより遥かに懸念材料が多い。ブログでの勝負ということを考えたら、トリガミでも当てることが必要なので△評価にしたが、実際の馬券では無印に使用とも考えている。このような不安材料を消し飛ばしてくれるような馬であることも確かだが・・・

本命の16デアリングハートについて。これはくまちゃんとほぼ同見解になる。NHKマイルC2着、府中牝馬S1着と東京は得意である点も強調できるが、同馬のセールスポイントはなんといってもSS産駒であること。こちらの想定通り瞬発力勝負になったらSSの血が生きるだろうし、仮に想定より早く推移しても先行粘りこみが持ち味のデアリングなら問題ない。前走のダービー卿CTは明らかに叩き台。叩き良化型でもあり、ここは期待の一手だ。

対抗の2ディアデラノビア。阪神牝馬Sでは距離を意識して早め早めの競馬をしたが、結果として完全に裏目に出た。もともと阪神1400は3歳時のフィリーズレビューで4着に敗れているように適性のないコースなので敗戦を心配する必要はない。京都牝馬Sのようにマイルの流れで瞬発力を生かせれば悲願のタイトルを見えてくる。また3着かもしれないが・・・(苦笑)

7スイープトウショウは同じダンシングブレーヴの血を引くカワカミとは違ってS~Mペースで輝く馬。昨年のエリザベスの敗戦はその差と見ていいだろう。スイープに有利な流れになりそうな今回。黄金の末脚が炸裂するはずだ。

【買い目】
馬連
2-16 1200円
7-16 1000円
5-16 500円
6-16 600円
14-16 500円
2-7 300円
2-5 300円
2-6 300円
2-14 300円

| | コメント (0) | トラックバック (5)

懲りずに(笑)~ヴィクトリアマイル予想

どうも、某ジャニーズ6人グループのA君よりもギリギリでいつも生きていたい男、くまちゃんです。
現在当学科3位。ファーストステージで逆転するギリギリの時期が近づいてきました…。

今週はヴィクトリアマイル。
昨年より施行され始めた当レース。そのため特定のバイアスを算出することは不可能。
取り敢えず世間では「2強」という表現がされていますが、この時期の牝馬は大変なのです。それをパドックや返し馬がライブで見れない、朝馬券買ってバイトへ向かう当方には、まさに年初GⅠ「フェブラリーステークス」時に使用した言葉、「群雄割拠」の感がアリアリ。

…も、先週より私の馬券成績は好調。
土曜日は昼前からラストまで通しでバイトだったんですが、その前に唯一買った馬券が的中。
Image038東京11  京王杯スプリングC(GⅡ) 芝14
1着  8エイシンドーバー
2着  17シンボリエスケープ
3着  11オレハマッテルゼ

馬連 8020円的中

オレハとプリサイスを連にこないと踏んでの買い目。よかったよかった☆
…ってわけで、この勢いは止めたくない。GⅠで当てたい!!


2007/5/13  東京11  第2回ヴィクトリアマイル(GⅠ) 芝16   予想

◎ 16デアリングハート
○ 2ディアデラノビア
▲ 17ジョリーダンス
注 8キストゥヘヴン
注 13コスモマーベラス
△ 4コイウタ
△ 7スイープトウショウ
△ 14アドマイヤキッス

買い目
・馬連
⑯②…800円
⑯⑰…700円
⑯⑧…400円
⑯⑬…400円
②⑰…600円
②⑧…300円
②⑬…300円
・馬単
⑯→④、⑦、⑭…各300円
②→④、⑦、⑭…各200円
                      総合計5000円


藤田のハート。

先週の荒れ狂ったGⅠと同舞台で施行される当レース。
さすがにそこまでは荒れないはずだが、今回も波乱の可能性は否定できない。

その要因の一つとして挙げられるのが馬場状態。
先週のNHKマイルCもそう、土曜日の京王杯もそう、「早仕掛けでは最後差し馬に捉えられる」状況。「外枠の差し馬」というファクターがその2レースでは必ず絡み、しかも高配当だ。お蔭で17シンボリエスケープを軸にできた…というのもある。
…それならこのレースもか。
と、思ったらこの◎16デアリングハートにはならないはずだ。

これはあまりアテにならないが、僕の推測している展開予想の面が大きい。
18頭見渡して、素人目でも「ハナを主張したい馬がいない。テンが熾烈にはならない」という予想は安易。
これまでの脚質からしたら当然3アサヒライジングだが、まぁついでにこの馬についての批評を述べると、
①もう少し長い距離でゆったり先行好位につけたい。
②牝馬の場合、なかなか立ち直りが遅い。
…という評価がまず浮かぶ。
この馬は好きな1頭だが、明らかに今回の状態、舞台はベストではない。前走、14という距離もあるとは思うが、それにしても負け過ぎた。今回は無印だ。
…んで、ハナがアサヒRだとして、競わないのならSペース。
…なんだ、「Ⅰ結局上がりの瞬発力勝負か」…と感じる方、本当にそれでいいの?
ポイントは、出走各馬の脚質。
人気どころは、こぞって後方に陣取る馬である。
GⅠともなれば、そういった有力馬をマークするというレース展開が考えられる。
…すると、「仕掛けどころを誤って結局届かず」というパターンも有り得る。今回はそこに注目したい。

それなら、デアリングハート@藤田には、Ⅱあまり落ち着かせないようなレース展開を形成させ(理想としては、アサヒを押し出す感じ。…って無理?)、そのまま長い直線・府中でも後続を封じ込めてしまい、押し切ってもらいたいのだ。
…無論、下線部Ⅰのようになる可能性も高いという危険性を理解しているつもりだが。

先週のNHKマイルCや、そういえば皐月賞も、ともに鞍上は有名ながら「(中央)GⅠ初制覇」という結果肩書きが付いた。
そこでは当然無欲…とまでは言わないが、自分の力を信じて、自分の跨る馬を信じて、人気馬というプレッシャーは一切加味されない…という状況下での勝利だ。最後は気持ちの部分。馬も人もイチ生き物なのだ。
藤田は、3月下旬まで例の事件によって騎乗しなかった。その謹慎がとけて以降、順調な戦績を残している。
それは、いつものようなモチベーションではなく、あたかも各レース100%以上の力を出し切ってやるんだ…という責務が付随しているようにさえ感じられる。「強い藤田」の完成である。

もともと追いっぷりには定評のある鞍上。
「押し切り」というフレーズが似合うのは、なにもカリスマモデルだけではない。彼にピッタリだ。
…また、その他のファクターを考察しても期待度は高まる。
・東京コース…府中牝馬S勝利
・東京マイル…NHKマイルC2着
・前走はあくまで叩き台。2戦目で。
…もし下線部Ⅱのようになれば、1番栄冠に近い!!


相手本線は○2ディアデラノビア
現状、Sペースからの決め手比べになる可能性が高いのは承知なので、差し馬勢の中で一番魅力的な馬を選出だ。
前走は意外にも連逸となってしまったが、あれは阪神の坂という点、距離が少し短いという点、今回へ照準を合わせた叩き台であった点…を考慮すれば目をつぶれる。海外からの「2走ボケ」とかもあったりして。
重賞の舞台で3着がやたら多い「ブロンズコレクター」だが、能力が高いのは誰もが認めるところ。
鞍上は主戦岩田。1枠2番をどう克服するかだが、それさえなんとかなればV圏内だ。

▲17ジョリーダンス
昨年11月ようやく1000万下条件を勝ち上がったばかりの馬だが、前走を見た限りなかなか強い。
東京マイルはベストの舞台で、鞍上に好調アンカツを擁してきたのなら重い印は必要だ。

注以下、全て差し馬であるが、7枠2頭は先行に近いであろう。
注8キストゥヘヴンは、前走が不利があり、しかも切れ味を削ぐ重馬場でありながらもほとんど勝ち馬と差が無く、ベスト距離で再考だ。
△7スイープトウショウは、どうやら輸送はよくないみたい。
例によって今週の追い切りも十分なそれにはなっておらず、まぁ勝ってもなんや不思議ではないが、エリ女のように前に先行馬(5フサイチパンドラ。今回例の症状があるという情報もある)に足元をすくわれる?気がしてならない。前走の上がり(32.7)を2戦連続で使用できる舞台とは思えない。


…んで、6カワカミプリンセスの扱い。
懲りずに、ここでも無印に(笑)。
今までと違う点が、まず二つ。
・初マイル
・テン乗りジョッキー

5ヶ月の休み明けの秋華賞と降着処分となったエリ女では、「ズブさ」を見せたのは結構有名。鞍上がやけにムチで気合を入れた。
今回から永遠のパートナーに指名されたのは武の弟のほう。彼のGⅠ勝利はいずれも人気薄のものであり、人気(≒プレッシャー)を背負うとあまりよくない。先週のアサクサキングスもそう受け止めてもいい…って、無茶かw。
…しかし、いくら調教で当馬の特徴を掴んできたとはいえ、「テン乗り」であることは事実。仕掛けところを誤ると…。
また、初マイルで速くなる流れに乗れるのかという点もある。

…んで、この馬はキングヘイロー産駒。先週のNHKマイルCで圏内を賑わせた2頭も同産駒だが、木曜日の「日刊スポーツ」にある興味深いデータがあったので、それを振り返っておきたい。
キングヘイロー産駒の芝成績についての表、それから分かることについてだった。
『主要4競馬場の芝成績を見ると、同産駒は04~07年、東京芝コースで9勝を挙げている。しかし、勝率自体は7分8厘と阪神芝(1割5分9厘)、京都芝(7分9厘)よりも低く、連対率、複勝率をみても特に東京が好相性というわけではない。ちなみに、キングヘイロー自身は東京芝で8戦して{2015}。…』
こういった血統の後押しがあれば(←?)、さらに、枠がゲートでなんかやらかしそうな馬の隣り。へたすりゃ連逸もあるんじゃないかと勝手に推測し、券種的にもここは無印で。3連系を買うなら流石に3着には入れたいが。
これでも勝ったら、まさに「牝馬版・ディープ」ですよね。




こんな感じにします。
大学競馬リーグの予想はコチラ 。(投稿時点ではまだ更新されてませんでした…。)今回は僕の◎でいかしてもらいました。

気付けばもう5時かぁ…(苦笑)今日も昼バイト、朝ウインズにも行くからもう寝ないと。
最後に、お遊び程度で買う他2場のメインの予想を軽く載せておきます。
先週予想エントリに載せた予想、結構当たってたんですが、誰か参考にしてくれたかな(笑)?

京都11  栗東ステークス(4歳上オープン) ダ12
◎ 16ニシノコンサフォス
△ 5トシザヘネシー
△ 7ハリーズコメット
△ 8レキシントンシチー
△ 9チョウカイロイヤル
★(危険な人気馬) 1バンブーエール
☆(穴なら!) 11ウイングシチー

新潟11  駿風ステークス(4歳上1600万下) 芝10
◎ 14テイエムロマンス
△ 1エアニックス
△ 4ジョイントスターズ
△ 7マリンフェスタ
△ 10ナカヤマパラダイス


では☆

| | コメント (0) | トラックバック (10)

今年のマイルは荒れる?ヴィクトリアマイル予想

眠たいので、さっそく。

2007年5月13日(日)15:40発走
第2回ヴィクトリアマイル(GI)
芝・左 1600m サラ系4歳上 オープン (国際) 牝 (指定) 定量

◎カワカミプリンセス
△ジョリーダンス
△デアリングハート
△ディアデラノビア
△キストゥヘヴン
△コイウタ

買い目

馬単 各△→◎ 各1000円 計5000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

びくとりあ参る

2007年5月13日(日)15:40発走
第2回ヴィクトリアマイル(GI)
芝・左 1600m サラ系4歳上 オープン (国際) 牝 (指定) 定量

このままではやばい!!
最下位単独独走中。
ここらで大逆転にかけて3連単で勝負します!!

◎カワカミプリンセス
○ディアデラノビア
☆ビーナスライン

買い目
3連単
◎→○→総流し 各100円
◎→総流し→○ 各200円

単勝
☆200円

もはやここらで当てないのはヤバイ。この買い目はしたくありませんでしたが、とりあえず当たってほしい。切実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

5月6日の収支対決結果

2007/5/6  東京11  第12回NHKマイルC(GⅠ) 芝16 やや重   結果

    く  も  オ よ
1着 - - - - 14ピンクカメオ  内田博  17人気
2着 ▲  B ☆   △ 10ローレルゲレイロ  藤田  1人気
3着 - - - - 18ムラマサノヨートー  小林淳  18人気
4着 - - - - 12シベリアンバード  田中勝  15人気
5着 △ - △ - 11トーホウレーサー  四位  7人気

NHKマイルC
単勝7600円 馬連30800円 枠連1440円 三連複1221770円 三連単9739870円


くまちゃん  (先週終了時-23740円)
ハズレ   -5000円   累計-28740円(第3位)

もっくん  (先週終了時-7380円)
ハズレ   -5000円   累計-12380円(第2位)

オーラ  (先週終了時-52300円)
ハズレ   -5000円   累計-57300円(第4位)

よっちゃん  (先週終了時-5460円)
ハズレ   -5000円   累計-10460円(第1位)




どうも、大学の講義中に投稿という有意義な時間を過ごしているくまちゃんです。

さて。先週のNHKマイルC。今年のGⅠ戦線を象徴するような非常に荒れたレースとなりました。
1着と3着の馬は超人気薄で、鞍上の思い切った騎乗が功を奏した点、事実上「重」だった馬場状態…というファクターが大きかったんでしょう。

こんなレースを当てた方って、どう当てたのかとか考えてみました。
まず、勝ち馬14ピンクカメオ。これはもっくんの予想で他の馬ですが指摘している「フレンチデピュティ産駒で人気薄」という点、当馬は府中向き、今年の3歳牝馬戦線は強い…という点で買った人が多かった気がします。
2着は10ローレルゲレイロ。決め手不足の感がありシルバーコレクターになりそうな当馬を、「軸」または「2着付け」という買い方が賢いですね。僕の愛読書「週刊Gallop」に掲載されていた三連単の2枚の当たり馬券、共に2着付けでした!(しかも片方は1着⑭固定→2着⑩固定→3着に幅広く…で各200円投資していましたので、払い戻しは…)
3着馬は何度予想しても絶対に拾えない自信がありますが、ということは一番賢くて僕でも買えたのは枠連ですね。○13ダイレクトキャッチ注15ハイソサエティーは勝ち馬と同じ7枠でした。

でもねぇ…6着以下も9人気→10人気→6人気と、人気馬はさっぱり。
いかに3歳牡馬路線が混沌としているのかが分かりますね。(皐月賞、NZTも大荒れ)こりゃ難問ですよ、馬券当てるのは。

さぁ。
気を切り替えて今週も府中のマイル戦、ヴィクトリアマイルが施行されます。
昨年は三連単的中という縁起のいいレース。プライベート馬券は先週プラスで上昇気流なので、そろそろホントにGⅠ当てないといけませんね。
ちょっと今週は忙しいので、眠気まなこで予想を投稿するかもしれませんが…頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月 6日 (日)

「方向転換」 馬券の買い方は慎重に

GW最終日、みなさんいかがお過ごしですか?GW馬券は散々なもっくんです。土曜日の京都新聞杯も2着(ローズプレステージ)3着(サンライズベガ)は拾えていたのに、本命(フェザーケープ)が5着ではどうしようもなく、なんとも頭を悩ましいところです。この京都新聞杯は印的には▲→△→△→○→◎と上位馬には印は回っているのですが、買い目が◎からの流しだったので不的中・・・

僕は基本的には◎を軸にする馬券しか買わないんですが、その場合だと他馬は拾えているのに本命が来ないというケースで悔しい思いをよくします。そう、昨日の京都新聞杯のように・・・

今回のNHKマイルC。下馬評は「大混戦」。ただでさえ難解なG1の予想にさらに拍車をかけています。こういうレースでは、「◎中心主義」を置いといて手広く買うことが、的中への近道ではないでしょうか?

ということで今回は3連複7頭BOX作戦を敢行。来ればどれも万馬券という組み合わせで挑みます。

第12回NHKマイルC(Jpn1)予想【勝負対象レース】
①アサクサキングス

・・・皐月賞は伸びきれず7着。近親にジェニュインがいる背景から距離短縮はプラスだろう。ホワイトマズル産駒だけに、渋った馬場も○。
②マイネルレーニア
・・・崩れたのは2度の中山マイル戦のみ。だが東京マイルとは適正の異なる舞台だったので気にしなくて良いだろう。京王杯勝ちの東京コース、サンツェッペリンで魅せた松岡騎乗も魅力。
④マイネルフォーグ
・・・あっといわせたNZT。フロック視されるかもしれないが、過去には京王杯2着の実績もあり侮れない。スターオブコジーンなら渋った馬場も歓迎。
⑤マイネルシーガル
・・・この馬も皐月賞は長かった。枠順も良く、好位からの競馬ならチャンスあり。
⑨ワールドハンター
・・・芝に変わったここ2戦の差し脚が強烈。NHKマイルC得意のミスプロ系でもある。
⑩ローレルゲレイロ
・・・堅実馬で距離短縮もプラス。あとは初の府中がどうかだけ。
⑮ハイソサエティー
・・・芝2戦2勝。フレンチデピュティ産駒と言えば2002年クロフネ-グラスエイコウオーでワンツーもある。人気薄なら面白い。

(買い目)
3連複BOX
①②④⑤⑨⑩⑮各100円×35点=3500円
3連複
軸②-①④⑤⑨⑩⑮各100円×15点=1500円

| | コメント (0) | トラックバック (2)

I wanna be the rain for…~NHKマイルC予想

どうも、人生20年、「辛いとき辛いと言えたらいいのに」とか思う機会すらなかった、割かし前向きで悩み続けない男、くまちゃんです。

ゴールデンウイークもあと1日。
先週は当エントリで「幸先のいいスタートを」とかお決まりのフレーズを使用していた記憶がありますが、今週も「最終日はしっかり締めたい」(昨日の試合後、ソフトバンクの某選手がヒーローインタビューで言ったらしい)という都合のいい台詞を残しておこう。
2着にノーマークだった福永が入った春天で嫌な予感がした当方。なんと中日、落合政権初の6連敗を喫した連休となってしまいました(観戦に行った4月26日から)。まさに「大型連休」。
観戦に行った4日も含め、昨日で3連勝と持ち直してきたのがせめてもの救い。ライバルは誰かさんの応援している横浜…ではなく、巨人一本!!来週末の東京ドームらへんが勝負でしょう。

今週の勝負対象レースはもちろん「NHKマイルC」。
荒れる気配満々な当レースをモノにした人の順位が上がるのは必至とみます。

今週は、先ほどまで頑張って予想してみた他のレース(こういうときに限ってあんまし魅力的じゃなかったけど…)の予想も掲載します。頼むそろそろ!

2007/5/6  東京11  第12回NHKマイルC(GⅠ) 芝16   予想

◎ 1アサクサキングス
○ 13ダイレクトキャッチ
▲ 10ローレルゲレイロ
注 2マイネルレーニア
注 15ハイソサエティー
△ 5マイナルシーガル
△ 11トーホウレーサー

買い目
・馬連
①⑬1000円
①⑩800円
①②600円
①⑮600円
⑬⑩600円
⑬②400円
⑬⑮400円
・馬単
①→⑤⑪…各300円
合計5000円

今すぐ万券ほし~の宣言その2!!

万券が欲しくでも、結局「馬連」券種である自分。「当てたい」という想いを受け取ってほしい。
日曜の府中はしっかりと雨が降りそう。それは見逃せないファクターであろう。

先週の天皇賞・春。
結局単勝なら的中した人が多かったのだろうが、「土曜すぽると!」でお馴染みの本田アナもその一人。素でメイチュウサムソンと発言したのは、元フジテレビアナ内田恭子の「川上(かわうえ)」発言に類すものでご愛嬌なのだが、そんな軽いノリで笑顔の花が咲くせちない世であるのは理解しているつもり。なんせホントに命中(的中)したのだから。
そんなアナウンサーが、今週本命にしたのが◎1アサクサキングスだ。

常識的に考えたら、焦点は皐月賞(アサクサ、Mシーガル、ゲレイロ)よりも中山マイルNZT(Mレーニア、Mフォーグ、Wハンター、Tレーサー、シベリアンバード、Sストライプ、ムラマサノ)なのかもしれない。
ちょっと見てみようか。

1着 6トーホウレーサー  後藤 11人気
2着 3マイネルフォーグ  江田照 16人気
3着 12ワールドハンター  蛯名 8人気
6着 7シャドウストライプ  安藤勝 2人気
9着 2マイネルレーニア  松岡 3人気

皆さん周知の通り超荒れたわけだが、まず前半4Fが46.1でHペースであったのにもかかわらず、割かし前崩れにならずに4角2、3番手だった馬2頭が連に絡んだ。
その要因は、おそらく馬場のいい外を通り、前2頭をマークできる絶好位置だった点(勝ち馬)なのだが…。
…しかし、それでは同距離の今舞台でも通用するのかと言ったら、結論からすれば「ノー」。
その「中山16」という舞台で施行されるようになった過去7年、勝ち馬は今レースにおいて1連対しかしていない。しかも他は大敗。
後の予想で登場するファイングレイン、ロジックはNZT2、3着馬で昨年高配を生み出してくれたわけだが、不思議なことに勝ち馬となるとダメなのだ。
それならあいつも…と思ったが△11トーホウレーサーでいきたい。
その理由としては、前走よりもさらにパワーアップしていること…というよりは、馬場状態。ある程度前で競馬する同馬にとって(ヤネが積極的ではなさそうだが)、馬場悪化はいいはず。前走と同じように運べれば。

それよりも、注2マイネルレーニアに期待したい。
今回の馬場状態、ある程度速くはならないであろう展開を考慮した場合、まず「内枠・先行」は買い材料。
まして、鞍上は松岡。皐月賞のサンツエッペリンのイメージとダブる。
NZTでは不本意な9着だったが、レース前からイレ込んでいたので出遅れてしまったのが敗因。3角でようやく2番手、なんせHペースだったわけだから度外視だ。

16シャドウストライプ
はコースロスさえなければ…という内容であったし、そのペースを活かして上がりの競馬で6着まで食い込んだのは初芝にしては上々。
…も、やはり本質的にはダート馬な気がする。アンカツの勢いも…?
…そこで、今週より記載するキルトクール(競馬予想界の一部で流行っている言葉。切ると来る)1頭目に指名。要は「切ったらきたか~!」という、自己満の境地だ。


…このように、NZT組は軽視する方向の予想。
皐月賞は、そこまで振り返る必要はないと思うので深くは触れない。

…というわけで、その皐月賞では7着だった◎1アサクサキングス
それは別にどうでもよくて、距離短縮はプラスに感じる。
ベストは18だと思うのだが、20よりはマイルな気がする。
…というのは、その皐月賞では「いい競馬ができた」というヤネ談だったが「距離が原因なのかも」と付け足したコメントも理由の一つだ。
この馬の持ち味はなんといってもスピードを活かした前前での競馬。
主戦鞍上はわりかし控える競馬をする印象だが、それではこの馬の持ち味が発揮されない。
それを熟知したのかどうかはさなかではないが、好プレーが光ったのが、わざわざ京都競馬場まで行ったときの2走前のきさらぎ賞。
他にいく馬がいないと踏み、終始1番手でいいペースに持ち込んでの競馬で完勝した。
「内枠で先行」…という、さっき記載したファクターにも当てはまっている…も、最内というのは実は危険。揉まれたら厳しい。
…も、今回メンツ的にそれほど行きたい馬がいないし、鞍上がスッと前で競馬するとしたら最内は好都合ではないか?
調教に関しても「動き絶好余力十分」という東スポのお墨付き。
タイトルの「…」にはこの馬名が入る。


先月から◎にしようと思っていた○13ダイレクトキャッチ
陣営の「目標は次(ダービー)」と匂わす発言も若干気になるが、それよりも気になるのは当然雨予報。
…しかし、わざわざ中山のレースを自重し、東京一本でプリンシパルSではなく賞金の高いこっちに挑んできた陣営、余裕残しでも自信はあるのだろう。
そりゃそうだ。2月の共同通信杯の終いの伸びを皆さんは御覧になったか。あとちょっと追い出しが早ければ、「世代最強」ホウオーに勝っていたのだ。まさに「長くいい脚を使える」というフレーズがぴったり。
大学競馬リーグ(最近僕のコメントが記載されて嬉しい!)では◎。雨予報をもろともにせず、差してくる筆頭はこの馬に違いない。いい意味で後悔させて!

当然▲10ローレルゲレイロは外せない。
「叩き台」であった前走皐月賞は思いのほか健闘(6着)。復帰した藤田の好騎乗が光った。
「最強の1勝馬」というフレーズだが、まぁ確かに今回特に負ける要素がないのだが、ワンパンチ足りないというのも事実で。
皐月賞組なら△5マイネルシーガルも押えたい。レベル的には絶対にNZT組<皐月賞組だと思うし、距離短縮は確実にプラスである。

他、全くの別路線2頭が気になる。

6イクスキューズ
は、強い3歳牝馬戦線で戦ってきただけにあって外せない…とは思ったが、どう考えてもこのローテは厳しいだろう。
前走は3着に残ってしまい恨んだが(苦笑)、あれは展開利。
体調的に厳しいと思う。テン乗り鞍上も気になるところ。
そこでキルトクール2頭目だ。
それよりも、注15ハイソサエティーに魅力を感じる。
NZTでは除外を喰らったわけで、「ただの500万勝ち馬」と軽視したら恐い。
クラスのレベルはあれど、「芝マイルで2戦2勝」という要素は魅力。
レベルが上がったクラスで未知の魅力が発揮されてもおかしくはない。
叩き2戦目で先行から好位差しがあっても。



こんな感じでいきます。

…そして、疲れましたが明日参戦予定のレースの予想を軽く記載。
2レースくらいは、なんとか当たってくれたら…


東京10 オアシスステークス(4歳上オープン) ダ16

◎ 9イブロン(ここでも)
▲ 2ラッキーブレーク(ダートに戻って)
△ 8トップオブワールド
△ 10カフェオリンポス
△ 13オフィサー
△ 16ジュレップ

東京12 テレビ埼玉杯(4歳上1000万下) ダ16

◎または○ 10フサイチウィード(最近堅実で)
○または◎ 14マイネルギルト
▲ 2セレスケイ
△ 6ヘイアンルモンド
△ 9ハセノダンディ
△ 12カネマサデューク
△ 13エプソムボス

京都10 祇園特別(4歳上1000万下) 芝14

◎ 6タイキマドレーヌ(京都で末脚発揮)
○ 8フミノバラード(前残り)
☆ 2、4、9、10、13

京都11 都大路ステークス(4歳上オープン) 芝16

◎ 6ニシノデュー(前走度外視。今回は展開利も?)
△ 1マイネルハーティー
△ 5インマイアイズ
△ 8マヤノライジン
△ 10ブラックカフェ
△ 11スーパーホーネット
△ 15ファイングレイン(久々でも頑張って!)
△ 16グランリーオ

京都12 4歳上1000万下 ダ18  (難解)

◎ 8マコトスペリオル
△ 4、5、7、10、11、13、14


それでは☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

アイハブノータイム、NHKマイル予想

混戦模様の今年のNHKマイル。
どの馬が来るのかは分かりませんが、私が今言えるのはただ一つ、「時間がない!」
ということ、この一週間寝て食ってバイト行っての繰り返しでしたから。
この後まだ、HP更新して、課題を少しやらないと…。

ということで、対象レース。

2007年5月6日(日)15:40発走
第12回NHKマイルカップ(GI)
芝・左 1600m サラ系3歳 オープン (混合) 牡・牝 (指定) 定量

◎アサクサキングス
○マイネルレーニア
▲イクスキューズ
注ダイレクトキャッチ
△ローレルゲレイロ
△マイネルシーガル
△マイネルフォーグ

買い目

◎1頭軸 ○~△相手 三連複 1500円

馬連 ◎○ 500円 ◎▲ 500円 ◎注 500円 ◎各△ 200円
     ○▲ 300円 ○注 300円 ▲注 300円

枠連 1-3 400円                    計5000円

夢の3M馬券!!マイネル(レーニア、シーガル、フォーグ)の三連複 100円

時間がないので、買い目も意味不明でチョー適当です(笑)

▲印ですが、イクスキューズには特に期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKマイルC予想

オーラ君が投稿できないということなので、もっくんが代理投稿します☆

◎マイネルシーガル
○アサクサキングス
▲ダイレクトキャッチ
☆ローレルゲレイロ
△シャドウストライプ
△トーホウレーサー
△マイネルレーニア
△イクスキューズ


【馬連】
◎-○ 1200円
◎-▲ 1000円
◎-☆ 800円
◎-△ 各500円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

4月29日・天皇賞(春)の収支対決結果

2007/4/29  京都11  第135回天皇賞(春) 芝32 良   結果

    く  も  オ よ
1着 - - △ ◎ 6メイショウサムソン  石橋守
2着 - - - - 16エリモエクスパイア  福永
3着 ◎ △ △ △ 12トウカイトリック  池添
4着 △ ○ ◎ 注 8アイポッパー  安藤勝
5着 △ - △ △ 10トウショウナイト  武士沢


くまちゃん  (先週終了時-18740円)
ハズレ   -5000円   累計-23740円(第3位)

もっくん  (先週終了時-2380円)
ハズレ   -5000円   累計-7380円(第2位)

オーラ  (先週終了時-47300円)
ハズレ   -5000円   累計-52300円(第4位)

よっちゃん  (先週終了時-460円)
ハズレ   -5000円   累計-5460円(第1位)


どうも、6月に「グラビア界の黒船」ことリア・ディゾンちゃん(僕らと同世代!20歳!)にそっくりなAV嬢がデビューという情報をいち早く某スポーツ紙で入手したくまちゃんです。
絶対売れるでしょうね。

さて。日曜日の天皇賞(春)。
御覧の通り全員ハズレでした…。
今度は福永でしたか…穴男。上村(宮記念)、松岡(皐月賞)、福永(春天)は人気薄のとき要チェキ!!ですね。…たまたま?
そうそう、個人的にはメインは新潟でした。…キンシャサが出走だから(笑)。着差以上に強かったです。馬単ありがと!!

どうせ今週も回顧できそうにもないので今触れておきますが、まず勝ったのは無印にした6メイショウサムソンはっきり言って強いです。
それを十分分かっていて、周囲の雑音をモロともせずに強気の騎乗をしたヤネ。
下り坂を利用して、4角2番手まで押し上げてきて、そこからは持ち前の勝負根性を活かす競馬でした。参りました
不安筆頭要素だった「距離」も大丈夫みたいで、次の目標は距離ベストくらいな宝塚記念みたいなんですが、ドリパスがでないのなら最有力なんだろうなぁ…。

2着に入ったのは、高額配当の立役者16エリモエクスパイア
2走前のダイヤモンドS(芝34)は、決してフロックではなく、斤量(53)のおかげでもなく、ヨコテンだったから…でもなかったのかなぁ。クビ差2着だったんだよなぁこの馬。
そして前走は大敗しましたが、今新聞を読み直すと「中間の調教は折り合いをつけることを覚えさせた。最終追い切りでは巧くいった。2週前から福永Jに乗ってもらい、クセも掴んでくれた」という大久保龍師のコメントがある。ノーマークは危険すぎました。

そして3着は◎12トウカイトリック。ゲートオープン前は「馬券全額返還か?」とか思ってましたが、無事出走。この馬なりにベストだったと思います。
今後も追いかけて行きたいですね…って、次何に出走するんだ?
…んで、この馬のせいで負けたといっても過言ではない4着△8アイポッパー。この馬があの位置ではダメでしょう。いくらメンバー上がり最速でも…。

時間があればもっとレース映像見て是非復習したいレースですね。


さぁ。
今週は土曜日に2重賞(新潟大賞典が面白そう)、日曜日はNHKマイルC!!

僕は当然GⅠで勝負します!もちろん前から追いかけていたあの馬は◎~▲には入るでしょう!人気してても…。

…って、Gallopオッズ予想7人気?!これは楽しみになってきました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »