« 桜の花びら落ちるスピードで駆け抜けろ。桜花賞予想 | トップページ | 久しぶりに心を酔わす「3強」対決 »

2007年4月 8日 (日)

そんなに綺麗になりたいの?~桜花賞予想

どうも、ついに大塚愛最新アルバム「愛 am BEST 」を購入した(モチ初回限定盤)くまちゃんです。

さて。
いよいよ毎日牛丼深夜… ではなくて、桜花賞がいよいよです。
暖冬となり、この時期以前に桜が散ってしまうのではないかという懸念がありましたが、異常気象のためにそれは大丈夫そうで。
桜舞い散る仁川での女の子のクラシック第1弾を、バイトの休憩中にワンセグで見ようと思います。

下馬評では「3強」。
まぁ、時計面も含めてこの3頭の力は相当なものであることは事実でしょう。
先ほど拝見したオッズから、それは容易に理解できそう。

単勝オッズ
14 1.5
15 4.8
18 6.1
1  24.7
17 30.9
7  46.3
3  47.6
8  54.9
6  64.5
5  69.6
10   95.0

…ですが、僕は少なくても「3強」というバイアスで予想はしていない、そのような前提条件を加味した予想とはいえない…と、まずここで前置きしておきたいと思います。


昨冬より新装された阪神コース。
その影響で今年は外回りコースとなったわけですが、ある興味深いデータが2つあります。
まず、13番枠より外で勝った馬は22レース中2頭(週中でどっかのスポーツ紙に掲載)ということ。
次に、さっきサタうまでやってたんですが、ほぼ4番人気以内の馬が勝っているということ。

今回、前者のデータを取るとその「3強」は不利…ですが、後者のデータを取ると有利…というように、そういった条件を加味すればいかにその3頭3連単ボックスが夢も希望もない馬券であるかは理解できます。
つまり何が言いたいのかというと、決して「3強」ではないということ。




2007/4/8  阪神11  第67回桜花賞(GⅠ) 芝16   予想

◎ 14ウオッカ
注 6ローブデコルテ
△ 7イクスキューズ
△ 10ハギノルチェーレ
△ 15アストンマーチャン
△ 18ダイワスカーレット

買い目
・馬連
⑭、⑥…1200円
⑭、⑦⑩…各1000円
・三連単フォーメーション
⑭→⑮⑱→⑥⑦⑩…各300円              計5000円


希望枠廃止は今年秋から

能書きは不要。◎14ウオッカでいく。
例えば、だ。彼女が大外枠を引いたり最内枠を引いたりしたら、少しは再考の余地はあった。…しかし、仮に既述したデータ(彼女にとって都合の悪いほう)が存在しようとも、この枠は「希望枠」。彼女潰しにかかってくる他「2強」がさらに外枠を引いたのは、さらにその希望をアシストする要因となったのは違いないであろう。
最も、いや、唯一、彼女が取りこぼす環境となりそうなのは「展開」。
…ではそれは彼女の神懸り的な強さという聖域に触れることはできようか。
それはどうか。
…ここで2走前のエルフィンSを振り返っておきたい。
新聞の成績欄を見るとSペースとなっているが、実際は様々な競馬blog上で触れられているようにテン1Fのみが12秒台という淀みない締まった流れ。
さらに3走前、阪神JFでは、Mペースではあるが走破タイムはJRA史上2歳トップという先行馬には厳しい流れのなか、それならば追い込み馬に活路が開く舞台であるにもかかわらず1角を除き6番手で競馬をしてあの末脚だ。
その3走前を褒めるのなら、当然あの馬にも触れる必要はあるが、それは後述で。
つまり、どのような流れでも対応できる。その上末脚はナンバーワン。そこを強調しておきたい。

唯一単逸したのは2戦目「黄菊賞」であるが、それはコチラの「一言コメント」 を参照してもらいたい。要は、「一辺倒」では駄目。それを陣営並びに四位Jが「試した」ということだ。
新馬戦は参考外として、残す過去レースはチューリップ賞であるが、これはクビ差ではあるが事実上「完勝」。
チューリップ賞映像
レース後、Dスカーレットの手綱を取ったアンカツさんは「楽に並ばれてしまった」と完敗を含有したコメントを残した。
前回のようでは当然敗れることは当然理解している鞍上が、今回何かしらの対応策を講じてくるのは明白ではあるが、それも後述の見解で残酷ではあるが「無駄な努力」になりかねない。

ここで勝ったらダービーというプランもあるが、さすがに24でホウオー等相手ではどうだろう。
…でも、ここは万全に仕上げ、万全な横綱競馬を魅せて先に進むんでしょう。


桜の花びら散る前に、届かぬ想いがあと2頭

さて。
残り「2強」の扱いであるが、共に押さえという位置づけにした。
個人的には、△15アストンマーチャン>△18ダイワスカーレットという力付けであるというのはここで前置きしておきたいのだが…。
マーチャンの場合、先ほど触れた阪神JFでのクビ差2着。…しかし、クビ差とはいえどもチューリップ賞のスカーレットのものよりも価値があると推測する。
…「しかし、阪神JFを思い起こしてほしい。前半が34秒4。これでも前後半差が+0.5だから決して速いという流れではない。アストンMは流れに乗って直線楽に後続を引き離した。ウオッカはというと、最内で包まれたこともあって一瞬引き離された。ウオッカの上がりはアストンMより9.3速い34.2。33秒台の切れ味を封印され、わずかにクビ差だけアストンMをとらえた。 そこを考える。それならあと0.2前半が速かったらどうだったのかと。たぶんアストンMが勝っていたはず。すでに軍師武豊にはわかっていること。阪神JFの勝負どころで一気にペースアップできなかったのは、恐らく距離に対する不安があったからだろう。 16をこなした今、距離不安は完全に払拭され、あとはどこでトップスピードに上げ、ウオッカ以下の後続に脚を使わせるかの問題。」…と、8日付けの東スポ1面で尊敬する馬券師「清水成駿」が述べている。
それを読んでなるほどなと感心した。そこで余裕残しだった女王に敗れたスカーレットよりも格を上げた…というのも当然あるのだが…。
阪神JF映像
しかし、僕が付した下線部には少し疑問がある。
やはり、前述のように阪神JFは厳しい流れではなかったか。
それで、より後方に位置したウオッカ嬢のあの脚を見れば、たとえより前半の流れが0.2速くともウオッカが優勢だったのではないか。マーチャンがその流れでより前にいる保障はないし、ウオッカがより後ろにいる保障だってない。

スカーレットの場合、以前チューリップ賞時の予想でも触れたが、Sペースしか経験していないというのが不安材料。
たしかに、皐月賞を勝とうかというあのアドマイヤオーラに1勝1敗の器なのだから、それは力の絶対値で払拭されるべきファクター…と前置きされてしまえば、我が身の上に鉄砲雨を降らされたような感覚であるともいえるのだが…。

しかし、この2頭を△に留める最有力な要素はそう、「展開」である。
阪神JFと同様、あるいはそれ以上のペースが予想される今回。1ショウナンタレント陣営が無駄に大逃げを目論んだ発言もしているし、まぁそれは前で競馬をするしか活路は開けないという「正論」に基づいてのものであるのは理解できる。
ついでにこの馬に触れておくと、先に予想した二人には申し訳ないのだが、確かに3年連続で連対馬を出しているフラワーCで逃げ切った実力は認めるが、今回は明らかに格が違う高速舞台。思い思いの競馬はできそうにもない…というのが僕の見解だ。
…というわけで、同馬が大逃げしたり、他の4着までには入りたい馬もウオッカ嬢より前で競馬をすることは容易に推測できるわけで、流石にそこでゆったりしたペースは考えにくい。
すると、前述のようにDスカーレットにはその不安要素も襲撃されるわけである。

もう一つ。
その展開面で最重要なのは「2強」の潰し合い
特にスカーレットのほう(理由は前述のチューリップ賞)だが、当然ウオッカ嬢よりは前で競馬するはずであって、それを希望ではなかろうがマーチャンがマークすることになる。
その2頭をマークできるという、強みがウオッカ嬢にはある。
何べんも触れるが、スカーレットは大物であることには違いないのだが、大舞台の流れを経験していないのは明らかに弱み。
まして、この2頭はウオッカよりも外枠。スカーレットに至っては大外。
新装阪神ではそこまで枠の有利不利はないという声もあるが、いやいやどうして間違いなく極端な枠は不利だろう。終始外を回らされるなんて、たまったもんじゃない。

「大スポ」上田さんは、ウオッカを飲んで悪酔いするんでしょう(笑)。


今度こそ女の子攻略

まともに女の子を攻略できずにいるくまちゃんであるが、前述のような見解ならば他に世間的な惑星馬を取り上げる必要があろう。個人的には惑星ではないということだ。
そのトップバッターはサノ穴注6ローブデコルテ
陣営が気持ちいいくらい強気だが、注目すべきは当然3走前の阪神JF4着。あれは先行馬なのに17番枠、結果終始12、3番手で競馬せざるを得ない状況下のものである。
次ぐ距離1F短縮の紅梅Sでは、出遅れながらも、Hペースながらも勝利。
前走のチューリップ賞は少し納得できないが、「少し体が立派だった」(松元茂調教師)ということで、あくまでも本番を意識したと思われるので及第点だろう。
3走前、2走前のような、厳しい流れは得意のはず。

関東馬なら、△7イクスキューズ。熱発の影響もないだろう。
前走クイーンCが強かった。2着は3カタマチボタンであったが、あれは「アンカツが並んできたときも、追い出しを待てた」というレース後の藤沢調教師談により、完勝であったのが分かるだろう。
それならば季節馬ボタンはここでは厳しい気がする。
また、この馬は自在性がきくという強みもある。直線長い東京コースで、4角2番手からあの脚を使えたのは注目すべき材料だ。ボタンは前走のみしか重賞を戦っておらず、それに対しこの馬は阪神JF(5着)を筆頭に4走出走。

そして、△10ハギノルチェーレ
これは、ウオッカよりも後ろという前提で、最も末脚に期待できそうという理由だ。
前がバッタバタの展開なら、33秒台の末脚を出したことのあるこの馬にもチャンスはないか。

その他、さっきの3カタマチボタン、8ピンクカメオ、17エミーズスマイル辺りもバッサリ斬りではないのだが、さすがにもう広げられないでしょう。


馬券のほうだが、さっき確認したら馬連でも馬単でもウオッカ1着前提ならあんまし変わらないので、競馬に絶対はないということで連に。
また、ウオッカ→「世間的な残り2強」はトリガミになってしまう、とっても嬉しくない…という理由から、3連単の2着付けに。これなら最低でも40倍はつくとのことなので。




長くなりましたがこんな感じで。
実際今日バイト前にはよっちゃんにも頼まれてますしウインズには朝行きますが、春の牝馬ということでフケという心配もあり、買うかどうかは分かりません。

ちなみに大学競馬リーグの予想はコチラ
兎に角ウオッカ嬢!!期待しています。

|

« 桜の花びら落ちるスピードで駆け抜けろ。桜花賞予想 | トップページ | 久しぶりに心を酔わす「3強」対決 »

「レース予想(くまちゃん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/6013520

この記事へのトラックバック一覧です: そんなに綺麗になりたいの?~桜花賞予想:

» 芸人 [タレント]
芸能人・アイドルに関する情報をお届けします! [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 04時38分

» 芸人 [タレント]
芸能人・アイドルに関する情報をお届けします! [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 06時06分

» 芸人 [タレント]
芸能人・アイドルに関する情報をお届けします! [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 06時29分

» 競馬新聞で予想するのはもう止めませんか? [競馬新聞で予想するのはもう止めませんか?]
競馬新聞で予想するのはもう止めませんか?では、競馬新聞を買って予想している人なら今までと全く同じ費用で、良く的中し、そして儲かることができる電脳競馬新聞を読む方法を伝授します。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 06時56分

» 主婦・OL・社長・学生・サラリーマンの皆様 5分間だけ 時間を下さい! [始めたその日に 高収入GET!! 稼げなければ全額返金保障致します!]
稼ぎたいけれど、この情報で本当に稼げるのか不安だという あなたの気持ちは、よく分かります。 しかし、情報に自信がなければ、返金保障などしません! このノウハウは本物です! 他の販売者の方には申し訳ありませんが これは今までで最高のノウハウだと思っています。 ... [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 07時28分

» スキンキアで美容☆ [30日で10歳若返る方法]
本当に「綺麗になりたい」「若く見られたい」と思うなら今すぐ高額投資はやめてください。 なぜなら・・それでは綺麗になれない理由があるからです。 [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 07時19分

« 桜の花びら落ちるスピードで駆け抜けろ。桜花賞予想 | トップページ | 久しぶりに心を酔わす「3強」対決 »