« ネガティブな風に乗って(笑)大阪杯 | トップページ | 一年前、スタートは雨だった【ダービー卿CT予想】 »

2007年4月 1日 (日)

手帳開くと、もう1年経つなあって~大阪杯(GⅡ)予想

どうも。
「実は野球も好きで」と昨日バイトの社員さんに言ったら、賭博は止めとけと勘違い発言をされ、いつの間にやら博打大学生の肩書きを背負っていたくまちゃんです。

一部の当blogのマニアの方々、そして僕ともっくんならご存知でしょうが、
当blogは無事1周年を迎えました!!
当blogの醍醐味、馬券収支勝負するという企画は一応僕が考えた案なんですが、一応そのスタイルだけは変わらずにやり遂げてきました。
読者の皆様、そして特にもっくんには感謝しております。よっちゃんもオーラ君にもですが。

ちょうど1年前、僕は競馬の知識なんてやっと券種を覚えた程度、後は新聞片手に適当な勘で…という予想スタイルでした。
一方当blog設立当初から、血統や過去データ等を駆使して予想していくもっくんが相手で、まさに「胸を借りる」立場であった僕でしたが、少しずつですが自分なりに予想の精度を上げていき、トータル収支の面を踏まえたら中穴狙い程度がベストであるという自論に結び付き(一時期ひたすら穴狙いだったころがあったのは反省ですが)、個人的には、昨春のミラクルよりも、昨秋の菊花賞や今考えても意味不明な秋華賞(無印→○→▲)やなんといっても朝日杯FSの◎→○→▲といったレースに感慨深いものがあります。

年が明け、二人が加入し、GⅠも難解な2レースしか施行されていない現在、特に3月はまぁ酷い予想でしたが、今後必ずや巻き返します。
いつの間にやらもっくんに離され、収支もトータルでプラスかマイナスかのところまできてしまっていますが、競馬というものは波があります。
上昇するのを今は待つときなのだという神のお導きがあるものと捉え、今後も頑張っていこうかと。昨年奇跡的にももっくんに2戦2勝できたので、とりわけもっくんには負けたくないですね。

…ところで、1周年を記念してなんかやれたらいいとかもっくん(彼は予想が的中したら更新頻度が高いという噂があります)が収支の場で述べていました。
…僕もそう思ってるんですが、ちょっと忙しくてそれは現時点では厳しい状況にあります。結局決まったのは今回の予想投稿のタイトルだけで…wもう少し時間があればいいんですが…もうすぐ春休みも終わりかぁ…。

そういえば今週も回顧できずじまいで(苦笑)何べんも言うのも心苦しいですが、来週中くらいにできないかなぁ…。


2007/4/1  阪神11  第51回大阪杯(GⅡ) 芝20   ウソ偽りない予想

◎ 8アサカディフィート
△ 2タガノデンジャラス
△ 3メイショウサムソン
△ 4ホッコーソレソレー
△ 6メイショウオウテ
△ 9コスモバルク
△ 10シャドウゲイト

ウソ偽りない(?)買い目
・馬連
◎△…各800円   ※⑧⑩のみプラス200円(1000円)
          計5000円


アンチエイジング

先ほどまである友人と電話していたときに、彼は僕に冗談混じりで(?)「頭に気をつけろ」と、さり気に僕にアドバイス。
そう、もう二十歳なんだ。そりゃ、前々から不安だった前頭部によりケアフルになるお年頃か。
そんな自分に喝!!…というわけではないが、◎8アサカディフィートおじいちゃん(9)を軸にすることにした。

案の定、ここでもそこまで人気していない。
近3走の重賞、なんと人気は9→10→10。そして着順は6→2→1。
やはりここでも人気しないようだが、大方の見方「そのときはたまたま」が反映主用要因となっている気がする。
確かに、とりわけ2走前の中山金杯は、重馬場でジャドウゲイトが途中からハナに立ち、Hペースながらも押し切ったもので、そうすると展開面を考えたら追い込み馬に活路が開かれた…というのは承知だ。
…しかし、1頭だけ違う脚色を使い、4角で15番手から一気に差した。重馬場という点を考慮すれば、なおさらそのレースは高評価できる。今回は「良」ではなさそうだよね。

今回のレースの展開は。
速い流れを形成する馬が、△10シャドウゲイトや△9コスモバルク、そのすぐ後ろにつけたい(先行馬)のは2冠馬△3メイショウサムソンや7トリリオンカットなどがいて、11頭ではあるが、ある程度は速いペースになりそうだ。
その場合、当然買いたいのは差し~追い込み馬。とりわけ最速な脚を使ってくれそうな同馬には殿差しを期待したい。
けっして最近はフロックではなく、むしろ本格化したと前向きに捉えたい。
鞍上も主戦を備え、前走の再現は十分可能だ。


相手は6頭選んだ。
注目は、それらに中京記念組はいないという点。あのレースは参考にできない。ローゼンクロイツも出走しないし…。
また、△3メイショウサムソンの場合、明らかに実績は上位ではあるが、今回が初の59の斤量、そしてあくまでも本番(春天)を意識した仕上げという点から、仮に過去10年1番人気が7勝8連対していたとしても、ここはあくまでも押さえの1頭という位置づけで。速い流れに対応できるかという不安点も拭えず。




非常に眠たくなってきたんでこの辺でご勘弁を。

スポニチ 大学競馬リーグの予想はコチラ。
今回の指定レースはダービー卿CTでしたが、今回は僕の◎13ダンスインザモアで勝負しました。
現在第4位。一回くらい大きいのが当たれば今後ものびのびと予想していけるんで、頑張ってほしいですね。

|

« ネガティブな風に乗って(笑)大阪杯 | トップページ | 一年前、スタートは雨だった【ダービー卿CT予想】 »

「レース予想(くまちゃん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/5930496

この記事へのトラックバック一覧です: 手帳開くと、もう1年経つなあって~大阪杯(GⅡ)予想:

» ネット競馬情報の活用法! [ネット競馬情報の活用法!]
競馬は競馬情報の量と質で決まります。 ネット競馬は競馬情報分析に裏打ちされたビジネスです。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 17時24分

« ネガティブな風に乗って(笑)大阪杯 | トップページ | 一年前、スタートは雨だった【ダービー卿CT予想】 »