« 遅咲きの エリート街道 突っ走る~日経新春杯(GⅡ)予想 | トップページ | 1月14日(日)の収支結果 »

2007年1月14日 (日)

名伯楽に花束を--【日経新春杯予想】

京都11R 第54回日経新春杯(G2)予想【勝負対象レース】
◎⑩メイショウオウテ
○⑧トウカイエリート
▲③トウカイワイルド
△①オースミグラスワン
△⑨アドマイヤフジ

切れ者名将、重賞制覇に王手
昨年末に行われた鳴尾記念。そこで上位を占めたサクラメガワンダー・マルカシェンクは先日の京都金杯でも3・4着と健闘し、6着だったアサカディフィートは中山金杯で2着としぶといところを見せた。特に注目すべきはアサカディフィートで、前残りの展開となった鳴尾記念では掲示板にも載れなかった馬が、中山金杯ではきっちり巻き返した。この事例から言いたいことは鳴尾記念はSペースだったため特殊なレースとなり、そこで敗れた馬も条件が合えば巻き返せれる要素は十二分にあるということだ。

となると、得意の京都【3010】に戻り距離も延長される◎⑩メイショウオウテに初重賞制覇のチャンスだ。前走は前述したように前半5F61秒台のSペースであったとはいえ、上がり3F33.2秒というとてつもない脚を使っている。それだけの潜在能力を秘めた馬であるといえるだろう。鞍上も岩田に強化してきたあたり、伊藤雄調教師も勝負をかけてきた気配がする。

メイショウとどちらを本命にするか迷った馬、それはトウカイテイオーの半弟・○⑧トウカイエリートだ。休養明けの3戦がいずれも今までのイメージを覆すもので、本格化の時を迎えたといってよい。暮れの京都~阪神の長距離準OP戦で好走した馬が善戦する傾向にある当レースなので、この馬は怖い。今回は岩田と赤木の比較で印を落としたが、この馬にも勝つチャンスは十分。

▲③トウカイワイルドは気性面で安定していないところはあるが、前走トウカイエリートの2着に食い込んだように潜在能力は高い馬。ハンデもお手ごろ54kgなので期待してみる。△①オースミグラスワンは大型馬なので最内枠が気になるが、12頭立てなのでそれほど気にすることは無いかも。とにかく京都に戻るのはプラス。連覇を目指す△⑨アドマイヤフジは特に減点することはないんだけど(笑)、やはり長期休養明け2戦目とトップハンデが気になる。

(買い目)
三連単軸2頭マルチ
軸⑧⑩-①③⑨各100円×18点=1800円

馬連
⑧-⑩1100円
③-⑩600円
③-⑧500円
①-⑩500円
⑨-⑩500円

14日その他の注目レース
中山11R京成杯
中心馬不在の小粒なメンバー。人気の③ピサノデイラニ、⑦メイショウレガーロがいかにも怪しく。となると荒れる気配が漂う。①ショウリュウアクト、④マイネルーチェ、⑥キンショージェット、⑧ローズプレステージ、⑫マイネルヘンリーの馬連BOXで波乱を期待。

|

« 遅咲きの エリート街道 突っ走る~日経新春杯(GⅡ)予想 | トップページ | 1月14日(日)の収支結果 »

「レース予想(もっくん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/4921238

この記事へのトラックバック一覧です: 名伯楽に花束を--【日経新春杯予想】:

» 現役ナースが簡単に1500万を作る方法 [◆□私あゆが、半年で1562万円を稼いだんだよ□◆]
半年で1562万の資産を作る方法.その秘密を知りたい人は、他にいませんか? [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 00時02分

« 遅咲きの エリート街道 突っ走る~日経新春杯(GⅡ)予想 | トップページ | 1月14日(日)の収支結果 »