« 「よくわからん騎手が高配演出~阪神JF予想」 | トップページ | テスト »

2006年12月 3日 (日)

新装開店ならば出血大フィーバー必至!?【阪神JF予想】

どうも、早朝の予想となってしまってごめんなさいのもっくんです。

。。。ええ、また先週の回顧してません(笑)阪神JFの結果と一緒に載せます。

さて、今回のG1は2歳女王決定戦。女性の心さえ掴めない僕なのに、ましてや若き乙女たちの争いなどどのような結果になるのか見当もつきません。
しかも舞台は新装された阪神競馬場。外回りコース1600mを使用し、今までのレース傾向とも異なることが予想されるので、難解さに更に拍車をかけます。

と嘆いてばかりいてもしょうがないので、まずは土曜日に行われたレースから新装阪神の印象でもまとめておきます。

まず第一に思ったのが「新潟っぽい競馬」であること。
騎手がまだ阪神の長い直線に慣れておらず、総じてスローペースのレースが多かった影響もあるでしょうけど、そのような印象を受けました。これは僕だけでなく他のブロガーの人も同感のようで(http://blog.kansai.com/syuumatsu)、今後新コースに騎手がなれてきたら傾向も変わってくるかもしれませんが、今回に限っては「新阪神=新潟」論で話を進めていきたいと思います。

ということで今回の阪神JFは新潟に近い適正が求められると思われます。具体的には上に張ったリンク先のブログからの引用になりますが、

A:持続型の先行馬中心
B:直線の上がり3Fに特化して長くいい脚を使う追い込み馬

か幅を利かすのではないでしょうか。。。??

という前提に立って今回の予想に入ります。
馬券は荒れそうなのでメインは3連複7頭BOXという邪道路線で行きたいと思います(笑)
勝負するのは以下の7頭です。

①テンザンコノハナ
・・・未勝利を買ったばかりだが、父にカリズマティックを持つ持続力ある先行馬だ。内外の不利が無いといわれる新コースだが、それでも開幕週の内枠は有利。ごちゃつかなければ穴で面白い。
②ウオッカ
・・・前走の内容が好感だった。新潟コースではよく持続力ある末脚が武器のロベルト系が来ており、そのつながりで父タニノギムレットのこの馬を推す。
⑤ピンクカメオ
・・・フレンチデピュティと言えば代表的な「先行粘りこみ」血統。初めての1600mに不安を抱えるが、血統的には面白いしこなしてもおかしくない。
⑧ハロースピード
・・・ウオッカと同じく父にロベルト系のマヤノトップガンを持つ同馬。前走は差し損ねたが、コース替わりと鞍上交代で再浮上の余地あり。
⑮ジーニアス
・・・未勝利勝ちは新潟1600m。前走は1400も向かなかったので見直しの余地アリ。鞍上も横山で一発の期待です。
⑯イクスキューズ
・・・前走の内容より、高レベルだった札幌2歳Sを評価したい馬。8枠に入ったのは微妙だが逆にインコースでゴチャつくことはないと前向きに考えたい。
⑰ローブデコルテ
・・・この馬はコスモス賞2着を評価したい。それを含め、1800mに距離実績があることがスタミナの裏づけになっているのでは。

そして一番人気の⑨アストンマーチャンですが、前走の回顧時に「勝ち方が鮮やか過ぎて、逆に1400mがベストでは?」と書いた手前、買いません(笑)。「持続力ある末脚」という点ではこの馬はいいんだけど、ちょっと人気し過ぎの感が。。。

(買い目)
三連複BOX
①②⑤⑧⑮⑯⑰
各100円×35点=3500円
ワイドBOX
①②⑧⑮⑰
各100円×10点=1000円
複勝
①400円
計4900円

|

« 「よくわからん騎手が高配演出~阪神JF予想」 | トップページ | テスト »

「レース予想(もっくん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/4407858

この記事へのトラックバック一覧です: 新装開店ならば出血大フィーバー必至!?【阪神JF予想】:

» 競艇・必勝法 [ギャンブル必勝法探求]
競艇必勝法をついに達人が公開に踏み切った。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 14時58分

« 「よくわからん騎手が高配演出~阪神JF予想」 | トップページ | テスト »