« 川上やはり強し☆★【秋華賞回顧】 | トップページ | サムソン、いざ三冠へ――【菊花賞予想】 »

2006年10月22日 (日)

ずっと、気になっていた。~夢へのパスポート、再び~(菊花賞、全精力尽くした渾身の予想)

どうも、大塚愛の新曲がもうすぐ発売となりますが、20日のミュージックステーション出演時において、「この曲はずっと気になっている人のために作った」という発言を受け、「えっ…?誰…?どういった手段でそいつの存在を無くそう?」と、危ない思想を持ちつつも夜は眠れないわけではなく結構即寝ちゃうくまちゃんです。
だってバイトとかで疲れちゃうんだもん…。

先週のレース回顧でもしようか…と思っていたらもう週末(苦笑)。

…まぁ結果はもっくんがご丁寧にも記載してくれているわけですし、回顧も彼がやっちゃっているんでいいんですが。

…しかし、一つだけ強調したい点があります。

二人の予想を上手く組み合わせれば、かなり馬券で勝てる気がします。

ってのも、2週前の京都大賞典は二人の印で▲(も)→×(く)→◎(く)、先週の秋華賞も◎(も)→○(く)→○▲(二人)で、中穴決着までなら結構信頼してみてもいい気がします。

ってのも、これにはわけがあります。
基本的に、僕は1人気の馬には◎しません。一方、もっくんはわりかし人気の馬を◎にする傾向があります。
したがって、僕の選択した馬が入ってきたら、もっくんが選んだ人気馬(実力馬)は当然上位の可能性が高いわけですから、…ね?

よって、読者の皆様は、二人の「コラボ馬券」を参考にしてみても面白いかもしれません。
…なんか皮肉ですがね(苦笑)。


さて、そろそろ菊花賞…の前に、もう一つ。ディープインパクト軍団について。

皆様周知の通り、彼には「薬物疑惑」が浮上しています。

僕はあれこれ言うつもりはないですが、一つだけ素直に感じたことがありました。
世の中金だ。

51億という破格な種牡馬としての価値と、残りのレースで稼ぐ賞金の総額…誰でも、儲かるのはどちらか分かる。

凱旋門賞に臨む前から、既にこのプランはできていたのかもしれない。そんなに高額な金額が、わりかし早くから具体的に数値化されたのは、よくよく考えてみたらおかしい。

「凱旋門→(秋天→)JC→有馬。全て勝ってうん億円、さらに来年からは…。」
という未来があった。

そりゃオーナーとしたら、「馬は所詮、走る金」。

…でも、僕は二つ提言しておく。
「JRAの不信感は、募っていく一方」「ディープの子は、必ずしも活躍するのか」

…JRAも、ここははっきりした態度で対応しないとまずいですよ。陣営ももちろん。




いよいよ、メイショウサムソンが2年連続の3冠をかけたレース、菊花賞が22日(日)、京都競馬場で催される。

はたして彼は3冠するのか?僕なりの、精一杯の渾身の予想を御覧下さい。

2006/10/22(日)  京都11R  第67回 菊花賞(GⅠ) 芝3000  予想

◎13ドリームパスポート
○5アドマイヤメイン
▲18ソングオブウインド
注10フサイチジャンク
△12メイショウサムソン
×14アペリティフ

買い目

・三連単 ◎→以下5頭 各100円、2000円
・馬連 ◎○…1000円 ◎▲…400円 ◎注…400円 ○▲…300円 ○注…300円 ▲注…100円
・馬単 ◎→×…300円 ○→×…200円            計5000円

菊花賞展望

ハナを切りそうなのは2頭か。
うち、有力なのは○5アドマイヤメインだ。5番枠は、まさに天からの授かり物である。3走前0,7秒差の圧勝劇をみせつけた青葉賞(GⅡ)、ヤネの特長を合わせ淡々と逃げ続け、最後には皐月賞馬にかわされてしまったものの、人気・信頼以上の実力を魅せた2走前の日本ダービーは、共に6番枠であった。
その後4ヶ月の休養を挟み臨んだ前走、神戸新聞杯(GⅡ)。休み明けの上に、トビが大きく広い競馬場が前提条件ともいえるこの馬にとって、天才ジョッキーが懸念していたように「中京2000」でもなんとかしろというのは酷であったのだ。大外枠でもあり、元々「2000のペースでまともに前で競馬したら本番で競馬しにくくなるから」(橋田調教師)ある程度控えたのだ。そして、「本番」である今レースを意識したのだ。脚質転換してから経験はないであろう「馬群に揉まれる」ことは当然必然的で、それによって小回りというファクターも加味されて4角あたりで2冠馬等の不利を受けて、とても「馬券購入者」からしたら満足いく結果ではなかった。…しかし、明らかに叩き台で試走として利用されたこのレースでも0,3秒差までもってきているので、着順ほど負けていないのは明瞭となる。よって度外視だ。
今回、ダービー時に近いくらいの馬体状態にまで戻してきた。ヤネは今回も、一週前に「アドマイヤ」の冠の人気馬で完敗(大外ぶん回しという彼にしては珍しいミス)してリベンジの念があるであろう天才、武豊。彼の長距離実績はわざわざ僕が触れるまでもなく、今回は特に不安な点はないとみる。血統面で注文があるみたいだが、青葉賞のレース展開をみてみると、この馬は長距離でも「自由な競馬」をすれば逃げ切れる能力は十分と感じる。要は、3~4角でも気分良く結構前にいる展開、これを望む。馬を気分良く競馬させる…というよりはむしろ、馬に気分良く「ジョギングさせる」。ヤネは、僕がどうこういうとっくの前から、どうすれば勝てるかを考えているはず。
3冠を阻止するのは、結局「追いつけなかった」馬であった…壮大な青写真だ。

「ぜひ3冠を」…人間味溢れる「いい人」な石橋守を慕うジョッキーは多いらしい。そんな快晴の空模様を、一瞬にして暗黒の暗闇に変えるのは、また、先ほどの青写真を破ろうとしても不思議ではないのが、もう一頭のいきたい馬、外人ジョッキーイネス率いる11トーセンシャナオー。前走に続き、前前の競馬であるのはた易く予想できる。「イシバシ?Who?」との声が聞こえてきそうであり、思い切った騎乗が見込まれるが、結局15Fは長かった。沸かせるのはテン重視だ(笑)。

その後ろに好位置につけそうな馬、先行馬は1トーホウアランや当然△12メイショウサムソン、他有力馬なら×13アペリティフ、大外枠でも▲18ソングオブウインド、その他少し(笑)。
トーホウアランは栗DW(良)でしまい重視でありながら最終追い切りがラスト11,5と元気いっぱい。血統的にみたらこのメンバーでも上位で、乗り込んでいるようだし押さえでも…と思ったが、いくら乗り込んでいても、さすがに5ヶ月の骨折休養明けでいきなり菊はどうだろう。結構穴人気してる(現在6人気)ようだし、ダービー時のような「中位一杯」が想像できる。鉄砲も未知数。
むしろ、ここは14アペリティフに一発を期待だ。前走神戸新聞杯で◎を打ったが、やはり叩き台であった。折り合いを欠いていた印象を受ける。さらにメイン同様に不利を受け、本来の実力を発揮していない。ヤネはリベンジしたいアンカツさん。彼は菊花賞をザッツザプレンティで勝ち、昨年もローゼンクロイツで3着もあり、春天勝ちもあるなど、京都芝長距離は得意なのだ。馬は、ずっと長い距離を使われているのでスタミナも不安なし、陣営も期待しているのであろう。大舞台の一発に期待。連なら。

今年のプロ野球、セリーグは中日ドラゴンズが、パリーグは北海道日本ハムファイターズが優勝した。ここに、面白いデータがある。
まず、「中日が優勝した年の菊花賞の1人気馬は、すべて4着以下」
次に、「前回に日ハムが優勝した年の菊花賞の勝ち馬は、14人気(ミナガワマンナ)」
そして、「日ハムの前身・東映フライヤーズが優勝した昭和37年の菊花賞の勝ち馬は、13人気(ヒロキミ)」
△12メイショウサムソンにとっては鬼門か。まぁ、僕がわざわざ語るまでもない、有力馬だ。準備万端、血統的にもこの距離はオッケー(むしろプラス)で、2年連続の3冠、史上7頭目へと突き進むが、はたして、競馬はそれほど甘いものなのか。「できれば真ん中より内が欲しかった」(松本オーナー)という発言は、陣営一致の希望であったとみて間違いない。3000なら別に大外じゃないし関係ないと思う気もするが、要は少しでも不安を払拭したいのだ。皐月賞、ダービー、神戸新聞杯と、ここ最近は全て内枠であり、それは先行馬にとって結構重要な要素。こういった些細な事でも、敏感に感じてしまうのだ、3冠に挑む陣営は。モチベーションが、昨年3冠に挑戦したあの馬陣営とはまるっきり異なるのだ。
そもそも、この馬には「深い衝撃」を与えられそうにもないため、どうしても地味な印象を受ける。それは、今までのレースで証明済み。結構、ぎりぎりだ。
…でもそれは、例えば今年の中日ドラゴンズ。結局「勝つ」のだ…という意見も聞こえていそうであるが、当然、今回は他17頭にマークされるのは必死。結局3冠達成ならいろんな方々に謝罪したいが(苦笑)、やはりプレッシャーがある。前走も、「ある程度は形を作っておかないと」というヤネの焦りがあり、過怠金を支払う結果と仮になったとするなら…。
力は認める。…が、「勝ち馬までもう一歩だった」という結果にもなり得る、としておこう。

▲18ソングオブウインド。大外枠というのが非常に悔やまれるが、なんといっても相手なりに走れるところが最大の魅力。前走神戸新聞杯では、1角で他の馬にぶつけられながら直線で喰いさがって3着で、中身は濃かった。こんどは広い舞台。スムーズに折り合って、スタミナ戦なら面白い。3走前の夏小立賞は決め手勝負で勝ち、2走前のNIKKEI賞では持久力勝負、そして前出の前走は前前の競馬でサムソン、パスポートに次ぐ結果。展開はどうなっても面白いわけであるが、ここは前走と同じ彩パンの元カレに、同じようにロスなく前の競馬をしてもらうことを希望。穴を開ける。

少し疲れてきたが、ここからが本番だ。

差し馬勢に、まず注10フサイチジャンクがいる。
血統的にも3000は全然問題ないし、まだ見限れない。良馬場、広く長いいい脚を使えば十分上位の実力だと思っている。
前走は、ゲートの出足が悪く、さらに4角付近で落馬の煽りを受けての6着。「ゲートは練習して上手になっている」(吉村助手)なら、是非得意な舞台で大駆けをもう一度。
ズブい馬にとって、下り坂を利用してのスパートは効果的である。

さてさて、やっと本題(笑)。自信の◎13ドリームパスポート
この馬に「枠は…」という発言は、いい意味で出現する余地はない。むしろ勝った前走神戸新聞杯と同じ13番枠ならば縁起が良い。
最後の切れ味は既に証明済みであり、筆者には皐月賞で約7万円を授けてくれたという意味でも期待がある(三連複34700円×2)。三冠挑戦レースではいずれも勝ち馬にあと一歩のところであったが、前走はきさらぎ賞に次ぐ勝利でサムソンとは3勝3敗の互角に。
…ただ、ライバルサムソンは、並んでからが凄い。なんというか、負けん気が強い。よって、この馬にピッタリでは自信の◎は打てない。
それでも今回、ヤネをヨコテンにして面白くなってきた。相当な気合で、陣営は3冠を阻止にかかるのだ。ヤネの実績はいうまでもない。なぜ彼は長距離レースが強いのか。2週前まで▲ミレニアムウイングにしていた僕が注目したのは、「京都3000」という舞台だ。

このレースの展開を考えてみよう。
向こう正面3角手前の上り坂がスタート地点。4角まで緩やかにカーブしながら坂を下ってまずはスタンド前の直線を通過。1、2角の後には、心臓破りの坂が待ち構える。いきなり高低差があるということなので、逃げ馬以外はスローで、3角ごろに馬群が固まってきて上がり勝負となろう。
そこで注目は、前を行く馬たち。このコースの形状は、外が広くなるAコース。外柵がないのだ。ってことは、4角は結構角度がキツイ。…よって、再び加速する馬たちは、遠心力の都合上、外へ膨れる。よって、馬群がばらける=内ラチ沿いが開く!という理論に注目してもらいたい。
…つまりどういうことか。サムソンが外へ流れるかもしれないということである。
この理論は、ゲームでヒントを得ることができる、簡単なもの。「マリオカート」において、カーブが急なところの前の直線で、ついついダッシュきのこを使用してしまい曲がりきれなくて外のダートコース、最悪の場合ジュゲムのお世話…という経験、ないだろうか。
そう、ここでイン突きが得意そうな騎手の出番ではないだろうか?彼は追い込みに秀でていると思う。そこで、だ。
前出の通り、サムソンは並ぶと強い。しかし今回は、サムソンが外に膨らんだとして、この馬が内ラチ沿いで距離ロスなく切れ味を魅せればどうだろう。
その勝負所までの折り合いや位置取りが重要であるが、長距離を得意とするノリさんに、なんの不安要素があろうか。

こんな当たるかどうか分からない展開でも、十分あり得ると思っているのだから、希望は強く抱いて三連単は1着固定にした。
最終追い切りもバツグン。血統も十分だと思うし、ノリさん、頼みます!!

できれば7マルカシェンクも押さえたかったのだが、3冠を取りに行く同じきゅう舎の馬を邪魔をするってのはどうも考えにくい。距離も長いと思うので切る。


かな~りながくなってしまった(苦笑)。最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

これではずれたら…さすがにショックですね(苦笑)。

|

« 川上やはり強し☆★【秋華賞回顧】 | トップページ | サムソン、いざ三冠へ――【菊花賞予想】 »

「レース予想(くまちゃん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/3913698

この記事へのトラックバック一覧です: ずっと、気になっていた。~夢へのパスポート、再び~(菊花賞、全精力尽くした渾身の予想):

» 【菊花賞】競馬で効率よく稼いじゃう方法見つけましたよ☆【予想】 [☆人生100倍楽しむブログ(*^▽^*)]
ギャンブルって当たったらすごく大きいし ドキドキしますよね(>▽<о) 競馬もそんなギャンブルの中のひとつですよね☆ でも、あなたはそんな競馬で 毎回確実に収入を得られる方法ってご存知ですか?? [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 09時37分

» 菊花賞はまだ間に合います!98%以上の的中率を誇る秘訣を公開! [アドマイヤメイン!?それとも・・・。]
もう、無駄にハズレ馬券を買うのはやめませんか?今すぐクリック →http://tinyurl.com/yht3we [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 14時14分

» 大塚愛 アイコラ [大塚愛めっちゃ好き]
友達が大塚愛のことをキュートと言っていましたが、私もそう思います。魅力的、何はなくとも魅力的なんです。音楽番組や雑誌で引っ張りだこです。それもこれも大塚愛の魅力が決め手です。今も大塚愛のテレビ番組を見ています。あまりの才能でどうにかなりそうです。言うまでもなく、って感じですかね。欠かさず見るべし、大塚愛を。大塚愛の画像探しをしてみました。まじ、今は見つけやすいです。大塚愛と�... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 12時02分

» 競馬関係者の極秘予想術! [金持ち父さんの幸福論]
情報発信☆★★いよいよ値上げです☆秋競馬、もってってください■馬券で6ヶ月目に家が建った!競馬関係者の極秘予想術!売れています!!! [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 01時44分

» 馬券で6ヶ月目に家が建った!競馬関係者の極秘予想術! [馬券で6ヶ月目に家が建った!競馬関係者の極秘予想術!]
只今、驚きの3大特典 実施中です! 是非、このチャンスをお掴み下さい! 競馬ど素人の私が、競馬6ヶ月目にキャッシュで家を買いました! 車も、旅行も、貯金も思うがままの人生に激変しました! 知り合いの競馬関係者の予想術は、私の全てを変えてしまいました! [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 18時29分

» 競馬で家が建った?マル秘情報 [競馬で家が建った?マル秘情報]
競馬初心者がキャッシュで家を買っちゃった!?負け知らずの競馬術が・・。 [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 03時16分

« 川上やはり強し☆★【秋華賞回顧】 | トップページ | サムソン、いざ三冠へ――【菊花賞予想】 »