« ラストダンスを踊りましょう~天皇賞(秋)予想 | トップページ | 縁の下の力持ち~天皇賞(秋)回顧 »

2006年10月29日 (日)

男児が生まれても時代は女帝を求めている!?【天皇賞(秋)予想】

【東京11R】悠仁親王殿下御誕生慶祝 第134回天皇賞(秋)
                                                  <勝負対象レース>

◎④ダンスインザムード
○⑦スイープトウショウ
▲⑭ダイワメジャー
△①アサクサデンエン
△⑧コスモバルク
△⑨インティライミ
△⑩スウィフトカレント

どうも、愛知出身ということでドラゴンズファンに思われがちなベイスターズファン・もっくんです。こんばんわ。

ディープインパクトの(予定通りの)回避によって大激戦となった今年の秋天。もうなんでもありな気がしてかなりかく乱した状態での予想になってます(苦笑)。

------------------------------------------------------------------

どうやら東京地方は雨が降っている模様。となるとやや重、良だとしても雨の影響は避けられない。となるとこのブログでしつこいほど述べているように「雨の影響の残る東京は内側有利」となるだろう。

内有利の恩恵を受けられるのは内枠と先行する馬。この二つの条件に当てはまるのが④ダンスインザムードだ。過去2年の秋天は②③着と好走。いずれも好位から抜け出す競馬だった。馬場が悪くなっても問題はないと思われるのも好材料(やや重のヴィクトリアマイルも制している)。流れも確固たる逃げ馬がおらず、それほど早くはならないだろう。そうなれば昨年・一昨年のように好位で流れに乗って直線で抜け出す・・・というシーンが想像できる。くまちゃんと本命が被っているのは偶然だ(笑)。

ダンムーに対抗できるのは西の女王⑦スイープトウショウ。前走の京都大賞典は「誰が一番瞬発力を持っているか?」というコンセプトのレースとなり、見事結果を残した。もともと叩いて良くなるタイプなので前走好走の反動が無ければ当然能力上位。この馬は今回の予想のコンセプトである「内枠」「先行馬」のいずれにも当てはまらない。だがこれらの不利な条件を打ち壊すほどの破壊力を持った馬。四つ目のG1タイトルを狙える位置にいる。

再び予想コンセプトに照らし合わせてみると、⑭ダイワメジャーが浮上してくる。前走で苦手と思われていた東京コースを克服。どうやら「東京でも外枠なら揉まれないので大丈夫」(安藤騎手)だそうだ。そういう意味では枠順が重要であったが、見事に外枠を獲得。馬場が渋るのはむしろ好都合で、またほぼ影響が無いとは言えノド鳴りをもつ馬なので湿った天気になりそうなのも良い。

連下にはちょっと多めに4頭。
①アサクサデンエンは前走が不可解な惨敗だった。だがもともと叩いて良くなるタイプ。安田記念(2着)の時も15着(ドバイデューティ・フリー)からの巻き返しだった。内枠の藤田でもあり怖い1頭だ。
⑧コスモバルクは日本のG1ではベストの条件。時計勝負では分が悪そうなので、雨が降りそうなのも良い。
⑨インティライミは前走が特殊なレースであったので巻き返す余地は十分ある。
⑩スウィフトカレントは馬もそうだが、何をするか分からない鞍上が怖いんでw

(買い目)
三連複
軸④-①⑦⑧⑨⑩⑭ 各200円×15点=3000円
馬連
④-⑦900円
④-⑭500円
①-④300円
①-⑧300円

|

« ラストダンスを踊りましょう~天皇賞(秋)予想 | トップページ | 縁の下の力持ち~天皇賞(秋)回顧 »

「レース予想(もっくん)」カテゴリの記事

コメント

モトシクさん。
競馬はもはや直感が一番いいのかもしれません。
個人的にさいお氏が言ってた服部くんがこなくてホッとしてます。

投稿: オーラ | 2006年10月30日 (月) 00時57分

絶好調だった夏は深く考えず直感で予想してたら当たりまくり。G1も深く考えずノリの2着付けを買ってたら当たりまくりだよなぁ

投稿: モックン | 2006年10月30日 (月) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/3991517

この記事へのトラックバック一覧です: 男児が生まれても時代は女帝を求めている!?【天皇賞(秋)予想】:

» おもしろよほど良く当たる万馬券 [競馬予想 万馬券]
面白いほど良く当たる競馬万馬券 [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 16時27分

« ラストダンスを踊りましょう~天皇賞(秋)予想 | トップページ | 縁の下の力持ち~天皇賞(秋)回顧 »