« 10月22日の結果・収支金額 | トップページ | ノリはいぶ4(し)銀~菊花賞回顧 &秋天予習 »

2006年10月23日 (月)

豊の絶妙なアシストを幸四郎がファインゴール【菊花賞回顧】

帰りの京阪電車。隣に座ってたおっさんとこんな会話をした。

俺「結局横山は2着ばっかりですねー」

おっさん「そうやなー横山の2着付け買っとくのが正解やな~」

俺「そうですね~(・・・!?そういやくまちゃんは横山を本命にしていたような・・・)」

とか思い気になりだすと、おっさんとのトークどころではなくなり(というか一緒に行った後輩が若干引き気味だったというのもあるwww)、帰ってパソコンを開いてみたら、くまちゃんの予想見事に当たってるではないですか!さっすが「渾身の予想」と銘打っただけあるね~

と正直したくなかったけど、くまちゃんを絶賛したところで(苦笑)菊花賞の回顧へ。

----------------------------------------------------------

なんといってもこのレースの鍵は武豊のレースメイクだろう。前半1000mを58.9で通過したときは競馬場場内がどよめいたが、2000mの通過ラップは122.2と1000m-2000mの間で大きく息を入れることが出来た。これにより1000m-2000mはスローペースとなり、勝ったソングオブウインド・2着のドリームパスポートといった中距離適正が高い(と思われる)馬の台頭する土壌が作られた

また今回の菊花賞を語る上で欠かせれないのが今の京都の馬場だ。当日の3R・8Rでレコードが出現し、また10Rの準OPのマイル戦で1分32秒台が出るなど、明らかに「極軽馬場」であった。このような馬場で重要なのはサムソンのような馬力型のパワーではなく、瞬発力であるのは明確だ。

以上のようにペースと馬場という二つの要因から、近年の菊花賞にしては珍しく中距離寄りの適正が求められることになった。これがソングオブウインド・ドリームパスポートが上位に来れた要因だろう。

今回の失敗は例年の傾向から潜在的スタミナが要求されるレースになると決めかかって予想したこと。つまりコンセプトが完全に間違っていたということだ。対抗のアペリティフ(12着)や連下にしたミストラルクルーズ(11着)・ネヴァブション(10着)はスタミナの要求されるレースになると思い推奨した馬。このような中距離向きの瞬発力を要求されるレースになっては用がない。当日のレースを見て極軽馬場だと気づいていただけに、柔軟に対応できなかったことに悔いが残る。

しかしソングオブウインド(1着)はあんな豪脚を持っているなんて・・・「DEATH NOTE」のジェバンニ級に反則だよ(笑)振り返れば確かに芝初戦となった5月の条件戦で上がり3F33.8を使いソリッドプラチナム(後のマーメイドS馬)の2着には来てはいたが・・・あの脚を見せられては脱帽するしかない。

ドリームパスポート(2着)は「さすがノリ(苦笑)」と言うしかない結果。松田博調教師が述べていたように当面の敵(メイン・サムソン)を交わしてのこの結果だけに運がないとしか言いようが無い。

4着に敗れたメイショウサムソン。レース後の場内の空気は落胆の色に満ちていた。それだけ(自分も含めて)ファンも三冠馬誕生に期待を寄せていたのだろう。今回は不向きの瞬発力勝負になっただけに致し方ない面もある。直線平坦のコースよりは急坂コースの方が良さそう。改めて有馬記念で見直したい。

----------------------------------------------------------

さて、ある意味菊花賞以上に印象に残ったのが最終12R藤森特別でのプリュネル嬢のはっちゃけぶり。このレース、3連複のBOX(②リードオフマン2人、③アレクシオス7人、⑨プリュネル3人、⑩キクノアロー4人)で勝負したものの、本場場入場後プリュネルが放馬。ダートコースを逆走し、柵を破壊しながら推定1000~1500m走り捕まえられる。こんなに走ったなら競走除外だろーと思っていたらなんとそのまま出走(笑) 鞍上(小牧)が検査所から馬に跨って出てきたときは場内失望の空気が流れました。しかしそんな場内の雰囲気を読んだが読まずか、何食わぬ涼しい顔をしてプリュネル嬢は2着に好走。これにはさすがに驚きを隠せませんでしたわ。

・・・とこれだけで終われば笑い話で済むんですが、馬券を惜しくも外してしまったので笑ってばかりもいられない。特に1着⑩キクノアロー2着⑨プリュネルと来てるのに、③アレクシオスが3着とはクビ差の4着!来ていれば本日の負債も一掃できたのに・・・

足取りの重い帰り道。電車では冒頭のおっさんに絡まれるわ、駅を出たらケータイが鳴り「人が足りないんで早くバイトに来てください」と言われるわ・・・ なんだかとっても疲れた菊花賞dayでした。

|

« 10月22日の結果・収支金額 | トップページ | ノリはいぶ4(し)銀~菊花賞回顧 &秋天予習 »

「レース回顧(もっくん)」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ♪
毎週二人の予想を参考にさせてもらってるよ~。

今週は、くまとウィンズ行っていましたよ~。
くま、見事に大当たりだったようだね~。
自分は、最後の最後で、三連複の軸をドリパスにしようか
サムソンにするか迷って、結局サムソン買っちゃって、
大はずれ(泣。
ドリパスを買っていれば1万が当たっていたんですけどねぇ。
残念…。
まぁ、当たってても、その馬券を無くしてしまったんで
ある意味外れてよかったかも(笑

それでは、また♪
来週も参考にさせてもらいます~。

追記:くま > おごってもらってサンキュです><;

投稿: | 2006年10月24日 (火) 01時14分

↑のコメント自分です
名前書き忘れました~。(笑

投稿: ちょいわる?ことよっちゃん。 | 2006年10月24日 (火) 01時15分

お久しぶりです~
そっかー、くまに奢ってもらったんか・・・いいなぁ
俺は思いっきり外したんで悔しくも何もなかったわwww

G1シリーズは苦手なので、参考にするならくまのほうをwww

投稿: もっくん | 2006年10月24日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/3924417

この記事へのトラックバック一覧です: 豊の絶妙なアシストを幸四郎がファインゴール【菊花賞回顧】:

» 自信の【商品代金全額返金保証】 [《ジャパンカップ》《有馬記念》【年末競馬はこれで決まり】]
『競馬関係者の極秘予想術』 自信の【商品代金全額返金保証】 《ジャパンカップ》《有馬記念》 【年末競馬はこれで決まり】 [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 09時07分

« 10月22日の結果・収支金額 | トップページ | ノリはいぶ4(し)銀~菊花賞回顧 &秋天予習 »