« 10月15日の結果・収支金額 | トップページ | ずっと、気になっていた。~夢へのパスポート、再び~(菊花賞、全精力尽くした渾身の予想) »

2006年10月20日 (金)

川上やはり強し☆★【秋華賞回顧】

どうも、もっくんです。

最近レース回顧はサボってばかりでしたが、
このブログを見てくれてる(らしい)後輩が「分析が面白い」と言ってくれたので、
久しぶりにレース回顧をしてみます。

まずレース全体の印象について。
前半1000m58.4秒というのは秋華賞が10月2週目に移行されてから最速タイのラップ。これに象徴されるように、牝馬のG1としては厳しいペースであった。結果、オークスの上位4頭がそのまま4着まで入ったわけだが(2着と3着が入れ替わっただけ)、今年のオークスもHペースだっただけに、両G1とも似た性質を持ったレースになったということだろう。

次に個々の馬について触れていく。
勝ったカワカミプリンセスは強い。前述したように今回のレースはペースが早かったが、この馬にとってはかえって功を奏した感がある。また予想でも書いたように、3歳牝馬の中では力が抜けている。血統的なイメージはプリンセス(お嬢様)な感じではないし、牡馬相手でも十分やれそうだ。ただ牡馬相手でも通用するといって矛盾するようだが次走予定のエリザベス女王杯はスローになりやすいレースなので、もしかしたら取りこぼしがあるかもしれない。

一方牝馬3冠全て1番人気で栄冠を逃したアドマイヤキッス(4着)は予想でも書いたようにやはりトライアル・ホースだということ。そもそもローズSは何もかも上手くいったレースで、いくら武豊と言えども過大評価は禁物だった。そういう意味ではこの着順は至極納得の結果。ただし、カワカミプリンセスとは逆で秋華賞よりもエリザベス女王杯の方が展開は向きそう。勝ち負けまでは疑問だが、秋華賞から着順を上げる可能性はあるので注意したい。

フサイチパンドラ(3着)は現状の力を出し切った感。個人的にはもう少し頑張ってもらえば本線で馬単的中だったので悔しさが残るが・・・。シェルズレイ(5着)はHペースの中、3番手を追走しながら引っかかるというとんでもない競馬をしながら粘りこんだ。潜在能力は高いが、気性の難しさが伴って現状はムラ馬。人気の無いときは常に注意したい。僕はこの馬のペーパーオーナーなのでこの5着には満足です(笑)。キストゥヘヴン(6着)はアドマイヤキッス同様、ゆったりとしたペースで脚を溜めたい馬。今回のようなペースだとなし崩し的に脚を使わされてしまうので向いてない。本質的に距離も1600のほうがいいのだろう。やっぱこの馬はマイラーだ。

さて今年の牝馬クラシックを振り返って、一番反省しなければならないのがアサヒライジング(2着)の評価だ。桜花賞(3着)、オークス(3着)、秋華賞(2着)と全て無印で通してしまったことが馬券の当たらなかった最大の要因。桜花賞・オークスまでは正直この馬の力を図りかねていた。今回無印にしたのはアメリカンオークス2着からぶっつけで秋華賞に挑むというローテーションが2004年のダンスインザムード(4着)と被っていたし、前走で差す競馬をしたからどのような戦法を採るかわからなかったから。ただアサヒは人気もそれほどなかったし、ヒモに1頭加えておくべきだった・・・あとカワカミプリンセス然り、今年のクラシック路線はマイナーというか雑草血統が存在感を示したのも印象的だった。

|

« 10月15日の結果・収支金額 | トップページ | ずっと、気になっていた。~夢へのパスポート、再び~(菊花賞、全精力尽くした渾身の予想) »

「レース回顧(もっくん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/3889896

この記事へのトラックバック一覧です: 川上やはり強し☆★【秋華賞回顧】:

» 【量り売り】マカ粒60g [手軽に健康対策]
充実の内容ですね。また見にきます! [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 02時08分

» ★☆★天皇賞で7万円勝っちゃったv(≧∇≦)v [☆ユウナの情報商材で97倍人生楽しんじゃう!v(o^▽^o)v]
競馬なんてやったことなかったんだけど、この方法を知ったら7万円も勝っちゃった(*^_^*)友達も9万円勝ってたんヨ♪これすごーーーーい!! [続きを読む]

受信: 2006年11月 8日 (水) 21時52分

« 10月15日の結果・収支金額 | トップページ | ずっと、気になっていた。~夢へのパスポート、再び~(菊花賞、全精力尽くした渾身の予想) »