« こういう土曜日が大好きだ&小倉記念回顧 | トップページ | JRA銀行に預ける金などねぇよ!【函館2歳S,関屋記念予想】 »

2006年8月 2日 (水)

2番手・3番手の出方がレースを変えた【小倉記念回顧】

YouTubeで拾ったキングジョージのレース映像です。

・・・といってもJRAのHPに行っても見れるみたいなんで、わざわざここに貼る必要はないんですけどねw

さて、小倉記念を含めた日曜日の回顧です。
小倉10R 小倉記念
1着○⑫スウィフトカレント(福永祐一/4人)
2着△③ヴィータローザ(上村洋行/7人)
3着  ⑤ニホンピロキース(赤木高太郎/9人)
4着△⑨サンレイジャスパー(佐藤哲三/3人)
5着◎④コンゴウリキシオー(岩田康誠/2人)
逃げたコンゴウリキシオーの前半1000mのペースは59,0秒。これは前走の七夕賞(2着)と全く同じラップだ。それではなぜ粘れなかったのか。それは道中2番手につけていたサイレントディールの出方にあった。サイレントディールの鞍上が川田(積極策をとる騎手)が終始コンゴウリキシオーをつっかける形となり、結果としてコンゴウは息が入らなかった。よってラップは同じでも、その中身は全く異なっているのである。あと先行勢が崩れたのはヴィータローザが早めにまくったこともあるだろう。力を蓄えたい3~4角でまくられたため、結果的に息が入らなかった。
それにしてもスウィフトカレントの差し脚はすごかった。。予想の段階でも指摘したように、この馬鉄砲は走るのだ。また福永の4角でのコース取りも見事。
まぁ見事と言えばヴィータローザの上村。絶妙のまくりで先行勢の息の根を絶やした。あそこでスウィフトカレントに差されたのは運がなかった。あとこの馬も鉄砲巧者で間隔をあけたのが良かった。薔薇一族(ローザネイの牝系)は総じて小倉が得意でもある。
ニホンピロキースに関してくまちゃんは「なぜ?」と述べていましたが、俺も「なぜ?」と言いたくなる好走wただ今年の冬までは堅実だった馬が、休養を挟みムラ馬に変わってきた印象がある。また前走から追い込みに脚質転換したこともあり、その傾向にますます拍車が掛かるだろう。今後は今回のように「追い込んで3着」が多くなりそう。また自己条件に戻って人気で飛ぶ、というのも十分ありうるので、馬券を買う際にはやっかいな存在になりそうだ。

函館9R UHB杯
1着  ⑭ツルガオカハヤテ(横山典弘/6人)
2着△⑫トールハンマー(安藤勝己/1人)
3着△②エアニックス(四位洋文/5人)
4着  ⑨ギャラントアロー(武幸四郎/8人)
5着◎④ダンスオブサロメ(秋山真一郎/2人)
1000万を勝ったばかりで、人気の馬を本命にするなよ。過剰人気だよ明らかに・・・

ちなみに土曜日はウインズ京都に参戦したんですけど、
2000円をJRA銀行に預けるハメにwww(←しかも返ってこない)
やっぱ100円単位で買えるのが単勝・複勝・三連単だけでは調子が狂います。
反省
電車賃払ってでも100円単位で買えるウインズに行くべし。

PSくまへ
今週の「涼風」読みました。
あの状況で何もしない大和はある意味神やと思いましたwww

先週の展開は神掛かりすぎwww

|

« こういう土曜日が大好きだ&小倉記念回顧 | トップページ | JRA銀行に預ける金などねぇよ!【函館2歳S,関屋記念予想】 »

「レース回顧(もっくん)」カテゴリの記事