« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月28日 (月)

歓喜の3連続的中~【新潟記念回顧】

8/27 新潟記念(G3・新潟芝2000m)
1着△⑤トップガンジョー(6人・後藤浩輝)
2着◎⑧サンレイジャスパー(4人・佐藤哲三)
3着▲⑯ヴィータローザ(9人・上村洋行)
4着  ⑱スウィフトカレント(1人・福永祐一)
5着△⑩ヤマニンアラバスタ(7人・柴田善臣)
--------------------------------------
6着△⑫オースミグラスワン(2人・四位洋文)
9着○⑬ヤマニンベルメイユ(8人・勝浦正樹)
馬連⑤-⑧500×39,1倍→19550的中!

どうも、予想が当たるとすぐ回顧してしまうもっくんですw
ということで見事新潟記念を△-◎で的中!
まぁ実際は100円分しか買っていないのでそれほど儲けたわけではないのですけどねw
060827_232901

とはいえ土曜に続いての中穴ゲット。
先週の札幌記念から3連続的中ということで、ようやくギャンブルの神様がこっちを向いてくれたのかなと思いますw
ということでここから本題。新潟記念の回顧です。

左回りに改修された2001年以後ではもっとも早いペースとなった今年の新潟記念。
(参考:今年の前半1000m=58,3、昨年は62,2)
よって1分57秒2なんていう、一昔前なら2000mの日本レコードに匹敵する時計が生まれたわけです。
もともと新潟の外回りコースは一瞬の切れ味で勝負するタイプより、
長くいい脚を使うタイプのほうが向いているコース。
その上ペースが早くなったので、人気の
⑱スウィフトカレントにとって厳しいレースとなった。
そもそも予想にも書いたように前走の勝ち方が鮮やか過ぎたので、二番が利くかは微妙であった。
次走以降の巻き返しに注意が必要だ。

同じく人気を裏切った
⑫オースミグラスワンも平均ペースで差す馬なので、今回は少し前半のペースが早かった。
OPに入ってから好走するのになにかと条件のつく馬になってしまったが、
逆に言えば条件が揃えば巻き返す余地があるので、予想の際じっくり精査する必要がある。


勝った
⑤トップガンジョーは完全に本格化した。
予想の段階で
「前走苦手とされていた雨馬場を克服したように、本格化した兆候もある」
と書いたのは正解でしたw
前回は先行抜け出し・今回は外からの追い込みと異なるレース振りを示したのも好感だ。
G1云々と言うのはまだ早いが、秋のTRくらいならもう一丁あってもいい
本格化したマヤノトップガン産駒は怖い気がする・・・

自信の本命w⑧サンレイジャスパーは惜しくも届かず2着。
こちらも予想で血統的に新潟記念は向いている趣のことを書いたがその通りのレース振り。
牡馬相手に好走したことは陣営にとっても自信になっただろう。
ただこの馬、1月から休みなく走っており、次あたり余力が残っているか心配である。
夏競馬の延長とも言える9月の中山・中京開催のレースならまだ良いだろうが、
次走が10月以降になると怪しい気がする。

ということで明日からくまちゃんと北海道行ってきます。
中央競馬がやっていないというのは残念極まりないですがw楽しんできます~

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月27日 (日)

ウインズコラボ参戦~その結末どうなったねん!【新潟記念予想も】

どうも、くまちゃんとウインズ名古屋に参戦してきましたもっくんです。

で、まぁ結果から言うと俺の勝ち!でしたw
(つーか別に勝負していたわけではないのですが・・・)

今日のターゲットは小倉9R西海賞・小倉10R佐世保S・札幌9R大雪Hでした。

まずは小倉9R。
人気を分け合っていたミスティックリバーとトウカイルナ。
どちらを軸にするか迷った末に武豊頼みでミスティックリバーを本命にするも
見事9着と撃沈w
センスのなさを早くも吐露してしまいましたwww

リベンジを期して臨んだ札幌と小倉のメイン。
札幌9R大雪Hは
当初メイショウトウコンを本命にしていた。
が予想外に人気をしており(結果2番人気)
結局ハルクバニアンに軸を変更。
そしたら見事メイショウトウコンが2着に来るという逆神ぶりを発揮www

しかししかし。
小倉10R佐世保Sで見事逆転。
前走惨敗で人気を落としていたフサイチホクトセイを迷わず軸に据えると
対抗にモンローブロンドを抜擢。
これが見事的中し馬連25,6倍を本線で獲得!
060826_1540














っつっても200円分だけですけどね・・・




ということで3000円近く儲けてちょっとしたお小遣いになりました。
先週の札幌記念に続く的中。
この調子のまま新潟記念もあたってほしいですわ~

新潟11R 新潟記念
◎⑧サンレイジャスパー
○⑬ヤマニンベルメイユ
▲⑯ヴィータローザ
△⑤トップガンジョー
△⑨エイシンニーザン
△⑩ヤマニンアラバスタ
△⑫オースミグラスワン
05年1着ヤマニンアラバスタ-2着グラスボンバー
04年1着スーパージーン-2着レニングラード
03年1着ダービーレグノ-2着カンファーベスト
02年1着トーワトレジャー-2着アグネススペシャル
01年1着サンプレイス-2着エアスマップ
上記の成績は新潟左回り改装後の新潟記念の結果。
で、赤文字にした馬は「血統表の中にグレイゾウリンの血を持つ馬」である。
まぁグレイゾウリンっつーかヤマニンアラバスタを除けばトニービンの血を持つ馬という括りになるんですが。
血統好きには有名な事実だけど、新潟記念は圧倒的にグレイゾウリン(特にトニービン)の血を持つ馬が有利なのだ!

ということで今回のメンバーからグレイゾウリンの血を持つ馬をピックアップすると・・・
④サイドワインダー(父トニービン)
⑤トップガンジョー(母父ゴールデンフェザント=ヤマニンアラバスタの父)
⑧サンレイジャスパー(父ミスズシャルダン×母父Cozzeneのグレイゾウリンクロス)
⑩ヤマニンアラバスタ(父ゴールデンフェザント×母父タマモクロスでグレイゾウリンクロス(フォルティノ3×4))
この4頭になる。

その中から本命抜擢は⑧サンレイジャスパー
前走小倉記念は早めにまくっての4着も
あのレースは「先に仕掛けたほうが負け」といったレースだったので気にする必要なし。
引き続きハンデ51kgは有利だし、どうやら好調維持している模様。
血統的な後押しもあるのでこの馬を中心に据えます!

対抗はこちらも牝馬⑬ヤマニンベルメイユ
福島1800→新潟2000とまったく異なるカテゴリーで連勝中の馬。
これは地力強化の証だし、前走から新潟に滞在したままなので輸送の心配も無い。

3番手は⑯ヴィータローザ
昨年本レース3着で自身にも新潟に実績がある上に、
全兄のロサードも新潟で重賞2勝している。
小倉記念の予想の際、「バラ一族は小倉巧者」と書いたが、
実を言うと新潟巧者でもあるようだw(単純に夏のローカルがいいという話かもしれないが)
トップハンデで人気を落としているので逆に面白いかも。

⑤トップガンジョーはグレイゾウリンの血を持つ馬の1頭。
また前走苦手とされていた雨馬場を克服したように
本格化した兆候もあるのでここでも注意を払う必要がある。

⑨エイシンニーザンは前走(信濃川特別)の内容が良かった。
元々はOPで善戦していた馬だし、
ハンデ重賞らしく条件戦を勝ち上がってきた馬が台頭する傾向にあるので面白い。

⑩ヤマニンアラバスタは昨年の覇者。当然新潟2000mの舞台は歓迎。
ただ気になるのは前走(関屋記念)の惨敗(14着)。
いくら距離・ペースが向かなかったとはいえ走らなさすぎ・・・

⑫オースミグラスワンは新潟大賞典以来。
不器用な馬なので新潟コースは向いているし、四位がわざわざ札幌から参戦するのも心強い。

で前売り1番人気⑱スウィフトカレントを外した理由。
まぁ単に人気だから消したというところもあるけどw
まず前走の勝ち方が鮮やか過ぎた。つまり「ハマッた」感が強いと思うのだ。
あと枠順。新潟の2000なら本来それほど枠順は気にしなくていいのだが外過ぎる。
これだと直線も大外を回らされてエンジンがかかるのが遅くなる可能性もある。
ということで差し損ねを期待してw無印です。
まぁ無理やりな感があるのは否定しませんがwww

(買い目)
馬連
⑧-⑬1500
⑧-⑯1000
⑧-⑫1000
⑤-⑧500
⑧-⑨500
⑧-⑩500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

北海道資金を是が非でも~新潟記念(GⅢ)予想

どうも、ハンカチおじさんなくまちゃんです(笑)。

本日午後、ようやくもっくんとの「馬券コラボwith大塚愛」が実現するわけですが、毎度お馴染み、前日販売を買わないといけません(こういう習慣も今週末がラスト?)。
よって今週も土曜のレース前に日曜のメインレース予想を投稿…という形になりました。

なんとか当てて、連敗ストップ&旅行資金にせねば!

8月27日(日)  新潟11R  第42回新潟記念(GⅢ) 芝2000   予想(勝負対象)

◎ 9エイシンニーザン
○ 18スウィフトカレント
▲ 13ヤマニンメルベイュ
△ 8サンレイジャスパー
× 1ソーユアフロスト
× 10ヤマニンアラバスタ
× 3ニシノナースコール

買い目

・三連複   軸9相手18、13、8、1、10、3(各100円、計1500円)
・馬連   18、13  200円
       18、8  200円
       13、8  100円                        計2000円

ポイント

「夏は牝馬」の格言は、今回ある程度参考にしている。

前回のエントリでも触れた、唯一軸に推せそうな(しかも人気薄?)9エイシンニーザンを結局本命に。
なんといっても前走の勝ちタイム1587。今回と同条件の「新潟芝外A2000」でこのタイムなら、格上げでも十分通用する…と期待。
53キロってのは、なんと前走よりも4キロも減。さらに芝2000は7戦4連対なので適性十分。
さらにヤネに注目してみると、新潟リーディングの蛯名であるのだが、彼は
1ソーユアフロストにも過去連続騎乗していたのにこちらを選択している点(ちなみにソーユアは田中学)からも期待度が増す。
追い切りタイムはイマイチだが、馬体は絶好調らしい。一発期待。最低でもワイド圏内!

つまらないが、1人気が予想される18スウィフトカレントを対抗に。
…確信を持って言えるのが、「もしもっと内なら本命」っていうくらい。
大外枠はキツイかもしれないが、トビが大きいので前走の小倉よりも断然新潟に利がある。
2キロ増でも、持ち味が発揮できるこの舞台なら。
そもそも今の新潟ならそろそろ外差しが決まってくるころではないか。
「前走は余裕を持たせた仕上げだった」(清水助手)の割にはのポン駆け前走であり、反動も懸念されているが、地力を発揮できそうな直線で。

おもしろいのが単穴指名の13ヤマニンメルベイュ。ヤマニン2頭で、人気が薄そうなほうであるが、軽ハンデの牝馬に期待。
今回、ハナ争いは激化しそうにないメンバーなので、ハナを切るくらいのノリでも。
芝2000は5戦3勝で、前走は同条件で勝った。持ちタイムで本命馬の1秒遅れるが、確実に1頭は牝馬が入りそう(札幌記念のレクレドールのように)な傾向なので、その有力候補に抜擢した。ワイド圏内なら。

押さえは8サンレイジャスパー。追い切りは絶好調って感じだが、使い詰めで前走よりもデキがイマイチという見方もある。
また、広い直線の新潟初体験ってのも気になる。
…しかし、ヤネ(佐藤哲)がわざわざ新潟までやってくるといった気合の入れ様や、やはり軽ハンデは見逃せない。

以下、一発が有り得る3頭を穴指名。
芝2000が10戦8連対で、前走5着も先行脚質には致命傷な出遅れや道悪で要因明確な
1ソーユアフロスト
関屋記念回顧で「今後も期待」した、ヤネにも期待の持て、新潟6戦4連対、距離延長は確実プラスな前年の勝ち馬
10ヤマニンアラバスタ
軽ハンデはもちろんのこと、夏に好調子で牝馬、新潟を得意とする馬・ヤネがセットで魅力(名前も魅力)な
3ニシノナースコール


ちなみに、もう一つの重賞「キーンランドカップ」は、やはり14シーイズトウショウの軸は堅いですが、他の予想等絡めそうだったら土曜深夜にでも投稿します。

…ただしこのレースは勝負しません(馬券も買いません)。

それではまた☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

波、上昇気配~札幌記念(GⅡ)いまさら回顧&新潟記念(GⅢ)見解

どうも、いよいよ26日(土)にもっくんとの「ウインズコラボ参戦」が実現するくまちゃんです。

そりゃ楽しみですよ…。ようやく勝負レースで僕に勝てた彼の力を拝めるんですから(笑)。

もう既に金曜日ですが(苦笑)、毎週そうですが少しでも回顧していくことで必ずや成果が生まれると信じています。
さっきまで野球観戦(しかも中日負け・さらに今日も行ってきます!)に行くなど、意外といろいろあるので遅くなっちゃいます…。

8月20日(日)  札幌9R  第42回札幌記念(GⅡ) 芝2000  結果

1着 △ 11アドマイヤムーン 武豊
2着 - 7レクレドール 藤田
3着 ◎ 8マチカネキララ 横山典
4着 ▲ 15マヤノライジン 四位
5着 △ 14エリモハリアー 安藤勝

回顧

始めに言っておくが、このレースといい、なぜかやたらと清水成駿氏とかぶる傾向があるが、彼は確かに尊敬するが、僕は決して真似してません。理由はそもそもはっきりしていて、僕は前日販売で購入することが多いので、日曜の新聞は買わないからです。
とうぜん競馬参戦も土曜中心。
ってことで、彼とかぶるということは素直にコラボだと思い喜びたい。

軸にした本命8マチカネキララが3着となり、まぁまずまずでしょう。軸にした馬は、この夏競馬でもそこそこの成績だからいい傾向。
もっくんが過剰人気だと指摘していますが、僕はもう少し期待します。ただ人気ほどではないかもですが、勝ち馬とは僅差だし。

まさかまさかの超テン緩ラップ。…まぁシルクフェイマスが控え、ブルートルネードが取消、ハナを切ったのがタガノデンジャラスといったことから、逃げ・先行馬の力不足だろう。
よって完全にしまい重視の瞬発力が重要となり、勝ち馬にとっては絶好であった。
この馬はたしか直線でヨレる癖があったはずだが、よくよく考えるとそこまで直線は長くないので致命傷ではないし、そもそも降級ならポンでも上位。目指すとこが違う。
でも、いくら瞬発力勝負でもGⅠではどうかな…?天才ジョッキーのお蔭をもっての結果ってこともあるし、事実ダービーでは人気を裏切り、あえて武豊をヤネにしてサムソン石橋をたてた(メイン柴善は逃げに徹し◎。本命にして満足)くらいで、東京や京都ではさきほどの弱点を含め勝ち切れるとはそう思えないのだが…?

まぁ11アドマイヤムーン雑談はこの辺にしておき、7レクレドールには恐れ入った。「夏は牝馬」という格言はここでも通用。人間でも同様。(?)
よくもまぁ連闘でも…だ。…っていうか、札幌では最高のレースをするなぁって感じ。
ヤネ藤田も良かったが、短い直線で上手にキレ味を発揮できる。
…でも、次回は府中等だし、季節も移り変わる。懲りずに軽視(笑)。

軸の8マチカネキララは3着。小回りで短直線なら最低限ここまで…は当然。
ヤネはいい騎乗をしたと思うし。
…でも、昇級は厳しいと思うので、条件をよく踏まえて今後はみていこうと思う。

今回のレースメモ

・アドマイヤムーンはGⅠではどうか。マチカネキララは小回りでGⅢくらいなら。
・レクレドールは次も軽視。
・マヤノライジンは決め手に欠ける。いいレースをしたが、今後はさらに前でレースをしてみたら面白いのだが…。
・エリモハリアーはズブい印象。決め手もちょっと…。この馬ももっと前で!!

…ってか、5着までのヤネは実力者ばっか。騎手で選んだら面白かったなぁ(苦笑)。


さてさて、今週末には新潟記念とキーンランドC(ともにGⅢ)があります。後者は新設だし、シーイズトウショウくらいしか今んとこ目に付かない(どうせ人気)し、ビーナスの取捨に迷う…ので、とりあえず前者の見解を。

8月27日(日)  第42回新潟記念(GⅢ) 芝2000  くまちゃん注目出走馬(50音順)

ヴィータローザ 牡6 58上村
エイシンニーザン 牡4 53蛯名
サンレイジャスパー 牝4 51佐藤哲
スウィフトカレント 牡5 57福永
トップガンジョー 牡4 57後藤
ヤマニンアラバスタ 牝5 55柴田善
ヤマニンメルベイユ 牝4 53勝浦

見解

なんとフルゲート18頭となるこのレース。
とりあえず馬券の中心は上の7頭で十分と考えている。
少なくとも単穴には指名しそうなのが人気薄のはずなエイシンニーザン。格上げでも通用しそうな前走内容で、調教ならこの馬…ってくらい調子がいいらしいし。

その他6頭についてみていくと、まずヴィータローザ。前年3着馬だが、58は見込まれた感が。
様子は平行線らしいが、ムラっぽいのでアテにはできない。
…ただ、前走は休み明けで外を回ってのあのレース内容で、軽視はできない。

サンレイジャスパー。ヤネを含み陣営の気合が違う。引き続き51で当然印。

スウィフトカレント。やはりポン使いが利いた前走だが、反動が恐い。
…しかし、状態は前走以上のようだし、もともとこの馬は広いコースに適性があるので。
2キロ増で勝ちきるまではどうかだが、ポイントはしっかりとってくると思う。

トップガンジョー。瞬発力ならこの馬。前走よりもいい馬場が期待できるし、ヤネは新潟2000連対率2位。

ヤマニンアラバスタ。関屋記念の回顧で次走に期待しているし、なんといっても前年当レースの勝ち馬。ヤネも新潟2000連対率1位。なんとかならんか。

ヤマニンメルベイュ。勝ち味覚え、格上げでも。前走は同じ新潟2000。軽ハンデで。

取捨に迷うのがニシノナースコール。名前でついつい…だが(笑)、ヤネ吉田豊もいいし。

一方、オースミグラスワンは思い切って消し。夏負け(タマ腫れ等)のようで、マルカキセキみたいに人気であれれの展開を予想。
…夏負けなのにあの直線はキツイでしょう。


枠順が決まったらキーンランドCを含めて金曜深夜か土曜深夜に予想を投稿します。


んで、突然ですが今回の勝負レース(この2つのGⅢ)を持ちまして、「1学期回収率勝負」を終了したいと思っています。

もっくんとも相談しますが、9月からは2学期ってことで、とりあえず今までの戦績はリセットし、収支金額勝負にしたいと思っています。原則、
・「掛け金は5000円まで」は変更なし
・毎回の回顧で必ず収支(累計も)を記入
・勝負レースは個人で選択可能で、複数もオッケーだが、はっきりと告知。単なる予想と混同しないように努める

って感じでいこうかと。

…ちなみに1学期は27日にもっくんが大当たりしなければくまちゃんの勝ちです♪
春は初心者にしては頑張りましたから…。

ではまた☆

  

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年8月21日 (月)

初的中の喜びも吹き飛び衝撃・感動の甲子園【札幌記念他回顧】

地味に札幌記念を当てて、
当ブログ開始4ヶ月半でようやく会心の一打を放つことができたのですが、
甲子園の感動・衝撃でそんなことも頭から消えてしまいましてwww
まぁ予想は当たったけど買っていないのでどーしようもないのですがwww

8/20 札幌記念(G2)
1着◎⑪アドマイヤムーン(1人・武豊)
2着△⑦レクレドール(9人・藤田伸二)
3着▲⑧マチカネキララ(2人・横山典弘)
4着△⑮マヤノライジン(5人・四位洋文)
5着△⑭エリモハリアー(3人・安藤勝己)
馬連⑦-⑪500×35,5倍→17750的中!
前半1000m61,2秒という超スローペース。元々先行馬が少なくなった上に、先行することが予想された⑩シルクフェイマスも控えたため(行き脚がつかなかった?)このような展開となった。
そうなると⑪アドマイヤムーンの持ち味が生きる。この馬は中距離で切れ味比べとなるスローペースで最大限の力を発揮できるタイプ。今回は注文どおりのレースとなった。陣営は秋天を最大目標にしているようだが、底力が問われる(ペースが早くなる)ようなレースになると厳しいが、昨年のような超スローの瞬発力勝負になれば栄冠を掴んでもおかしくない。
連闘⑦レクレドールが2着。牡馬相手の重賞に出走したのが今回が初であり、連闘ででてきたあたり陣営も手応えがあったのだろう。これで同馬は札幌芝成績が【2110】。札幌との相性がいいことは明らかだが、母父ディクタスであることからも夏のローカルがあっていることもあるだろう。
レース前「ここは正念場の一戦」と定めた⑧マチカネキララは3着。確かに4コーナーで狭くなるところもあったがそれだけが敗因ではない。基本的にこの馬は過剰人気。今後も軽視していいだろう。
シリーズ王者を狙った⑭エリモハリアーは5着。どうやら今週の新潟記念に連闘することを陣営は考えているようで、でてくれば取捨が難しい存在になる。だが思えば昨年も函館記念勝利→札幌記念凡走(6着)の後、朝日CCで6人2着と好走した。このリズムを考えれば、人気を落としていたら新潟記念でも怖い存在かもしれない。


8/13 クイーンS(G3)
1着  ⑨デアリングハート(3人・藤田伸二)
2着▲④ヤマニンシュクル(2人・四位洋文)
3着△③レクレドール(7人・柴山雄一)
4着  ⑤コアレスパティオ(13人・菊沢隆徳)
5着○①チアフルスマイル(5人・横山典弘)
---------------------------------------
7着◎⑦ロフティーエイム(6人・五十嵐冬樹)
戦前はマスコミや自分も含め「先行馬有利」という論調だった。騎手たちもそのような意識があったのだろうか。皆早め早めに仕掛け、結果前にいる馬にとっては厳しい展開となった。
そんな中先行して突き抜けた⑨デアリングハート。昨年のこのレース以来、スランプに陥っていたが近走復活の気配を見せており、これで完全復活だろう。

8/13 北九州記念(G3)
1着  ②コスモフォーチュン(11人・角田晃一)
2着  ⑧ゴールデンキャスト(4人・小牧太)
3着◎⑩ホーマンテキーラ(2人・佐藤哲三)
4着△⑫タマモホットプレイ(9人・渡辺薫彦)
5着  ⑤リミットレスビット(5人・川田将雅)
----------------------------------------
8着○⑥マルカキセキ(1人・鮫島克也)
小倉はAコース使用10日目。このレースに限らず、この日の小倉では各騎手とも馬場の悪い内側を避けていたが、そんなことおかまいなしにインコースを通った角田(②コスモフォーチュン)。多少の荒れ馬場は気にしない馬の特性と、好枠を生かした好騎乗が光った。
コスモフォーチュンがどこまで強いかよくわからないが(少なくともこの1戦だけでは評価できない)、マイネルラヴの産駒らしく時計に限界があるのがこの馬の特徴。今回も勝ち時計が1分8秒0だったことか幸いした。1分7秒台の決着になったときに対応できるのか、不安が残る。
またここまで3戦を終えたサマースプリントシリーズだが、勝ったのは全て人気薄の牝馬だった。この流れを考えると、今週のキーンランドCも人気薄の牝馬が怖い・・・か!?気づいたときには既に遅し、というのがギャンブルではあるけれどw

それにしても早実の斉藤は凄い。
素人目から見てもそう思う。
その風貌・仕草からはマスコミは好んでないみたいだけど、
彼こそ怪物という称号が似合うと思う。
いい試合見させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月20日 (日)

爆睡連鎖現象【札幌記念予想】

くまちゃんはバイトの休憩で2時間寝たそうですが、
僕のほうは13時間も睡眠してしまってこの時間の予想になりましたorz
でも高校野球の決勝には間に合わせて起きてしまう俺、ちゃっかりしていますw
ちなみに駒苫の3連覇を期待しています。

先週のクイーンS・北九州記念の回顧はまた別エントリでやりますので、
まずは今日の札幌記念の予想から。

札幌9R 札幌記念
◎⑪アドマイヤムーン
○⑩シルクフェイマス
▲⑧マチカネキララ
△③ファストタテヤマ
△⑦レクレドール
△⑭エリモハリアー
△⑮マヤノライジン
札幌記念男の武豊がフランスから帰国。騎乗馬が3歳クラシックで主役をはった⑪アドマイヤムーンならここは動かざる軸だろう。皐月賞・ダービーは不発に終わったが、G2クラスなら古馬相手でも対抗できる。また仕上がりやすい気性なので休養明けもいいだろう。
⑩シルクフェイマスは馬場状態が思ったほど悪くないようなので、持ち前の先行力が生きる舞台が整った。条件級時代ではあるが、札幌で2連勝を飾っているのも好材料だ。また先行馬が少ないので、AJCCのときのように思い切った策をとれば面白い存在に浮上する。
単穴の⑧マチカネキララは過剰人気の馬。前走のエプソムCは道悪が原因だというのはいいが、それではオーストラリアTは?と思うと、よく敗因がわからない。今回は良馬場・2000m・ノリ騎乗と好材料が揃っているので3番手に推すが、ここは正念場の一戦であろう。
連下以下で面白いのは連闘⑦レクレドール。昨年もクイーンSからの連闘で挑んだヘヴンリーロマンスが制したように、この過程は注目のローテーション。同馬も札幌芝は相性がよく、乗り方次第では見せ場は作れるのでは。
(買い目)
馬連
⑩-⑪2000
⑧-⑪1000
③-⑪500
⑦-⑪500
⑪-⑭500
⑪-⑮500

| | コメント (0) | トラックバック (2)

良純みたいに、天気と空気が読める人間に~札幌記念(GⅡ)変更予想

どうも、バイトの休憩(1時間)で二時間近く爆睡したくまちゃんです(笑)。
そんくらい、疲れてるってことです…。

まず…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060819-00000008-kiba-spo
ベガもそうですが、桜花賞馬が亡くなってしまいました。
この馬は、僕が初めて本格的に購入した馬券対象のレース(もっくんに買ってもらいました)だった高松宮記念で2着となり力を魅せてくれて(三連複ボックス的中)、その後の阪神牝馬Sではエアメサイアとともに格をみせつけ(三連単フォーメーション的中)、ヴィクトリアマイルではフケ(発情)の兆候や距離延長からか惨敗したものの、今後牝馬世界をリードしてくれそうだった実力馬・期待馬でした。
この馬は走ったまま一生を終えたのです…。


さてさて、突然のエントリになってしまったわけだが、この理由は語るまでもないか。

「たらればは禁物だが、良馬場じゃなかったらブルー…」
とかいうのが嫌だったので、予想を若干変えました。

…っていうか、その5ブルートルネードは競走取消らしいですね。
その要因が「馬場悪化が見込めないから」…とは限らないが、陣営が危惧するように札幌は馬場悪化とはならなさそう(良っぽい)。
…そもそも、開幕2週目だからそもそも悪くはなりそうにないじゃん(苦笑)。

それを土曜朝の電車内で気づいたので、とりあえず慌てて以下のように印を変更。

◎ 8マチカネキララ
○ 12グレイトジャーニー
▲ 15マヤノライジン
△ 10シルクフェイマス
△ 13タガノデンジャラス
△ 11アドマイヤムーン
△ 14エリモハリアー

買い目
・三連複  軸1頭相手6点  ◎、○~△(各100円、計1500円)
・馬連  8ー12 300円
・馬単  8、12→15 100円ずつ                     計2000円

付記

馬場が良いなら当然忘れるなの10シルクフェイマスも馬券圏内。
…という大方予想に、同型の馬の出走取消が加わって4人気まで上昇。
僕は結構その予想には賛成派で、ヤネを五十嵐に変えて勝負ムードでGⅠ経験豊富でハンデを貰ったといえるこの馬がHペースを形成して例年の傾向のように前残りで…という可能性を秘めていると素直に思う。札幌も得意。
それではなぜ押さえまでの評価なのかというと、もう既に7歳だし、例えば前走が良(前走は宝塚記念、悪馬場、13頭12番)だとしたらはたして本当に上位だったのか?という疑念がないわけではないので。
最後は結局
8マチカネキララに力尽き…といった展開有り得ないか?

単穴まで評価を上げた15マヤノライジンは、前回のエントリの通り、枠さえよければ良馬場だし本命まで一気…があったと思う。

逆に評価を押さえまで下げた14エリモハリアー。理由は当然天候。
こういった器用そうだけど持ち味は?ってタイプは、他馬が苦戦する馬場悪化に恩恵を受けるのでは?…という勝手な推測がありまして(笑)。

…そうそう、当然馬場が良でもやや重でも本命対抗は変えませんよ!特に本命には自信があるので。
…予想に反して1人気っていうのがちょっとだけど…。



こんな感じです。既に馬券は買ってあります。

さぁ、もっくんの予想はどうなってるのでしょう?!「悪循環コラボ」がないことを祈っていますと最後に添え、終わりの言葉とさせていただきます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年8月19日 (土)

僕らを歓迎してくれる札幌競馬場?!~札幌記念(GⅡ)予想

どうも、最近は「WINS」なのに「WIN」できていないくまちゃんです(苦笑)。

18日(金)のバイト終了後帰宅し、スポーツニュースで中日の勝利を確認し、それから予想してみました。

再び金曜深夜(ってか明け方)投稿になってしまうわけで、正直情報や時間が不足している中での勝負対象レース予想となってしまいます。

前回のエントリでは「1人気の休み明けは飛ぶ」…しかし「武豊は強い」という傾向でアドマイヤムーンの取捨に非常に困りましたが、結論から言うと、どっちでもよい印にします(笑)。

そして、「伊藤雄陣営は強い」というデータで穴馬を…と思ったら1頭もいないのでがっくりしているところ。
さらに、どうも札幌は18~19日中にかけて相当雨が降りそうで、良馬場は見込めない…ということで、難解になりそうですね。

よって今週も自信少ないですが、金額抑えて今度こそ!

8月20日(日)  札幌9R  第42回札幌記念(GⅡ) 芝2000   予想

◎ 8マチカネキララ
○ 12グレイトジャーニー
▲ 14エリモハリアー
△ 11アドマイヤムーン
△ 15マヤノライジン
△ 13タガノデンジャラス
× 5ブルートルネード

買い目
三連複 軸1頭相手6点  ◎、○~×(各100円、計1500円)
・馬単  ◎→○200円 ◎→▲100円 ○→◎100円 ○→▲100円      計2000円

ポイント

三連単を禁止した今回(苦笑)。
良馬場なら10シルクフェイマス を筆頭に気になる馬がいたが、どうも良くてもやや重って感じ。この馬は良でこそなので、あえて押さえにもせず。どうせ悪くなるなら「重」くらいを希望したい。

不安は若干あるが、連なら…って期待ならダントツの8マチカネキララを本命にしよう。
ヤネは「後方からさり気に一気差し(勝手に命名)」といったら…の横山典。でも、そこまでいい馬場でないのに決まるの?という不安は、主に2点でかき消される。
まず、芝2000が得意という事実。6戦5勝であり、上手く走ってくれるので仮に取りこぼしても十分馬券圏内まで。
そして、小回りの札幌が得意そうな走りができそうな点。案外序盤も好位置にいれるので、しまいにほどよく瞬発力が使えそうなこの馬がベスト。…っていうのも、前走は東京(札幌より直線長い)で道悪という条件で(でも3着)今回のが確実に向いている。そこまでしまいに重点は置かなくて済む状況なので、序盤4番手くらいにいたらこの馬が黙っちゃいない!
ちなみに人気も良くて3かと思うのでねらい目十分。

若干本命馬を信頼してしまうが、それを裏切る結果なら対抗の12グレイトジャーニー
唯一不安なのが距離。久々がどう動くかだが、前走は人気以上に頑張ってくれたし、むしろ淡々と後位から狙っていくなら20のが期待。ただ、条件としてヤネがいつもよりは前にいてくれる(=積極的に!)ことを希望。「淡々と後位から狙っていく」のはコーナー前からの早仕掛けが必須材料。タメ過ぎは小回りには×。

勝ちとまではいかなそうな14エリモハリアーを単穴に。
前走は恐れいったし、札幌でもそこそこの戦績だが前走はメンバー的にしまいに突出した馬がいなく、まずまずの位置にいたので…だと推測。芝2000「5、2、2、9」という微妙な成績にも不安はあるし。
実力は認めるが、本命対抗馬等メンバー的にアップしてどうでるか。ハンデも皆一緒。

以下、押さえに下げた11アドマイヤムーン15マヤノライジンも当然注目。
前者は仕上がりがそこまでいいわけじゃないし、叩き台でも7000万(1着賞金)という甘いメンバーではないでしょう。人気もするだろうし、当然実力あるし悪馬場でもオッケーだがここは押さえまで。
後者は良馬場でもっといい印だが、そもそも枠が悪いかと。相当後方からだと思うからツライ。ただ距離はそこそこあるので地力でなんとか。

道悪で先行馬ならシルクより断然5ブルートルネードで、適性で粘って3着くらいなら。


よって、「やや重」以上の馬場を想定した予想となりました。

…ちなみに、19日(土)のレース予想もしましたが、早く寝たいしハズレると恥ずかしい(苦笑)ので今回は回避。

…当たったら的中報告だけします(後出し)。
ではまた☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月18日 (金)

共倒れ。~13日(日)2重賞回顧

どうも、もっくんと被ったなら仕方ないなと自分に言い聞かせているくまちゃんです(笑)。
直前予想だからって、そりゃないよ…(苦笑)

しかし、ちっとも当たりませんね、夏競馬。
春競馬は皐月賞での6万5千儲けや、2頭軸マルチ三連単とかも当たっちゃったりして絶好調だったんですが、やはりギャンブルには波があります。
…でも、結構惜しいレース結果が多いんで、止められません(苦笑)。

…でも、一つ止めれることがあります。
GⅠ復帰まで基本的に三連単禁止にしようかと思います。
そう、GⅠの場合、僕自身気合を入れて予想ができるし、実力馬が僕の期待通りに走ってくれる(ダービーのジャンクみたいにはあまりならない)んで、的中率が上がる気がします。

だいたい夏に出走してくる馬は、そこまでレベルが高い馬は出走してこないので、何が起こるかわからないんですよ。
でも、今週の重賞レース「札幌記念(GⅡ)」は、やっと実力馬がでてくるようですね。
…まぁここを叩いての形が強いと思うので、過信はできません(アドマイヤムーンとか)が。

今更になって北海道旅行の日付確認をしてきたもっくんには、そろそろ一発当ててもらって、彼に尊敬の念を抱いた状態のまま旅行に行きたいものです(苦笑)。


さあさあ、もう既に週末ですが、先週も学ぶことが多かったので、軽くですがレース回顧をしていこうと思います。

まずは、自信のあったこちらから…

8月13日(日)  小倉10R 北九州記念(GⅢ) 芝1200   結果

1着 - 2コスモフォーチュン  11人気 角田
2着 ▲ 8ゴールデンキャスト  4人気  小牧太
3着 ◎ 10ホーマンテキーラ  2人気  佐藤哲三

勝ったのは、大スポ上田さん対抗指名の2コスモフォーチュンだった。軽量牝馬だったが、前走の勝利も短距離だったし、今後も12までなら見切れない。
特に10なら強いこの馬が、スイスイと逃げ切れるレース展開だったわけで、今思うとこういう展開予想も必要であって押さえは必要だったかなぁ。
それにしてもいくら外差し有利な馬場でも、ほとんどの馬が外からだったので、ロスなく回っちゃえてるなぁ…。
…しかしね、今回は同じタイプが少なくてまさに「内枠の逃げ馬」が有利な展開だったのだが、同じタイプが多数いてHペースで、枠も外なら厳しいかと。やはり直線でこその馬。

まぁ自信の本命10ホーマンテキーラだったのだが、とりあえず複勝圏内でよかった。
前走も直千ならあれだけの追い込みも関係ない(=2走ボケはない)という確信もあった(実際、叩き2戦目もオッケーと投稿)し。
次走はもっと期待しよう。この馬のためにサマーチャンピオンという称号は存在すると信じ、また、陣営も1着しか狙ってこない(=メイチの仕上げ)と確信して…。

…ちなみに6マルカキセキは夏バテ(男なら理解できる?「タマ腫れ」があったらしい)によって、実力発揮ならず。

今回のレースメモ

・コスモフォーチュンは次走12までなら要注。…しかし、展開を考えて。
・ホーマンテキーラは次走本命の勢いで!



8月13日(日)  札幌9R クイーンステークス(GⅢ) 芝1800  結果

1着 ▲ 9デアリングハート  3人気、藤田
2着 △ 4ヤマニンシュクル  2人気、四位
3着 ー 3レクレドール  7人気、柴山
4着 - 5コアレスパティオ  13人気、菊沢
5着 ○ 1チアフルスマイル  5人気、横山典
6着 △ 12ブルーメンブラット  4人気、川島
7着 ◎ 7ロフティーエイム  6人気、五十嵐
8着 △ 11マイネサマンサ  1人気、安藤勝

11マイネサマンサがスタート失敗(先行脚質なのに)。「安藤勝は、スタートに弱い」という格言?を今後は積極的に考慮してみたい。

勝ったのは単穴指名の9デアリングハート。「札幌1800は内枠先行が有利」という格言を、同条件ダントツ連対率の藤田が払拭した…。
2位の連対率3位の四位が2着、5位の横山典は5着で、ヤネは一応活躍している。
札幌ドームで始球式を行った「男・藤田」だが、ヴィクトリアマイル、エプソムCで騎乗し、コツをつかんでこのレースに自信の出走だった、か。
圧勝の差しで、次は増ハンデが若干気になるが注目。

学ぶところがその他にも多数。

2着の4ヤマニンシュクル。素直に力が発揮できる流れだった(敵は勝ち馬のみ)のだが、1勝馬に勝ちきれない点から、「四位で本命では(5連続騎乗)」と思うべきなのか?

3着の無印3レクレドール全く興味がなかった馬だが、こちらも流れの影響が大きいと判断。札幌記念で藤田で連闘出走してくる(同55キロ)らしいが、やや人気するかもだが良くても押さえまでの評価で。

4着の無印5コアレスパティオもっと興味がなかった馬。「いつの間に?」って感じだったが、やはり評価は上げれないなぁ。…でも、洋芝で最後伸びてるし、パワーはありそうだけど…。

5着の対抗1チアフルスマイル。開幕週だし、もっと外枠で内枠が荒れだす週で(最終週とか)差せる展開だったら…横山典にも期待できるし…。

7着の本命7ロフティーエイム。…えぇ、正直先ほどのホーマンよりは自信なかったですよ。
とりあえず、もう少し内枠で2、3番手にいて…という展開を描いたのだが。

…まぁ、展開が全てですね、夏競馬のレベルなら…。

今回のレースメモ

・デアリングは次も藤田でさらに注目。展開考えなくても地力高い。
・ヤマニンシュクルはやはりベストは18以上。ヴィクトリアMは距離不足と相手強、マーメイドSは勝ち馬ソリッドプラチナムにみられるがハンデに泣いた。よって今後も押さえたいが、本命にできるかな?
・レクレは次連闘だし、やはり信頼できない。
・コアレスは次降級で差しが生きる展開で微妙に期待。
・チアフルは外枠で差し、ロフティーは内枠で好位置で期待。
・マイネサマンサはヤネが安藤勝でマイナス。特に短距離なら致命傷。


ところで、12日(土)はその他のレース予想もピックアップしたわけなんですが、あれは良馬場前提なので特に新潟は仕方ない…ということで…(苦笑)。


さてさて、今週末20日は、札幌記念(GⅡ)。
今週も金曜深夜に予想投稿となっちゃうわけですが、前出の通り、三連単は禁止して臨みます。とりあえず、良馬場希望!

8月20日(日)  札幌9R 札幌記念(GⅡ) 芝2000  出走馬(16頭立)

アドマイヤムーン(武豊、54)
エリモハリアー(安藤勝、57)
グレイトジャーニー(佐藤哲、57)
シェイクマイハート(柴山、57)
シルクフェイマス(五十嵐、57)
スプリングシオン(芦沢、57)
セフティーエンペラ(長谷川、57)
タイガーカフェ(須貝、57)
タガノデンジャラス(岩田、57)
ファストタテヤマ(武幸、57)
ブリットレーン(菊沢、57)
ブルートルネード(秋山、57)
マイソールサウンド(本田、57)
マチカネキララ(横山典、57)
マヤノライジン(四位、57)
レクレドール(藤田、55)

傾向として、1人気がくるとそれを目標にしていた人気馬が普通にくる=堅いが、1人気が凡走すると人気薄ばっかで荒れる(昨年は三連単2759500円。三連複でも477870円なのでおそらくボックスで3着馬を選んでいる人すら少なく、三連単で総流し…の人が笑った?)。

あと、伊藤雄陣営が優秀みたい。函館記念は裏切られたけどね…。

とりあえず、小回りであるから、シルクのように先行する馬と、先行馬多数でHペース気味なら瞬発力のある馬、例えばファストタテヤマのように(好位置で)差せる馬(でもヤネは彩パンの元カレ…)に注目。

アドマイヤムーンが1人気なら面白い。過去6年で連対をはずした1人気4頭のうち3頭は休み明けだったので思い切ってはずして、幅広くいきたいなぁ。

でも…過去10年で武豊は{5・1・0・0}なんですが…。
…さぁ困ったぞ(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月13日 (日)

共倒れか!?沈没寸前な予想【クイーンS・北九州記念予想】

更新が遅くなって申し訳ない。
今週はバイトしたり、旅行に行ったりと忙しかったのです。

ということで今週の予想は速攻でしたものなのですが・・・

札幌9R クイーンS
◎⑦ロフティーエイム
○①チアフルスマイル

▲④ヤマニンシュクル
△③レクレドール
△⑥アズマサンダース
△⑪マイネサマンサ
△⑫ブルーメンブラット

小倉10R 北九州記念
◎⑩ホーマンテキーラ
○⑥マルカキセキ
△④エイシンヘーベ
△⑦リボンアート
△⑪ケイエスストロング
△⑫タマモホットプレイ

なんと札幌・小倉ともくまちゃんと本命が一緒にw
4ヶ月このブログをやってきたが、彼と本命が被るのは初めてという事態。
しかも札幌にいたっては対抗まで同じという・・・
くまちゃんにとっては爆笑・田中に続いて不安材料が増える結果となりましたwww

しかし二人とも見解が同じということをプラスに考えよう。

まず札幌・クイーンSだが、
札幌は開幕週ということもあり基本的には先行有利である。
また1800mは最初のコーナーまでの距離が短いこともあり、枠順を考慮する必要もある。
この2点を考慮して予想した結果が⑦ロフティーエイムの本命だ。
まず脚質。
2走前の福島牝馬Sを先行して粘りきったようにこの馬の持ち味は先行力。
コースの特性を考えた際、これは大きなアドバンテージである。
さらに函館・札幌の芝成績が【1201】と洋芝にも適正がある。
さらに枠順。
真ん中の⑦番枠は問題ないし、内枠に早い馬もいないので思い通りのポジションを獲得できそうだ。
状態も良いようだし、軸を期待する。
2番手は昨年の3着馬①チアフルスマイル
この馬の好走条件は平坦・内枠であり、条件が揃った。
⑪マイネサマンサは逃げ馬なので開幕週の馬場は歓迎だろう。
(買い目)
馬連
①-⑦600
⑦-⑪400
③-⑦200
④-⑦200
⑥-⑦200
⑦-⑫200

次に小倉・北九州記念
本命の⑩ホーマンテキーラと対抗⑥マルカキセキは堅い軸馬だろう。
⑩ホーマンテキーラは休養明けのアイビスSDは直千では致命的な出遅れの不利があったが追い上げて4着。
今回は得意の小倉。
さらにサクラバクシンオー産駒は小倉1200が大得意(小倉7Rもバクシンオー産駒のワン・ツー)。
夏場にも実績があり、ここは堅いとみた。
⑥マルカキセキも小倉得意。
さらにヘイロー系も小倉芝1200を得意としており、磐石の態勢だ。
前走は雨で持ち味の瞬発力を発揮できなかったが今回は待望の良馬場。
叩いた上積みも見込め、対抗に抜てきする。
以下連下4頭。
④エイシンヘーベは小倉得意。また使い減りするタイプなので久々の今回はいいだろう。
⑦リボンアートも小倉得意(昨年2連勝の実績あり)。
⑫タマモホットプレイは実績上位。いつ来るか分からない馬だが、人気のない今回は抑えておいてもソンはない。平坦もいいぞ。
この3頭はいずれもサンデーサイレンス(ヘイロー系)の血を引く馬でもあり、けっとうてきなバックボーンもある。
あと連闘⑪ケイエスストロングは軽ハンデが魅力。前走の時計も優秀で穴馬の資格十分だ。
(買い目)
3連単
⑩→⑥→④⑦⑪⑫
⑩→④⑦⑪⑫→⑥
⑥→⑩→④⑦⑪⑫
④⑦⑪⑫→⑩→⑥ 各200×16=3200

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月12日 (土)

「小異を捨てて大同につく」に断。~土曜&日曜2重賞(勝負対象)予想

どうも、今週、安藤美姫(そっくりさん?)とすれ違い、電車の中で「うるさいですよ~!セイセイセ~イ!」と叫んでいるグラサンかけた怪しい男性(クラブにいそう)を目撃したくまちゃんです。

…いやいや、その疑う目は止めてくださいよ(苦笑)。
…マジなんですよ!自信度S!!(笑)

とまぁご機嫌なわけですよ。…ってのも、11日(金)に、大学の友人3人と共にナゴヤドームの竜虎戦を観戦にいって勝利し、12日か13日勝てばマジック点灯なわけでありまして。

そして0時ごろ帰宅し、12日(土)は昼~ラストまで、13日(日)は朝~夕方までバイトなんで、今のうちに予想をしちゃいました。

そろそろある程度当てて、少しでもいいから北海道旅行資金にしなきゃ…ってわけで、結構悩みました。また、土曜で面白そうなレースを即行でピックアップしてみました。

…そうそう、今週は2重賞のトータルの回収率で勝負したいと思います。出来れば当日馬体重や天候等をみて最終判断したいんですが…仕方ないですよね…。


8月13日(日)  小倉10R 北九州記念(GⅢ) 芝1200   予想

◎ 10ホーマンテキーラ
○ 13タガノバスティーユ
▲ 8ゴールデンキャスト
△ 6マルカキセキ
△ 4エイシンヘーべ
× 3ローランジェネルー

買い目

・三連単  ◎→○、▲、△  (各100円、計1200円)
・複勝   × 300円                        計1500円

ポイント

こちらの重賞のが自信がある。

本命は10ホーマンテキーラ。ここは唯一のバクシンオー産駒で夏男が黙っちゃいない。
前走は出遅れもあったし参考外だが、4着までもってくる脚がある。そこで叩いて1F延長でどうだ。4着の影響か、ハンデも56のままなら…。
唯一の不安材料は、「爆笑問題田中」と本命が被ってしまったことくらい(笑)。

対抗以下、△あたりまでは勝ち負けの力あり。1人気が予想される6マルカキセキは、ハンデ1.5増と2戦目に不安がないわけではないので、あえて△まで。

穴の3ローランジェネルーは複勝圏内に絡む可能性があり得る。4勝のうち2勝が小倉、53キロで先行逃げ切りを期待。


8月13日(日)  札幌9R クイーンステークス(GⅢ) 芝1800   予想

◎ 7ロフティーエイム
○ 1チアフルスマイル
▲ 9デアリングハート
△ 4ヤマニンシュクル
△ 11マイネサマンサ
△ 12ブルーメンブラット

買い目

・三連単ボックス  ◎、○、▲  各100円計600円
・三連複  ◎、○、△3つ  各100円で300円
       ◎、▲、△3つ  各100円で300円
       ○、▲、△3つ  各100円で300円               計1500円

ポイント

ずばり三つ巴と読む。

よって、◎~▲まではどれも長短あるのだが、一応の本命は7ロフティーエイムで。
札幌がいよいよ今週より開幕。小回りが起因するのか、先行力があって枠は若干内であるのが有利となっている。余力残しの追い切りが絶好。エイムちゃんより内に有力先行馬はいない(はず)、なんとかハナを切ってそのまま一気。

対抗と単穴の2頭は馬以上に騎手に期待(横山典、藤田)。この二人の札幌芝1800の実績が群を抜いている(3位四位騎手とは10%も連対率が違う)。脚質(枠順を加味して)の点では9デアリング、札幌芝成績では1チアフルにそれぞれ有利なのだが、どちらも芝1800で連対経験すらないのが気掛かり。

押さえには人気が予想される3頭を。


8月12日(土)  新潟10R  瀬波温泉特別(1000万下) ダ1800   予想

◎ 4タガノエクリプス
○ 7ゼッツー
▲ 1フサイチギガダイヤ
△ 6バンブーライカルト
△ 9ニシノグレイシャ
△ 15ゴールドステイブル

買い目

・三連単ボックス  ◎、○、▲  各100円計600円
・三連複   ◎、○、▲~△  各100円計400円            計1000円


8月12日(土)  新潟11R 天の川ステークス(1600万下) 芝2000  予想

◎ 2フェイトトリックス
△ 4ヤマニンメルベイユ
△ 13マチカネリュウセイ

買い目

・単勝   ◎500円
・ワイド  ◎、△ 各100円計200円            計700円


8月12日(土)  札幌12R  3歳上500万下 芝1500    予想

◎ 11ミスズワールド
○ 7エアジュラシック
▲ 3エイシンサンバレー
△ 2エースデヨバン

買い目

・三連複ボックス  ◎~△  各100円   計400円


8月12日(土)  小倉12R  3歳上500万下 芝1200     予想

◎ 4テンシノダンス           単勝400円


こんなに予想したのに、賭け金は計5500円と節約参戦ですね(苦笑)。

さぁ結果はいかに…。

     

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月 8日 (火)

僕は今、夢旅の中?~関屋記念(GⅢ)回顧

どうも、開催中の選抜高校野球甲子園大会で、今度の愛知代表(愛工大名電)と京都代表(福知山なんとか)の対戦が少し楽しみなくまちゃんです。

えっと…本当ならこのエントリで「今週はプラス○○円♪」とかやや自慢げに投稿する予定だったんですが…
えぇ、全くダメでした。そして…

8月6日(日)  新潟11R 第41回関屋記念(GⅢ) 芝1600   結果

1着 - 13カンファーベスト  14人気、江田照
2着 △ 11ダイワバンディット  8人気、小野
3着 ▲ 3テレグノシス  1人気、横山典
4着 - 8ローエングリン  12人気、田中勝
5着 ◎ 2ワディラム  4人気、中舘

http://www.jra.go.jp/vi/doc/mc_replay/index2.html

三連複47800円(146人気)、三連単491010円(1241人気)ということは、この上位三頭に食指が動いたキレる人たちが、「13はヒモあたりにでも」と推測していた…気がする…

僕の今の競馬は夢旅なのか?勝ち馬13カンファーベストには全く興味をもたなかった。

っていうか、もっくんには素直に敬意を示そうか、と。さすが長年の競馬観があるなぁと感じた。穴狙いなら、ワイドボックスや三連複ボックスでも十分に儲かるのに…とも思うが。
まぁ、これは回収率勝負なので惜しくても…(苦笑)だが、彼の予想のがはるかに上。

…ただ、(タラレバで申し訳ないのだが)2ワディラムが予想に反するレースを展開し、もっと先行したら三複ならバッチリ的中していた…とは言っておきたい。

テン2Fが、23.9ってことは、超Sペース(序盤)ではないか。
ハナを切るくらい、思い切ったレースをみせてほしかった。枠の不利はないはずだ。
ここで中間の位置では…最後の瞬発力では勝てないんだからさ…。
3Fからはペースが緩むことがなく、最後の1Fでそのまま一気に…って感じ。

そんなレース展開が味方した、13カンファーベスト
この馬のポン駆け適性は放っておいて、その前までの5走をみてみると20が4戦、18が1戦である。(距離ね)
よって推測されるのが、江田照の読みの鋭さ。差し馬だが、早めに先行することによって、そのままラストの長い直線で再び力を発揮できる…って感じじゃない?
前走の新潟大賞典(2000)で大失敗した彼が今度は成功した。ここで先ほどのポン駆け適性が加わって…。
ここまでレース前に分析するなんて、僕にはできないなぁ(苦笑)。

それよりも、勝ち負けの可能性があったと思われる11ダイワバンディット。唯一押さえて満足した馬だ。
コーナー部分が、3Fとも11.7で、全くペースが変わっていない。
よって、淡々とレースができ、自然な流れで前にいることができたのが良かった。
そして、小野が溜めておいた脚をラストに使った。最近5走をみても、1800ならそこそこの結果(どれも人気以上の着順!!)だが、それ以上(2000)と、それ未満(1600以下)ではダメダメ。よってベストは1800で、完全に当レースで流れを掴んで連対できた…って感じだろう。
…つまり、この上位2頭は展開の利が大きかったので、次回レースに魅力は感じられない。

まぁ、ある意味期待通り(▲)で3着となった3テレグノシス
前出のテンの遅さにより、「完全追い込み馬」ながらいい位置にいた。
そして、さぁラスト…!…だったのだが、瞬発力には限度があった。
そう、もっくんの指摘の通りで、いくら長い直線でも…。
という不安が若干あり、この印を撃ったのだ。予想通りだ(笑)。
やはり
7サイドワインダーと同様、年齢的に追い込みきれないんじゃないの?

対抗予想の17ヤマニンアラバスタは、逆に展開の不利を受けたと思う。枠もそうだし、そもそもここで一度使っておいて…のパターンかもしんないしね。ポン駆けも利くが。
本来なら最後の直線で伸びる馬。やはりコーナーでの流れがね…頭数も多い。
ってか、騎手は柴田なのに…。

よって、これで間違いなく人気が落ちる次走は引き続き印をつけたい。

今回のレースメモ

・ワディラムとアラバスタは次も印を。…しかし、ワディラムは騎手高田か安勝さんに戻ることが条件(苦笑)。その騎手も、なるべくハナを切るくらいのノリで。

・江田照と小野は騎乗慣れしてないわりに勘が冴えていた。今後も要チェック。

・逆に、カンファーとダイワバンは次は人気しても疑うこと。特にカンファーは展開と鉄砲が利いたのが大きいと判断。…でも、ダイワは次1800なら面白いぞ。





さぁ、今週末もGⅢが2レース。

…でも、競馬できるのは土曜午前のみという厳しい状況なので、しっかり予想できそうもなく、買うのかは未定です。

どちらのレースの注目しようかと、今迷っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月 7日 (月)

いい打球でも外野スタンドに入らなきゃ意味がない【函館2歳S・関屋記念回顧】

横浜vs大阪桐蔭を見ました。

テレビをつけたときは2対2の接戦だったのに、
あれよあれよという間に大阪桐蔭が突き放してしまい、
結果は圧勝。
横浜は8回の謝敷のHRさえなければ、
まだよかたろうに。
あ、その後中田翔もHR打ったから結局はダメかw
しかし大阪桐蔭の打者は全員スウィングが鋭い。
さすが激戦の大阪大会を勝ち抜いてくるだけはあるわ。
次が早稲田実業でその次が(順調にこれば)選抜準Vの清峰。
めっちゃ厳しいゾーンだけど、勝ち抜ければ優勝候補筆頭になるだろうなぁ。

まぁ野球については俺よりも
別ブログで熱く野球を語っているくまちゃんのほうが得意だろうで
恥をかかない程度にしときますw

小倉9R フィリピンT
1着  ③シルクネクサス(2人・幸)
2着◎⑫フラッグシップ(6人・鮫島良)
3着  ⑩フレアリングベスト(10人・石橋守)
4着○⑦オリエントチャーム(1人・赤木)
5着  ④ホシノプレゼント(8人・和田)
6番人気のフラッグシップを本命に抜てきしたのは大正解。自分で自分を褒めたいと思うwただ肝心のヒモが抜けてしまったのでは意味がない。予想の段階で「不器用なタイプでコーナー2回のコースのほうがあっているので、ここは消したい」シルクネクサスを思いっきりけなしてしまったら、勝ってしまいましたorz前走の玄海特別(5着)と比較したらメンバーが落ちていたので、さすがにここでは力上位だったということか。あと恐らくは連続して好走できるタイプではないのだろう。・・・とか言って次も好走しちゃったらどうしようw

函館9R 函館2歳S
1着  ⑭ニシノチャーミー(7人・四位)
2着  ⑪ローレルゲレイロ(5人・本田)
3着  ⑯シャルトリューズ(8人・津村)
4着  ⑫マイニングゴールド(6人・安藤)
5着B ⑨シャルロットノアル(4人・岩田)
やっぱ2歳戦とかわかんねぇよ。
ただ人気だったエーシンダームスン・インパーフェクトあたりは血統を見ると2歳の1200の重賞でどーんとこいというタイプではなかったので、せめてよそが外れてもこの2頭は消しときたかったorz

新潟11R 関屋記念
1着△⑬カンファーベスト(14人・江田照)
2着△⑪ダイワバンディット(8人・小野)
3着◎③テレグノシス(1人・横山典)
4着  ⑧ローエングリン(12人・田中勝)
5着  ②ワディラム(4人・中舘)
あぁ惜しい・・!
テレグノシスは終いよく伸びているが、やはり58kgの斤量が堪えたか。それと全体的に先行馬有利の流れだったことが悔やまれる。もうちょい頑張ってくれれば馬連的中だったのに・・・orz
とテレグノシスがあと一歩届かなかったように、関屋記念の特徴は「直線が長いからといって、追い込み馬がそうそう届くわけではない」ということだろう。予想の段階で「新潟は直線は長いが、それを後方から差しきるには相当な脚が必要。そんな力を持っている馬は限られてくるので、先行馬に注目する必要がある」と指摘したのは的を得ていたのだ(相当な脚を持っている馬としてはテレグノシスを想定していたわけです)。そしてカンファーベスト・ダイワバンディットの抜てき。なのに・・・あぁ惜しい!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 6日 (日)

夏は牝馬だ、勢いだ。イケイケゴーゴー!!~関屋記念(GⅢ)予想

どうも、平井理央アナ(りおりん)がなん股とか言われようとファンであり続けるくまちゃんです(笑)。
中日が負けてもあの笑顔でどうでもよくなっちゃうもん…ディレクター羨まし過ぎ…。

今日も朝からバイトなんで、早速予想へ。


8月6日(日)  新潟11R 第41回関屋記念(GⅢ) 芝1600  予想

◎ 2ワディラム
○ 17ヤマニンアラバスタ
▲ 3テレグノシス
△ 5オーゴンサンデー
△ 11ダイワバンディット
△ 14フジサイレンス
× 12アルビレオ

買い目

三連単  軸1頭流し相手3点
2→3、5、17      (各100円、計600円)

三連複  軸1頭流し相手5点
2→3、5、11、14、17      (各100円、計1000円)

複勝  12  400円                             計2000円

ポイント

暑い。

5日(土)はまさに「酷暑」。全く嬉しくないが、この日、愛知県は全国トップで「熱中症で病院に運ばれた人数」が多かったらしい。37度だし…。

もうこうなってくると、「えーい、ままよ!」の精神で競馬に参戦してしまう。

でもそれは、理に適っているかもしれない。あたかも競馬の神が「実はその志重要なんですよ」と助言されているかのように、「夏は牝馬、夏は勢い」という格言が成立している。

先の「アイビスSD」では、競馬界でエロかっこいい女の子な(?)サチノスイーティーとマリンフェスタが笑ったではないか。
そのときとは条件も異なるが、同じ新潟、さらには夏真っ盛りな今だからこそ、やはりその格言に乗っかって、「ど~んと、いってみよう!」

そこでどうだ、2ワディラムを本命にしてみるのは。

先ほどの格言に、最も適合する馬である。
データを調べてみた。「新潟芝1600」(3歳上オープン)は、なんと「先行」脚質の連対率が50%。んで、ほかに「先行脚質」の馬を調べてみると…うん、有力馬イナイネ。
確かに末脚勝負の可能性が高い。…が、逆にスムーズに展開できる強みはないか?
騎乗はイケイケ騎手でもある。
追い切りの内容をみても、1F12.0なら申し分ないし、カイ食いがいいらしく、好調のようだ。
ここは一気に3連勝だ。

対抗は17ヤマニンアラバスタ

枠順をみると、8枠に人気馬が集まっている。
んで、16ペールギュントはなんと1人気(投稿時点)。たしかにマイルに実績があり、追い切りも伸びて良かった。…が、前走は低レベル(のはず)だし、人気過剰感があり、ここは思い切って切る。
さらに、18ニューベリーも切る。ワディラムと同じ先行脚質だが、「フルゲートの大外枠」ってのは、個人的にばっさりいきたい。年齢的にもどうか。ポン使いは利きそうだが。
そして残ったこの馬。約3ヶ月前の「ヴィクトリアマイル」で、私は押さえにしたが12着と裏切られ、そこからの休養明け。
鉄砲成績も問題ないし、なんといっても新潟滞在による調整が有利だ。
1800くらいがベストかもしれないが、そこは最後の長~い直線での瞬発力でなんとか。デラノビアちゃんのように。
そして騎乗の柴田善騎手は、「新潟1600といえば」の人物筆頭である。騎手も馬も新潟大好きなのだ。

単穴には3テレグノシスを。

こちらもGⅠ馬。前走の安田記念は、騎手の人気も手伝って人気したが、力の差が感じられた。
…が、夏のGⅢなら力は上位じゃないか?7歳でもはや上積みは厳しいのだが、追い切りが絶好調で、横山典が、最後の瞬発力をいかんなく発揮してくれるものと信じて。

押さえと大穴に4頭。万馬券の立役者となってくれるか。

どの馬もそれぞれ長短あるためなんともいえないが、特に期待は5オーゴンサンデー。吹き出しちゃうくらい人気薄であるが、牝馬で吉田豊騎手(彼は新潟芝1600得意)はプラス。
ヴィクトリアマイル(13着)後のバーデンバーデンカップの内容は良かったと思う。
さらに、新潟芝1600で、枠別の連対率を調べてみると、3枠がなぜかトップ!同枠の6ロードフラッグは有り得ないからね…。

ところで、有力馬である7サイドワインダー(前年当レース勝ち)、9エムエスワールドは切る。
前者は年齢的に前走くらいが限度?で、後者はジョッキーが。
…ってのも、5日(土)、蛯名騎手は1日に6勝もした。ウインズ名古屋での「また蛯名」という声が鮮明に記憶に残っている。だが、さすがに2日連続で絶好調ってのはねぇ…。





「シャンプーハット」小出水さんのように、100万馬券をいつか手にしたいものですね。

そうそう、今日6日の夕方、もっくんとも友人である二人と飲みにいきます。
もっくん、暇だったらぜひ京都からいらっしゃい(笑)。

ではまた☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

JRA銀行に預ける金などねぇよ!【函館2歳S,関屋記念予想】

先週の反省を生かし、土曜日はパークウインズ京都競馬場に参戦してきたもっくんです。

しかし・・・3000円を投資するもかすりもせず

普通馬券外れたら悔しいもんですが、
あまりにも的外れのため悔しさすら沸き立たず。
末期症状やわぁ・・・

ということでまったく当たる気のしない重賞2鞍+小倉9Rの予想です。

小倉9R フィリピンT
◎⑫フラッグシップ
○⑦オリエントチャーム
▲⑬カネトシツヨシオー
△②アマノトレンディー
△⑧エキゾーストノート
土曜日の小倉を見ていると、直線で伸びるのは馬場の5~6分どころ。開催も進み徐々に外差しの傾向がでてきた。土曜日の9R(500万下芝1800m)も先行勢が沈み、差し馬が上位を独占した。よってここも差し馬を中心に狙う。本命は⑫フラッグシップ。前走は牝馬限定の500万下で下に見られるかもしれないが、2着のスマイルフォライフが先週勝ったように好メンバーが揃った1戦だった。それだけに前走の勝利は価値がある。さらに血統的にも晩成型。前走の勝利がきっかけとなり、いきなりでも通用するかもしれない。ハンデ52kgも恵まれた。⑦オリエントチャームは掴みどころの難しい馬だが、前走の新潟のような広いコースではなく、コーナーを4回回るような小回りコースのほうがあっている。脚の使いどころが難しいのが成績の安定しない要因だが、得意の小回りならうまく立ち回れるはずだ。一方、OPでも実績のある③シルクネクサスは不器用なタイプでコーナー2回のコースのほうがあっているので、ここは消したい。
(買い目)
馬連
⑦-⑫500
⑫-⑬300
②-⑫100
⑧-⑫100
合計1000

函館9R 函館2歳S
B②ガールズポップ
B④ゼットカーク
B⑤インパーフェクト
B⑥エーシンダームスン
B⑨シャルロットノアル
B⑬コンゴウダイオー
2歳戦とかよくわかんないで、適当にこの6頭のBOXで・・・
(買い目)
3連複BOX
②④⑤⑥⑨⑬各100×20=2000

新潟11R 関屋記念
◎③テレグノシス
○①ケイアイガード
▲⑦サイドワインダー
△⑪ダイワバンディット
△⑬カンファーベスト
△⑮ヤマタケゴールデン
△⑰ヤマニンアラバスタ
△⑱ニューベリー
フルゲートで難解な一戦。悩んでもわかんないので、ここは素直にG1馬③テレグノシスから入る。言わずと知れた東京巧者で、新潟は初参戦となるが特に問題はないだろう。ノリがわざわざ函館から来るというのも心強い。対抗の①ケイアイガードは去年のこのレースはいいとこなく敗れたが、今年は違うはず。鞍上に内田博を配し必勝態勢。鉄砲も利くので、去年の二の舞ということはないだろう。⑦サイドワインダーは今年2走がいずれも道悪。今回は良馬場が見込めるので巻き返せるはずだ。連下には先行馬をチョイス。新潟は直線は長いが、それを後方から差しきるには相当な脚が必要。そんな力を持っている馬は限られてくるので、先行馬に注目する必要がある。⑪ダイワバンディットは前走の敗戦は気にする必要はない。先行脚質で、新潟にも実績がある。⑬カンファーベストは距離が少し短いかもしれないが、ポン掛けする馬。こちらも新潟得意だ。⑮ヤマタケゴールデンは良績はダートに集中しているが、デビュー戦は新潟の芝1600で勝っている。その時は逃げ切りだった。前に行こうが後ろにいようが、人気がなければ激走する典型的な穴馬なので、ここも注意が必要。願望としては、前々に行って欲しい。⑰ヤマニンアラバスタは追い込み脚質だが、こちらも新潟得意。差し決着になった場合浮上してくる。⑱ニューベリーは昨年の3着馬。前々での粘りこみを期待。
(買い目)
馬連
①-③600
③-⑦400
③-⑪200
③-⑬200
③-⑮200
③-⑰200
③-⑱200
合計2000

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年8月 2日 (水)

2番手・3番手の出方がレースを変えた【小倉記念回顧】

YouTubeで拾ったキングジョージのレース映像です。

・・・といってもJRAのHPに行っても見れるみたいなんで、わざわざここに貼る必要はないんですけどねw

さて、小倉記念を含めた日曜日の回顧です。
小倉10R 小倉記念
1着○⑫スウィフトカレント(福永祐一/4人)
2着△③ヴィータローザ(上村洋行/7人)
3着  ⑤ニホンピロキース(赤木高太郎/9人)
4着△⑨サンレイジャスパー(佐藤哲三/3人)
5着◎④コンゴウリキシオー(岩田康誠/2人)
逃げたコンゴウリキシオーの前半1000mのペースは59,0秒。これは前走の七夕賞(2着)と全く同じラップだ。それではなぜ粘れなかったのか。それは道中2番手につけていたサイレントディールの出方にあった。サイレントディールの鞍上が川田(積極策をとる騎手)が終始コンゴウリキシオーをつっかける形となり、結果としてコンゴウは息が入らなかった。よってラップは同じでも、その中身は全く異なっているのである。あと先行勢が崩れたのはヴィータローザが早めにまくったこともあるだろう。力を蓄えたい3~4角でまくられたため、結果的に息が入らなかった。
それにしてもスウィフトカレントの差し脚はすごかった。。予想の段階でも指摘したように、この馬鉄砲は走るのだ。また福永の4角でのコース取りも見事。
まぁ見事と言えばヴィータローザの上村。絶妙のまくりで先行勢の息の根を絶やした。あそこでスウィフトカレントに差されたのは運がなかった。あとこの馬も鉄砲巧者で間隔をあけたのが良かった。薔薇一族(ローザネイの牝系)は総じて小倉が得意でもある。
ニホンピロキースに関してくまちゃんは「なぜ?」と述べていましたが、俺も「なぜ?」と言いたくなる好走wただ今年の冬までは堅実だった馬が、休養を挟みムラ馬に変わってきた印象がある。また前走から追い込みに脚質転換したこともあり、その傾向にますます拍車が掛かるだろう。今後は今回のように「追い込んで3着」が多くなりそう。また自己条件に戻って人気で飛ぶ、というのも十分ありうるので、馬券を買う際にはやっかいな存在になりそうだ。

函館9R UHB杯
1着  ⑭ツルガオカハヤテ(横山典弘/6人)
2着△⑫トールハンマー(安藤勝己/1人)
3着△②エアニックス(四位洋文/5人)
4着  ⑨ギャラントアロー(武幸四郎/8人)
5着◎④ダンスオブサロメ(秋山真一郎/2人)
1000万を勝ったばかりで、人気の馬を本命にするなよ。過剰人気だよ明らかに・・・

ちなみに土曜日はウインズ京都に参戦したんですけど、
2000円をJRA銀行に預けるハメにwww(←しかも返ってこない)
やっぱ100円単位で買えるのが単勝・複勝・三連単だけでは調子が狂います。
反省
電車賃払ってでも100円単位で買えるウインズに行くべし。

PSくまへ
今週の「涼風」読みました。
あの状況で何もしない大和はある意味神やと思いましたwww

先週の展開は神掛かりすぎwww

|

2006年8月 1日 (火)

こういう土曜日が大好きだ&小倉記念回顧

どうも、31日にテスト打ち上げで気分良かったのに、バイト先が八月末で潰れるかもという知らせがきて、正直へこんでいるくまちゃんです。

さらに、マガジン掲載漫画「涼風」で、僕が二番目に好きな人物「結衣」(一番はほのかちゃん)がトンデモナイことしていてショック…。明日の「涼風」、気になります。

まずは小倉記念の回顧からいきましょう。今日は時間もあるのでしっかりと…。

7月30日(日) 小倉10R  第42回小倉記念(GⅢ) 芝2000  結果

1着  △ 12スウィフトカレント  福永、4人気
2着     3ヴィータローザ    上村、7人気
3着     5ニホンピロキース   赤木、9人気
4着  ○ 9サンレイジャスパー  佐藤哲、3人気
5着  ◎ 4コンゴウリキシオー  岩田、2人気

http://www.jra.go.jp/vi/doc/mc_replay/index.html

馬単19990円、三連複205630円、三連単1014630円という払い戻しであった。

結局人気どころで予想して、博打の神が戒めとして僕に学ばせたレース…とでもしとこうか。

5着となった4コンゴウリキシオーは、枠順もいいし、岩田も期待できるし、「一人舞台」が頭に浮かんだ。
…が、淡々と逃げると思ったが、逃げ・先行馬を多数連れての展開。そう、ダッシュがあまりよくないのか、最初は12秒4であったのだ。
また、パドックでは「玉腫れ」が発見されたらしく、夏バテが起因してた?次走はもっと危ないかも、休まないと…。
その後、10秒9、11秒4とやはりテンを行く馬らしく飛ばす。…が、4Fの12秒4は痛かった。
…つまり、Hペースをつくったのに後ろに馬を連れたのだ。これではコンゴウ以下、逃げ馬は勝てそうにないか、と。事実、実力差はあれど、ダッシュ良かった7キーボランチは13着。

こんな展開になったとき、怖いのが後ろに控えて内ラチから突っ込む差し馬という点が、まずは勉強になったレースだ。勝ったのは12スウィフトカレント
福永はかっこいいだけではないのだ(笑)。最後方に控えて、隙間を狙ってきた。
そして最後に内ラチらしく凄い伸び。…外差しが予想される展開で、この馬はコーナーワークだけで相当詰めてないか?
きっとジョッキーは、私生活でもテクニシャンなんでしょう。
…でもね、この馬は6ヶ月半の休み明けでこの結果。前も鉄砲で勝って、二戦目は着外だったし、次は2走ボケ濃厚?

完全にこのレースを支配してたのが3ヴィータローザだ。マークされる馬が前掛りになったら、それが崩れてきたときの絶好の馬券対象(人気あんまないし)の、消耗戦タイプの追い込み馬。
っていうか、上村ジョッキーのマクり方、上手くない?

3着に入ってくるとは…の、5ニホンピロキース。…競馬まだまだ初心者の僕には、なぜ?としかいえないんですよ(苦笑)。
それよっか、4着になっちゃったけど
9サンレイジャスパーが入ってくるべきでしょう。
道中、前寄りを続けることができるし、軽量を生かしてか最後の上がりもきっちり差せる。
前走がフロックではないなと思えるし、今後も評価は高くしたい。

そして5着に4コンゴウリキシオー。さっきも述べたが、淡々と逃げれる展開にならないと勝ち負けはどうかな、と。5着に残ったのは立派だけど。また、疲れが心配かなぁ、次走。


って感じで、回顧終了。勉強になりますねぇ。_〆(。。)
もっくんが敬愛するシンガーの新曲の一部分
「勝ち負けだけじゃない何かを 教えてくれたレースがある」…うん、その通り。


さてさて、前の投稿でも述べたんですが、7月29日(土)、テストも終わり、久々にウインズに長時間滞在しました。

途中でわざわざ滋賀県から来てくれたK君を迎え、初競馬を堪能(?)してくれました。
今ごろは1ヶ月滞在のタイへの準備で忙しいかな?また機会があったら是非☆

んで、軍資金1万円でスタート。

…結果から言うと、プラス5740円でした♪そのプラス分はCD代と美容院代で消えましたけど。

僕の馬券スタイルは、「トータルでプラスを目指す」なんですよ。
…よって、こういった複数レース参加なら、ハズレることがほとんど。
また、ちまちま当ててもしかたないんで、穴狙いが基本です。

ってなわけで、戦績は以下の通り。

・函館5R  13単勝500円→結果…的中(3.2倍)
・小倉6R  10単勝500円→結果…ハズレ(2着)
・小倉7R  1単勝100円複勝600円→結果…ハズレ
・新潟8R  11単勝300円→結果…ハズレ(2着)
・函館7R  5単勝300円→結果…ハズレ
・小倉8R  9複勝500円→結果…ハズレ
・小倉9R  馬連ボックス2、3、6、13計600円 三連単2、13→2、13→3、6計400円
       結果…ハズレ
・新潟10R  三連単12→5、7、14計600円→結果…ハズレ
・函館9R  三連複ボックス8、11、4、14計400円→結果…ハズレ
・小倉10R  馬単6→2 200円→結果…ハズレ
・新潟11R  三連単11→14→9、6計200円→結果…ハズレ
・函館10R  三連複ボックス1、2、3、5計400円→結果…ハズレ
・小倉11R  三連複ボックス1、2、8、12計400円 三連単8→2、1、14計600円
        結果…三連複的中!!(114.4倍)
・新潟12R  三連複ボックス1、9、10、13計400円 三連単1→2→9、13、10計300円
        結果…ハズレ

的中馬券
Photo_3 Photo_4

的中は2レースだけだったけど、いやぁ、最後までよく我慢してますね(苦笑)。

こんなに馬券買ったのはおそらく初なんで、所々意味不明な買い方してます(苦笑)。

これだけレースに参加すると、絶対に多少は荒れるレースが出てくるんです。
この日はあまり荒れませんでしたが。
よってそれを狙って、今後も基本は「ある程度人気で強い馬を1頭入れた三連複ボックス」でいこうかな…と。
あと、もっと資金が潤ってきたら複勝やワイドでドッとつぎ込んだりしていこうと思います。

事実、前出の買い方で挑んだ小倉11Rは、本命の1ゴッドセンド(この馬と12ビッグホワイトの種牡馬はそれぞれ、ジェイドロバリーとフジキセキで、小倉ダ1700得意)を入れましたが、2着が8人気で2走前は1年以上の休養後距離不足?で4着、前走も同じ距離で4着だった2アラビアンナイト、3着が7人気だったため以外と高くついたわけで。


次の8月5日(土)は、前日にしっかり狙い馬をチェックして(買い方も)、当日体重チェックをして、今回以上はプラス収支を目指します!

ではまた☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »