« 無視できない6月4日~安田記念回顧 | トップページ | 知多特別だって! »

2006年6月 9日 (金)

日本馬が頼りなければ香港馬を買え!【安田記念回顧】

これまた金曜日に回顧しちゃっているもっくんです(笑)

気分はワールドカップ・モードなので、なんか真剣に回顧する気はないです。
まぁ教訓はタイトルどおりでしょう!

というか最近マシな予想ができていないなぁ・・・
やっぱG1は苦手です・・・
今週はG1の中休みなので、なんとか当てたいですねぇ・・・

さて、ここでくまちゃんも触れていた中京12Rについて。
僕もこのレースを見ていて
「川田うめぇぇ!」と感心していたんですが、まさかの降着。
後でJRAのHPでパトロールビデオを見たのですが、イマイチ納得できない。
確かにコーナーで外から内に切れ込もうという騎乗なので、内側にいる馬が不利を受けるのは当然ではあるが、何度見ても降着になるほどの不利とは思えない。
おそらく川田にとって不幸だったのが、川田のすぐ内にいた騎手が西原だったことではないだろうか。
ビデオを見ると、西原が騎乗しているカシノコールミーのほうがフラフラしているように見える。
恐らく、外から馬が来た(=川田 ゴッドセンド)ことによって、西原の馬(カシノコールミー)に気合が入ってしまったのだろう。それを西原が上手く制御できずに、1頭内にいた幸(フィルドルーキー)によれかかってしまい、そのあおりを受けた幸が一瞬内側にヨレタことによって、最内にいたタマモゴーアップの進路が狭くなったというところではないのだろうか。

この中京開催は川田を含め、延べ5人の騎手(藤岡・上村・芹沢・川島)が騎乗停止処分を受けている。KBS京都の解説者、藤井嘉夫氏が述べていたように今開催の取り締まり基準は厳しすぎる。通常の基準であれば、せいぜい過失金を払えば済む範囲だと思う。

以前から言われているが、基準が曖昧であるのはおかしい話で、とくに降着に関しては「なぜ降着にしたか?」または「なぜ降着にならなかったのか?」という見解をJRA側も発表するべきだと思う。パトロールビデオの公開も確かにいい手段ではあるが、今回の事例のようにビデオを見ただけでは納得できないケースも多々あるので。是非、JRAにはそのへんのことも発表し、より納得の出来る競馬の環境づくりをしてもらいたい。

|

« 無視できない6月4日~安田記念回顧 | トップページ | 知多特別だって! »

「レース回顧(もっくん)」カテゴリの記事

コメント

 安田はバイト先の連中5人と勝負したが全員負け。
カンパニーの複勝に二万つぎ込んだ勝負師Kさんの
落ち込みっぷりが切なかった。

 それにしても安田の前にゲートの係員が激減する
神宮球場の適当な空気が大好きです。

 今週の勝負レースは中京土曜10Rの「知多特別」で
いいんじゃないの?(笑)

投稿: スズキマンバケン | 2006年6月 9日 (金) 19時18分

知多特別~是非当てたいね!(笑)

投稿: もっくん | 2006年6月10日 (土) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/2141632

この記事へのトラックバック一覧です: 日本馬が頼りなければ香港馬を買え!【安田記念回顧】:

« 無視できない6月4日~安田記念回顧 | トップページ | 知多特別だって! »