« ファインでグーなレイン~NHKマイルカップ回顧 | トップページ | 宣伝デス »

2006年5月 8日 (月)

なんだかんだ武豊>福永の現実【NHKマイルC回顧】

1着△⑥ロジック(3番人気/武豊)
2着▲②ファイングレイン(9番人気/横山典弘)
3着  ⑮キンシャサノキセキ(6番人気/安藤勝己)
4着  ④アポロノサトリ(7番人気/蛯名正義)
5着  ⑰ドラゴンウェルズ(11番人気/藤田伸二)
-----------------------------------------------
6着◎⑱フサイチリシャール(1番人気/福永祐一)


金曜日。くまちゃんと中京スポーツ(東スポの名古屋版)を見ながらNHKマイルCの予想をしていたとき、「マイネル(スケルツィ)とフサイチ(リシャール)の枠が極端だねぇ」と感じ、「武豊はいい枠に入ったね」とお互い言っときながら、ロジックを本命にできなかった情けないもっくんです。今回の回顧は早めにやります。

このレースに関しては雨が降ったことでインコースが有利になったことがキーポイントではないだろうか。Brain Squallの「なぜ東京競馬場がつまらなくなったか」で指摘されているように、排水溝の設置によって降雨後は内有利の傾向が強くなった。今回の競馬は雨が降る中行われたため、厳密に言えば降雨「後」ではないのだが、上位2頭はインを突き、人気を集め失速したフサイチリシャールは外枠が仇となったと言えるのではないか。もちろんこちらサイドとしては外枠の不利を承知でフサイチを本命にしたので、思ったより強くないというのが正直な感想ではあるが。また福永の中途半端な騎乗も目に付いた。もっと強気な競馬をしてこそ、この馬本来の力が出せるのではないだろうか。
勝ったロジック・2着のファイングレインは共にコースロスなく乗った武豊・横山典弘の好騎乗。枠順の利を十分に生かした結果ともいえるだろう。これでアグネスタキオンはG1初制覇。当初は「第二のフジキセキか・・・?」との疑惑がでるくらい勝ち上がる馬は多くてもその後が続かない状況であったが、G1を制したことで今年のPOGでも大注目の種牡馬になりそうだ。ファイングレインもよく走っている。2着に終わったのはノリの2ゲッターたる所以か。結局先週に続いて武豊-横山典弘での決着だった。
また注目したいのが掲示板に入った5頭のうち、キンシャサノキセキを除く4頭がNZT組みであること。今年の皐月賞からの転戦組には皐月賞好走馬がフサイチリシャールくらいで、いくらマイルCがレベルの低いG1とは言えその程度の馬たちでは敷居が高く、NZTで好走していた勢いのある馬たちが台頭したということなのだろうか。
その中で10着惨敗のマイネルスケルツィは「さすが大先生(笑)」という結果。敗因は予想の段階で指摘していたようなことだろう。


ここで土曜日の回顧、というか馬券結果も。
土曜はこのブログにもよく来てくれるスズキマンバケン氏とともに中京競馬場へ。
早速京都8Rを購入。
そこまで荒れることはないだろうと思い、3連複の2頭軸にチャレンジ。展開が向きそうな⑩ニシノビギンと中村→岩田で鞍上強化してきた⑯シルクメガヒットを軸に、③⑤⑨⑬へ。しかし軸の2頭がさっぱりで、土曜日絶好調だった武豊⑤キョウワノスターが鮮やかな差し切り。2着⑨3着③とヒモに選んだ馬が上位を占め、早くも発狂
リベンジを誓い京都9R祇園特別
圧倒的人気だった⑦ロードアルティマは堅いと思い、配当狙いで馬単の2着付けにしてみる。相手はオッズと相談し⑪⑬の2点・・・にするつもりがマークミスで⑪⑫に。結局⑬も追加購入するが、⑦ロードアルティマが快勝も⑪⑫⑬は見せ場なしで2連敗
次は京都10R上賀茂Sか東京10R府中Sにするかで悩む。
上賀茂Sは⑩トラストジュゲムと⑬スカーレットベルの2頭は固いと思い、この2頭を軸に3連複で流そうかと画策。しかしここで着順固定の3連単という発想が浮かび、頭の中が大混乱し、結局、府中Sを購入することに。⑧ソーユアフロストは左回りでは安定しているので軸はスンナリ決定。更に詰めが甘いことと、馬連or馬単1着付けにすると配当が狙えないので2着付けの馬単に。とここまでの読みはバッチリであったが、肝心の相手が抜け。9頭立てで相手に5頭も買っていたのに外すとは相当なもんですよ(by長州小力)。しかも上賀茂Sは3連複の予想が的中。もういやだこんな人生(泣)。
いよいよ多重負債になってきたメインレース。新潟11R新潟大賞典は間違いなく荒れると思うも、点数が絞れないために却下。東京11RプリンシパルSはよくわからんのでこれも却下。ということで京都11R京都新聞杯へ。③マルカシェンク⑥アエローザの2強という感じだったが、③マルカシェンクは骨折のブランクが気になり消し。本命には①アペリティフを抜てき。今まで強い相手とやってきた中で確実に力をつけてきており、更に人気もなく絶好の狙い目だった。対抗には⑥アエローザ、以下⑩②⑤とし、困ったときは基本に忠実という言葉を思い出し、①から馬連勝負。結果①-⑤が見事的中!人気二頭がこけてくれたため思わぬ高配当になり、久しぶりに勝って帰ることが出来ました。

しかしG1勝負ではまたもや敗戦。うーん、G1は苦手だなぁ・・・
ま、今週もよりによってG1の馬券は買わずに正解ということだったんですけど(苦笑)。京都新聞杯の儲けは5000円くらいなんで、京都への帰りに1着服でも買っていこうと思います。それではー

|

« ファインでグーなレイン~NHKマイルカップ回顧 | トップページ | 宣伝デス »

「レース回顧(もっくん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/1708984

この記事へのトラックバック一覧です: なんだかんだ武豊>福永の現実【NHKマイルC回顧】:

» 中京スポーツ [新聞社を知るためのページ]
中京スポーツ中京スポーツ(ちゅうきょうスポーツ)は、東京スポーツ|東京スポーツ新聞社の中部支社(名古屋市北区 (名古屋市)|北区)から発行されている夕刊紙である。東京スポーツ(東スポ)の中部地方|中部版。1968年3月創刊。通称『中京スポ』。対象地域は愛知県、岐阜県、三重県、静岡県西部、長野県南西部...... [続きを読む]

受信: 2006年5月16日 (火) 22時45分

« ファインでグーなレイン~NHKマイルカップ回顧 | トップページ | 宣伝デス »