« 涙のキッスもう一度~オークス(優駿牝馬)予想 | トップページ | 競馬も野球もカワカミな時代~オークス(優駿牝馬)回顧 »

2006年5月22日 (月)

姫に脱帽【オークス回顧】

1着   ⑨カワカミプリンセス(本田優/3番人気)
2着B ②フサイチパンドラ(福永祐一/5番人気)
3着   ⑩アサヒライジング(柴田善臣/7番人気)
4着B ⑬アドマイヤキッス(武豊/1番人気)
5着   ⑤ニシノフジムスメ(藤田伸二/6番人気)
------------------------------------------
6着B ⑰キストゥヘヴン(安藤勝己/2番人気


49年ぶりに無敗でのオークス制覇を成し遂げたカワカミプリンセス。正直ここまで強いとは思わなかった(笑)。確かにスイートピーSの勝ち方はよかったが、予想で書いたようにダンシングブレーヴの呪縛のことを考えたり、過去スイートピーS組は全く来ていなかったことを考えたりすると、俺にはこの馬は買えません(笑)。結局、一部で指摘されていたように「桜花賞組は低レベル」で「別路線組が台頭」した、ということなのだろう。恐らく府中2400よりは京都2000のほうが競馬はしやすいだろうから、気は早いが秋華賞でも中心となるだろう。あと、今年の3歳クラシック戦線は生産牧場が全て非社台系であることも注目に値する。この流れは来週も続くのだろうか・・・!?

フサイチパンドラ予想で書いたことがズバリ。やっぱ福永は人気薄で来るんだな。2着に敗れたあたり、同じ配合(サンデー×ヌレイエフ)のトゥザヴィクトリーが99年のオークスで同じく2着に敗れたように、脚の使いどころが難しいことを示している。Hペースで折り合いがスムーズだったことが上位進出の要因だろう。

さて、アドマイヤキッスはこちらも予想で書いたように「G1で勝ちきる底力は欠けている印象」という指摘どおりでした。展開的にもこの馬のポジションは良かったと思うが、最後は血脈の差か。サンデー×ジェイドロバリー、いかにもTR向きだよな・・・

キストゥヘヴンは前走の勝ち方が鮮やかだっただけに、マイラーであることには違いないだろう。それでも対応できると思っていたが、予想以上にペースが早く(ヤマニンファビュルの大逃げに、京都競馬場も大歓声w)、上手く脚を溜めれなかった。スローペースだったならもう少し違う結果になったと思うが・・・。

さて、オークスも見事外し、今月も白旗をあげることになりました(笑)。ほんとくまごろう凄いよ。

そういえば昨日京都に参戦してきたわけですが、結果は散々・・・。中京1Rから買いたい馬がいて、それ目当てに早起きしようと思っていたんですが、二度寝でアウト。しかもその馬が勝ってしまい、思えばここが運命の分かれ目だったのだろう。そのあと、4Rの三連複が的中し、その資金を5Rに注入。そして連続的中!かと思いきや、マーク忘れでアウト・・・ここで完全に運が尽き、東京・中京8Rを立て続けに外し、資金が尽いてしまった。
今回の敗因としては、やはり買うレースを精選しなければならないということと、早起きは大切だということ(笑)。まぁしばらくはおとなしくすることにします。

今週はいよいよダービー!
そして!ダービーウィークの今週はなんと毎日更新!!
火曜~金曜までは出走予定馬を1頭ずつ分析し、土曜日に結論を出します。
果たしてサムソン2冠達成なるか、それとも・・・

|

« 涙のキッスもう一度~オークス(優駿牝馬)予想 | トップページ | 競馬も野球もカワカミな時代~オークス(優駿牝馬)回顧 »

「レース回顧(もっくん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/1891235

この記事へのトラックバック一覧です: 姫に脱帽【オークス回顧】:

« 涙のキッスもう一度~オークス(優駿牝馬)予想 | トップページ | 競馬も野球もカワカミな時代~オークス(優駿牝馬)回顧 »