« 日本人の財布を動かす一日~日本ダービー(東京優駿)予想(第1回・レース展開) | トップページ | 日本人の財布を動かす一日~日本ダービー(東京優駿)予想(第2回・マルカシェンクの是非) »

2006年5月27日 (土)

2006ダービー解析白書~決定版

すいません、忙しさに押し流され更新できませんでした。
しかももう枠順も決まっているじゃないですか!
ということで枠順通りに18頭の解析を行います!

1枠1番 スーパーホーネット【ロドリコデトリアーノ×ユウサンポリッシュ(エルセニョール)】
鞍上:川田将雅 前走:皐月賞G1 10着
ここまでの実績はマイルに集中しているが、血統から推測すれば2400は許容範囲のようにも思える。ただしレース振りを見るとマイルで鋭い脚を使って追い込むというのが特徴であり、やはり距離延長は不向きだろう。また前走では14kg馬体が減っていたように馬体重を回復させることが第一の要件になるだろう。なぜか鞍上が変わっていることも不安。

1枠2番 メイショウサムソン【オペラハウス×マイヴィヴィアン(ダンシングブレーヴ)】
鞍上:石橋守 前走:皐月賞G1 1着
欧州の重厚な血の集合体とも言えるオペラハウス×ダンシングブレーヴという配合。Northern Dancer3×4のクロスの持ち主で、これなら間違いなく時計のかかる馬場は歓迎だ。奇しくも日曜日の予報は雨(最近毎週日曜日は雨だなぁ)。この馬にとって好走材料が増えた。ただ、今回は人気になると思うことと、それによって前を行く有力馬(アドマイヤメイン・フサイチリシャール)と後ろを行く有力馬(アドマイヤムーン・ドリームパスポートなど)の両方とも気にしないといけないので、そのへんが懸念材料ではある。

2枠3番 ロジック【アグネスタキオン×エイプリルドラマ(サクラユタカオー)】
鞍上:幸英明 前走:NHKマイルCG1 1着
G1ホースとはいえ、前回は武豊が最高にうまく乗っての結果なわけで、ここでは苦しいかなと。2000m以上が未経験というのもマイナス。

2枠4番 マルカシェンク【サンデーサイレンス×シェンク(Zafonic)】
鞍上:福永祐一 前走:京都新聞杯G2 5着
前走の敗戦をどう見るか。スローペースにはまったことも確かで、現に上がり3Fはメンバー中最速の33,0でまとめていた。休養明けでもあり、無理をしなかったという面はあるだろう。しかし自分から動くことができないというレース振りは相変わらずで、進展がなかったことも事実。母はイタリア1000ギニー(日本で言うと桜花賞に該当)を制した名牝だが、その父Zafonicは成長力に欠けることでも知られており、その点でも不安だ。さらに言えば、2歳暮という成長期を骨折で棒に振ったというのもなんとも痛いわけで、この3点から今回は見送りが賢明だろう。

3枠5番 トーホウアラン【ダンスインザダーク×ヒドゥンダンス(Nureyev)】
鞍上:藤田伸二 前走:京都新聞杯G2 1着
POG本の王道『POGの達人2006~2007(通称:赤本)』を購入しました。その中でハーツクライを管理している橋口調教師(ロジックの調教師でもありますね)が、「ダンス(インザダーク)の子はペーパー向きではない」と発言。橋口センセイと言えばザッツザプレンティやツルマルボーイ、ダイタクバートラムなどDD産駒の一流馬を育て、またDDの管理調教師でもありました。DD産駒には思い入れの強い橋口センセイが「DD産駒はペーパー向きではない」とジャッジするならば、そのお言葉を信じましょう。トーホウアラン。陣営も言っているようにまだ馬が完成しておらず、ダービーは未完成の馬が勝てるほど甘いレースではない。菊花賞では注目したい1頭だが、今回は回避だ。

3枠6番 アドマイヤメイン【サンデーサイレンス×プロモーション(ヘクタープロテクター)】
鞍上:柴田善臣 前走:青葉賞G2 1着
前回、この馬に関して①TRホースではないか②自分の競馬ができないのではないか、という不安材料を提示しました。そしたらくまちゃんは僕に反抗するかのように(笑)この馬を本命にしていましたね。確かにこのブログで散々言っているように「東京は雨の影響が残っているうちはインコース&前有利」ですから、この馬は怖いです正直。血統的にも芝の高速決着よりは時計のかかる馬場のほうがいいですからね。一部では鞍上ヨシトミに不安説が出ていますが、どうせ逃げるんだから前が詰まったりするなんていう大先生の得意技は見られそうにないんで、買い目に入れようと思います。

4枠7番 フサイチリシャール【クロフネ×フサイチエアデール(サンデーサイレンス)】
鞍上:G.ボス 前走:NHKマイルCG1 6着
陣営は距離を考慮し控える競馬をするようなので、これではこの馬の持ち味が発揮されない。さらにデピュティミニスター系は堅実に走っているうちはいいが、いったん崩れると休養でリセットしなければならない。リシャールは今調子は下降線のようだからこれに当てはまる。また秋にフラムドパシオンの代わりにダートで頑張ってください(笑)。

4枠8番 パッシングマーク【エルコンドルパサー×サクラサクⅡ(デインヒル)】
鞍上:北村宏司 前走:ペンジャミンSOP 1着
芝では2戦2勝だが前走は6頭立てとメンバーに恵まれてのもの。しんどいっしょ。

5枠9番 サクラメガワンダー【グラスワンダー×サクラメガ(サンデーサイレンス)】
鞍上:内田博幸 前走:皐月賞G1 6着
弥生賞の敗戦を見て積極的な競馬をすると思われた皐月賞だが、乗り代わりだったこともありまたも後方からの競馬。しかし今回は内田博幸が2度目の騎乗。彼なら同じ過ちを二度とは繰り返さないだろう。絶好の叩き三戦目でもあり、あとは血統的にはグラスワンダーが東京でどうかという点のみが不安。

5枠10番 アドマイヤムーン【エンドスウィープ×マイケイティーズ(サンデーサイレンス)】
鞍上:武豊 前走:皐月賞G1 4着
枠順は後入れで真ん中の10番ということもあり、問題はない。今回は人気も落ち、気楽に臨めそうなだけに怖い。抑える必要はある。

6枠11番 ヴィクトリーラン【ヴィクトリースピーチ×ウイニングフェロー(タマモクロス)】
鞍上:安藤勝己 前走:プリンシパルSOP 1着
前回書いたように、さすがにG1では敷居が高いだろう。

6枠12番 アペリティフ【エルコンドルパサー×アイシーサイレンス(サンデーサイレンス)】
鞍上:和田竜二 前走:京都新聞杯G2 2着
ダービーより菊花賞が向いていそうなタイプ。また前走は岩田が上手く乗った&ペースが向いたという側面があるだけに、マルカシェンクに勝ったということはそれほど評価できない。ただし雨が降り時計がかかるならエルコンドルパサー産駒にとっては歓迎材料。

7枠13番 トップオブツヨシ【タヤスツヨシ×ラテルネ(トニービン)】
鞍上:池添謙一 前走:プリンシパルSOP 2着
ないっしょ(だんだん面倒くさくなってきているwww)

7枠14番 ジャリスコライト【Fantastic Light×Chancey Squaw(Chef's Crown)】
鞍上:横山典弘 前走:皐月賞G1  7着
前走は絶好の手ごたえで4角を回ったが伸びきれず7着。これを休み明けが原因と考えれば、叩かれての上積みが見込める今回は怖い存在に。それにメンバー関係もあるだろうが、中山でのパフォーマンスより東京でインパクトを残してきた馬だけに舞台替わりもいい。半兄のアグネスデジタルも雨の天皇賞を勝っているので時計のかかる馬場なら期待大。

7枠15番 ドリームパスポート【フジキセキ×グレースランド(トニービン)】
鞍上:四位洋文 前走:皐月賞G1 2着
母系を見れば距離は伸びて良さそうだが、正直2400は長いと思う。これが脚を上手く溜めれる内枠なら話は違っただろうが残念ながら外枠。買いづらいなぁ。

8枠16番 ナイアガラ【Fantastic Light×レーヴドスカー(Highest Honor)】
鞍上:小牧太 前走:端午SOP 3着
ジャリスコライト同様、雨が降るのはプラス。ただ皐月賞では11着と力負けしているようにここでは荷が重い。またダービーの出走権を確定させるために端午Sを使ったのはやはり余計であろう。

8枠17番 フサイチジャンク【サンデーサイレンス×セトフローリアンⅡ(Belloto)】
鞍上:岩田康誠 前走:皐月賞G1 3着
デビューした頃は「無駄に騒がれているなぁ」と思っていたのだが、1戦毎に成長を感じさせる走りを見せてきた。前走の皐月賞も若干のズブサは感じられたが、外を回った組では最先着の3着。条件を当てはめていけばこの馬が最有力候補だろう。

8枠18番 エイシンテンリュー【サンデーサイレンス×エイシンサンサン(キャロルハウス)】
鞍上:蛯名正義 前走:青葉賞G2 3着
前回書いたように晩成型。ここでは荷が重い。


最後のほうはだいぶ適当になりました(笑)
基本的には皐月賞組の上位7頭+アドマイヤメインの戦いだと思います。
この8頭の中でどう序列をつけるか。これから考えます。

|

« 日本人の財布を動かす一日~日本ダービー(東京優駿)予想(第1回・レース展開) | トップページ | 日本人の財布を動かす一日~日本ダービー(東京優駿)予想(第2回・マルカシェンクの是非) »

「レース予想(もっくん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/1943799

この記事へのトラックバック一覧です: 2006ダービー解析白書~決定版:

« 日本人の財布を動かす一日~日本ダービー(東京優駿)予想(第1回・レース展開) | トップページ | 日本人の財布を動かす一日~日本ダービー(東京優駿)予想(第2回・マルカシェンクの是非) »