« 怪物の死角を捜せ!~天皇賞(春)予想(第2回 血統面) | トップページ | 競馬に絶対なんてあるの?~天皇賞(春)予想 »

2006年4月29日 (土)

見るレースですよ【天皇賞・春予想】

この2年、変な馬が勝ち続けていた天皇賞・春。そもそもG1未勝利馬が一番人気に祭り上げられると荒れる傾向が強く、おととし・昨年もまさにそういうケースだった。そういう点では今年は大鉄板がいるので頭は固いだろう。有馬記念でいうハーツクライ的な存在も見当たらず、素直にディープインパクトを本命にしたい。

さて、焦点はやはり2着争いである。
過去、ディープインパクトが勝ったレースの2着馬は皐月賞を除いて4角でディープより前にいた馬である。唯一の敗戦を喫した有馬記念でも勝ったハーツクライはディープより前にいた。その意味では逃げ・先行馬に注目が集まるのは当然で、その流れからトウカイトリックがやたらと人気する理由もわかる。ただ妙な穴人気な気がしてならないのでココは消したいと思う。そもそも阪神大賞典の結果がそのまま天皇賞に繋がるとは思えない。

相手筆頭はマッキーマックス。前走は不適と思われた2000m&重馬場で2着に好走。充実振りを証明した。内枠を獲得し、距離ロスなく進めれるのもプラス。勿論3200mは歓迎であり、唯一の不安材料はダンスインザダーク産駒が春天で連対したことがないことと、ダイヤモンドS勝ち馬の天皇賞不振のデータくらいか。
3番手はアイポッパー。前走は遠征帰り初戦、太め残りと悪条件が揃っており、6着も致し方なかった。辿れば去年の3着馬。オーストラリアG1でも2着に入っており、実績は見劣りしない。先行できる馬でもあり、早めに仕掛ければ見せ場は作れるはずだ。
以下、ストラタジェム、アドマイヤモナーク。
ストラタジェムは格上挑戦の前走日経賞を2着と好走。この手の馬は下級条件の緩いペースだと力を発揮できず、逆に上級条件のほうが走りやすい。2年前、休み明け初戦で挑んだ菊花賞で5着に食い込んだように潜在能力は高く、人気薄の気楽な立場で一発を狙いたい。アドマイヤモナークは条件戦を勝ち上がったばかりだが、準OP時代はストラタジェムやマッキーマックスと好勝負していた馬。人気薄の今回は狙い目かもね。

【天皇賞・春】
◎⑦ディープインパクト
○②マッキーマックス
▲⑭アイポッパー
△①ストラタジェム
△⑩アドマイヤモナーク
【買い目】
馬単
⑦→②2000
⑦→⑭1000
⑦→①1000
⑦→⑩1000

まぁでもこのレースは馬券を買うレースじゃないですね。

|

« 怪物の死角を捜せ!~天皇賞(春)予想(第2回 血統面) | トップページ | 競馬に絶対なんてあるの?~天皇賞(春)予想 »

「レース予想(もっくん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/1617513

この記事へのトラックバック一覧です: 見るレースですよ【天皇賞・春予想】:

« 怪物の死角を捜せ!~天皇賞(春)予想(第2回 血統面) | トップページ | 競馬に絶対なんてあるの?~天皇賞(春)予想 »