« サクラサク。黄砂の舞う阪神に~桜花賞(GⅠ) | トップページ | 【桜花賞回顧】花花路線が新たな王道ローテに »

2006年4月 9日 (日)

思い入れ100%・・・【桜花賞予想】

大混戦の桜戦線。
個人的にはそんなにレベルの高い戦いではないと思っているが
それだけに確固たる馬が見当たらず難解の度を高めている。


ここで参考レースを振り返ってみたいと思う。

阪神JF
ビックリテイエムプリキュア勝利。時計のかかる馬場が向いたし、穴の熊ちゃん&パラダイスクリークの本領発揮といったところ。中団からしぶく伸びたレースには勝負根性を感じさせた。
チューリップ賞
休み明けアドマイヤキッスが大外一気を決める。元々2歳の段階から評判になっていた馬だが、それでも休み明け&格上挑戦の不利を跳ね除けての勝利はなかなかできるものではない。注目は2着のシェルズレイ。道中は岩田Jとの折り合いがつかない状況で僅差の競馬だった。
アネモネS
TRの中では一番の低レベル戦。それを象徴しているのが2着につっこんだグレイスティアラだろう。G1を含む交流重賞2勝馬でダート向きの同馬が2着に食い込むこと自体がレベルの低さを物語っている。アサヒライジングは絶妙のペース配分で逃げ切り。
フィリーズレビュー
このレースも雨で時計のかかる一戦となった。そういう意味ではミスプロ系のダイワパッション・ユメノオーラの1・2着は納得のいくところで、切れ味勝負のSS産駒サンヴィクトワールや、前走で雨がだめだったアルーリングボイスの凡走も理解できる。
フラワーC
フサイチパンドラの力が抜けている組み合わせだったが2着まで。折り合いに難しさがありそうだ。勝ったキストゥヘヴンはフサイチが作り出した過酷な流れに乗じた感じ。

ということでどの馬も一長一短あり・・・うーん、という感じ。



一応の本命は⑯シェルズレイ
レビューで書いたようにチューリップ賞は折り合いに苦労しながらの2着。
岩田も2度目の騎乗で上手くコミュニケーションがとれれば・・・という感じ。
ダート戦の出走はないが、クロフネ×ウイニングチケットなら時計のかかる馬場は歓迎のクチだ。
対抗は⑰フサイチパンドラ
こちらも前走は折り合いの難しさを露呈したが、それだけに1Fの短縮はプラスに働くはず。
サンデー×Nureyevはゴールドアリュールに代表されるように芝ダート兼用の配合。
そしてエンジンがうまくかかれば圧勝できるけど、そうでなければ凡走もあるという難しさを抱えるが、大一番向きの配合であることに違いはない。
阪神JFでも雑な競馬で3着に突っ込んできたように潜在能力は高い。
単穴は③ラッシュライフ
確かに1F長い感じだが、人気薄の気楽さでシーイズトウショウのような競馬はできないかなと。
以下連下は
①ユメノオーラ(密かに阪神は超得意)
⑤テイエムプリキュア(叩き2戦目で上昇確実。ただ予想以上に人気にしているのがどうか。この手の馬は人気ではこない気がするが・・・)
⑧アドマイヤキッス(サンデー×ジェイドロバリーがG1で・・・と思うけど
⑭キストゥヘヴン(例えは古いけど、エアデジャヴーの桜花賞のように、レースが終わりかけた頃突っ込んできて3着みたいな感じで)

ちなみにシェルズレイはPOGでの指名馬なので期待料コミコミでの本命ですwww

【桜花賞】
◎⑯シェルズレイ
○⑰フサイチパンドラ
▲③ラッシュライフ
△①ユメノオーラ
△⑤テイエムプリキュア
△⑧アドマイヤキッス
△⑭キストゥヘヴン

【買い目】
馬連
⑯-⑰2000
   -③1000
   -①500
   -⑤500
   -⑧500
   -⑭500

|

« サクラサク。黄砂の舞う阪神に~桜花賞(GⅠ) | トップページ | 【桜花賞回顧】花花路線が新たな王道ローテに »

「レース予想(もっくん)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。もっくんの友人の常に穴狙いのスズキです。
上位人気を外した三連複で万券狙います。

まず、フサイチパンドラを消去。何か来ない気がする。
最近グレイトジャーニー、オレハマッテルゼと勘で当ててるので、自分の勘を信じる。
続いてキッス消去。これは友人Mのせい。実は彼、一番人気の単複に大金をぶちこんで勝負するタイプなんだけど、ここんとこ彼が目をつけた馬は、みなとんでいる。シンボリグラン、サクラメガワンダーと、彼が一万円近くぶち込んだ馬は、一着どころか馬券にもならない順位に落ちているのだ。だから今回キッスもとぶ。仮にキッスが勝っても、僕はこないだ万券とったときにMにおごってるので、今度は逆にビールおごってもらえるから自分では買わなくても全く問題なし。
というわけで、僕の本命はダイワパッション。これは一着はなくても、三着以内には来てくれそうな安定性による。
対抗はコイウタ。前川清の名曲に期待。関東から見守ります。
単穴はプリキュア。こいつも信用してないんだけど、まあ、上位三頭全部外すのもあれだからこいつは残す。

というわけで、
三連複フォーメーション
(4・5・12)-(4・5・12)-(2・3・6・10・14・15・16)の21点で~。

最後の七頭から二頭来たら、はずれだけど、それはそれであきらめもつくからいいや。

投稿: スズキマンバケン | 2006年4月 9日 (日) 12時28分

今回の桜花賞は難しかったねぇ。
パンドラ嬢の大凡走は理解不能だったよ。

投稿: もっくん | 2006年4月11日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78755/1340243

この記事へのトラックバック一覧です: 思い入れ100%・・・【桜花賞予想】:

« サクラサク。黄砂の舞う阪神に~桜花賞(GⅠ) | トップページ | 【桜花賞回顧】花花路線が新たな王道ローテに »